相撲の宇良が優勝決定戦を制して優勝!怪我の状況がどんな状態なの?

大相撲の宇良関は小兵ねがら技師として人気が沸騰しています。しかしながら、怪我の影響で9場所も休場していましたが、復帰して改めて活躍のキザシが見えてきましたので今回は宇良関の最近の活躍状況や怪我の状況について調べてみました。

広告

宇良関のプロフィール

四股名  宇良
本名 宇良 和輝
生年月日 1992年6月22日(27歳)
出身 大阪府寝屋川市
身長 172cm
体重 135kg
BMI 45.63
所属部屋 木瀬部屋
得意技 突き押し・足取り
成績
現在の番付 西三段目30枚目
最高位 東前頭4枚目
生涯戦歴 146勝59敗93休(31場所)
幕内戦歴 27勝21敗27休(5場所)
優勝 三段目優勝2回
序二段優勝1回
序ノ口優勝1回

相撲の宇良関が大相撲春場所の三段目で優勝

宇良関は5場所連続休場から復帰しました。この優勝戦は多彩な技で全勝同士の優勝決定戦を制して三段目の地位で優勝しましたがこの優勝決戦の相手力士はなんと木瀬部屋の宇良と同部屋の南海力関と優勝決対戦を叩き込みで制して優勝しました。

三段目の優勝は一昨年の九州場所以来2回目になります。この取組は同じ部屋の全勝同士の優勝決定戦なので両力士は、さぞかし力相撲になったのですが結局叩き込みで勝利をしたのです。本当に素晴らし優勝でした。

宇良VS南海力 三段目優勝決定戦 2020年大相撲春場所千秋楽の動画

広告

宇良関の近況について

2月20日に大阪市内の病院で右膝の再手術を行い、平成29年11月場所で負傷した際と同様に腱の再手術を行いその結果3月13日に退院、その後は東京に戻り治療とリハビリをしました。

その結果、病院の先生は「手術はバッチリ」と言っていたそうですが宇良関は前向きの姿勢で出場するつもりでしたが、師匠は一度幕内に戻るために休ませる決心をしました。

宇良関のファンとしては少しでも早く帰ってきてくれることを期待したいと思います。

広告

まとめ

大相撲春場所の三段目で優勝しました。最近の近況は大阪の市内の病院で二度の手術に成功して、5場所連続休場から復帰しました。

宇良は、平成30年9月場所を6勝1敗の成績で終えました!

全勝優勝の期待もあったのですが、1年ぶりの本場所の土俵で試運転のスタートといった感じでしたから、まだまだ膝の不安を抱えながらも、宇良らしいいい技の切れる素晴らしい相撲に期待したいと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。