行司の報酬

大相撲の行司の給料がすごい!落下したらペナルティーがあるの?

相変わらず大相撲の熱戦が繰り広げられている昨今、力士の皆さんは、勝負の勝敗が重要です。そんな勝負を判断しているのは行司さんの裁定が重要になってきます。

それだけ大相撲の行司さんの責任が、力士の成績が左右されますので、行司さんの責任が重いのですが気になるのは、行司さんの給料は果たしてどのの位の?
給料をもらっているのか気になりますので解説したいと思い調べてみました。次に落下した場合のペナルティや行司さんが今日までどにょうにして、今日まで成長してきたのも気になりましたので、プロフィールを含めて解説しようと思います。これらの事を把握して大相撲を観戦すると大いに楽しめるのではないでしょうか?

続きを読む


行司のなり方や階級、ランクとは?給料や年収は、いくら位貰えるの?

大相撲の行司さんは、土俵上において

単に、取組の進行役であり

勝敗の行方を見届けて

取組の勝者を判定する役目を担っているのですが

取組の勝者を決定する権限はありません。

そこで、取組の勝者を決定する権限は

日本相撲協会の審査役が決定するのです。

行司さんは一見派手な様に見受けられがちですが

実際には、その他に熟さなければならない作業が

沢山あるのです。

スポンサードリンク




そこで、今回は、相撲と言えば、序の口から横綱までの番付を

イメージされる方も多いと思います。

こうした階級を1つずつ上がっていき、

自身のランクを上げる事が重要です。

では、行司には力士と同様に

こうした階級、ランク付けをされるのでしょうか。

実は、行司にも力士と同様に

階級、ランク付けというものがあります。

下から、

・序ノ口格
・序二段格
・三段目格
・幕下格
・十枚目格
・幕内格
・三役格
・立行司格式守伊之助
・立行司格木村庄之助

このような階級制度があります。

こうしたランクの定員ですが、

下2つである立行司格は2名と決まっていますが、

各々の格の行司数には特に規定はありません。

(ただし、立行司格が空席の場合もあります)

しかし、行司は65歳定年制で定員が45名以内、

かつ、十両格以上の定員が22名以内と決まっていますので、

いつでも誰でもなれるという訳にはいかないようです。

・行司のなり方について
・行司の階級、ランクについて
・行司の給料について

スポンサードリンク




これらの3つについて解説していきます。

行司になるには?

相撲の番付と言えば、序の口から横綱までの番付を

イメージされる方も多いと思います。

こうした階級を1つずつ上がっていき、
自身のランクを上げる事が重要なのです。

では、行司には力士と同様に

こうした階級、ランク付けをされるのでしょうか。

実は、行司にも力士と同様に
階級、ランク付けというものがあります。

下から、

・序ノ口格
・序二段格
・三段目格
・幕下格
・十枚目格
・幕内格
・三役格
・立行司格式守伊之助
・立行司格木村庄之助

このような階級制度があります。

こうしたランクの定員ですが、

下2つである立行司格は2名と決まっていますが、

各々の格の行司数には特に規定はありません。

(ただし、立行司格が空席の場合もあります)

しかし、行司は65歳定年制で定員が45名以内、

かつ、十両格以上の定員が22名以内と決まっていますので、

いつでも誰でもなれるという訳にはいかないようです。

行司へなるには、

健康面でのチェックなどで適格者と認められて、

そして、中卒以上の満19歳未満の男性という

年齢制限が設けられています。

若し、20歳以上の方々は、いくら行司になりたい

熱意があっても、成れない規則になっているのです。

厳しい・・・・・

 

行司に志願する手順を紹介します。

志願手順としては、まず、相撲部屋に所属して、

部屋から行司会と相撲協会に

推薦してもらうという形になります。

定員に空きがあり、審査を通過出来れば、

晴れて行司となれるのですが、

仮に相撲協会から行司として認められても、

初めの3年間の養成期間を経過する必要があるのです。

この間に、相撲部屋での雑用をこなしながら、

相撲の歴史や勝敗の見極め方を学び、

行司独特の発声や相撲文字などの修行を

学ばなければならないのです。

 

行司にも階級やランク付けについて

相撲と言えば、序の口から横綱までの番付について

解説いたします。

こうした階級を1つずつ上がっていき、
自身のランクを上げる事が重要ですからね。

では、行司には力士と同様に

こうした階級、ランク付けをされるのでしょうか。

実は、行司にも力士と同様に

階級、ランク付けというものがあります。

下から、

・序ノ口格
・序二段格
・三段目格
・幕下格
・十枚目格
・幕内格
・三役格
・立行司格式守伊之助
・立行司格木村庄之助

このような階級制度があります。

こうしたランクの定員ですが、

下2つである立行司格は2名と決まっていますが、

各々の格の行司数には特に規定はありません。

(ただし、立行司格が空席の場合もあります)

しかし、行司は65歳定年制で定員が45名以内、

かつ、十両格以上の定員が22名以内と決まっていますので、

いつでも誰でもなれるという訳にはいかないのです。

 

行司は、どの位の給料なのか?

行司の給料は、月給制で
「本俸」と

「衣装代」

「手当」の3つが
支給されるシステムになっています。

まず、本俸の基準額は以下の通りで、

詳細は、各人の能力・成績・勤務状況に応じて、

日本相撲協会の理事長が決定するのだそうです。

それぞれの行司格の基準額は以下のようになっています。

・序ノ口格行司(14,000~20,000円未満)
・序二段格行司(20,000~29,000円未満)
・三段目格行司(29,000~42,000円未満)
・幕下格行司 (42,000~100,000円未満)
・十枚目格行司(100,000~200,000円未満)
・幕内格行司 (200,000~360,000円未満)
・三役格行司 (360,000~400,000円未満)
・立行司   (400,000~500,000円未満)

 

序の口格行司の1万4千円というのが、
かなり厳しい世界だなと思われるかもしれませんが

もっとも、行司は相撲部屋に所属しているので、

衣食住に関して困ることはないのですが、

プライベートで使える給料はほぼ無いと言っても

過言ではない気がします。

 

また、行司格に応じて衣装代も支給されます。

・幕下以下行司(20,000)
・十枚目格行司(25,000)
・幕内格行司(30,000)
・三役格行司(40,000)
・立行司(50,000)

具体的にはこのような給料システムになっています。

 

行司が着ている艶やかな衣装の裏には
このような階級の違いによる
衣装代の上下が存在している訳です。

なお、行司各によって着用できるものに差があるそうです。

この他に手当が支給されるそうですが、
こちらも相撲協会の理事長の判断によるので、
金額ははっきりしていません。

 

まとめ:大相撲の行司について

行司のなり方ですが、中学を卒業した
19歳未満の健康に問題がない男性が、
相撲部屋へ入門し、雑用などの下積みを経て
行司会や相撲協会へ部屋から推薦してもらう形で
なる事が可能です。

また、行司にも階級やランク付けというものがあり、

・序ノ口格
・序二段格
・三段目格
・幕下格
・十枚目格
・幕内格
・三役格
・立行司格式守伊之助
・立行司格木村庄之助

この9つの階級に分かれています。

給料の面でも、衣装代や手当を除くと
十枚目格になって始めて
月収10万円というまとまった額が
得られるという仕組みになっています。

やはり相撲界の一員ですので、
階級に基づく上下関係も厳しいのです。

今後は、相撲の取組だけでなく、
行司さんの仕事や身なりなどにも、
注目してきたいものです。

これらの行司さんを理解して
大相撲観戦を楽しみましょう!


大相撲の行司はどんな仕事をするの?階級や資格等のついて解説

大相撲の行司さんは、一見派手な様に見えますが、
実際には大変な仕事をこなさなければ成らないのです。
では、どんな仕事をしているのかやその他に行っている仕事等を
詳しく紹介します。

「行司」とは

日本の国技である大相撲の世界で、大相撲の取組を
スムーズに進行させることは一番大切な仕事ですが
実際には単に大相撲の取組の勝敗を決めるだけではなく
その他に多岐に亘った仕事も消化しなくてはならないのです。

行司の仕事内容

土俵上で、仕切りが制限時間いっぱいになれば「時間です」!と声をかけ
(制限時間とは両力士が土俵に上がった時に一定の時間が定められています)

土俵上で力士が組み合った両力士の動きが止まった時には「発気よい」
声で両力士の戦意を盛り立て

力士が技をかけても勝負がついていない時には
未だ勝負が進行中の場合には、「残った」などの声をかけ、
両力士の勝敗の進行役としての役目を果たすのです。

勝負が決まった時には、勝った力士に軍配を挙げるのですが、

行司はあくまでも、進行役なので勝敗を決める
最終権限はありません。

しかしながら、完璧に勝負が決まった際には、
勝敗を決定できるのですが

勝負の行方が微妙な時等は、「物言い」と言って
土俵の脇にいる審判員から勝敗についての
意見が出されるのです。

その場合には審判員が土俵上で協議し、
判定が下される場合があります。

その場合には勝負の結果が行司の判断した
勝敗が覆る場合が有るのです。

もし、行司の勝敗の結果が覆った場合には、
行司の汚点として記録されるのです。

行司になるには

行司になる条件について説明します。

行司になるには、一口で言うと大変なハードルを
超えなくては成りません。

大相撲とは、日本の伝統を維持しなければ成らないので
厳しいハードルを越えなくてはならないのが現状です。

行司になる資格としては、

義務教育修了した19歳までの男に限られています。

残念ながら伝統的に行司は、女性はなれないのです。

行司になるには、特別な入門試験や資格試験はありませんが、
まず、大相撲の内容を理解するために、
どこかの相撲部屋から推薦していもらって、
日本相撲協会の審査を経る必要があるのです。

そのため、行司になりたい人が最初にすることは、
どこかの相撲部屋に入ることが必要になってきます。

実際どこかの部屋に入門するには、部屋のお知り合いの方に
相談する事から始めなければなりません。

どうしても部屋に紹介貰えなければならないのですが
直接部屋に相談しても、簡単には受け入れられないのが現状の様です。

しかしながら、ファンの方々などに相談するのも一つの方法です。

なぜ、このような方法をとっているかについてお話します。

その理由は
相撲部屋に入ると3年間は養成期間になります。
相撲部屋の若い力士たちと雑用をこなしながら、
相撲の歴史や勝敗の見極め方、発声の仕方、相撲字の筆遣いなどを
勉強しなければなりません。

その他にも、相撲の伝統を守るための基礎知識も学ばなければ
成りません。
この様な難関を超える生き甲斐がなければならないのです。

この様なき厳しい難関を突破しなければなりません。

行司に向いている人・適性について

行司に向いているのは、大相撲が大好きであり、
相撲の伝統を理解して、受け継ぎたいという気持ちの強い人でなければなりません

相撲部屋とは大家族のような雰囲気の中で、
行司も幕下格になるまでは若い力士たちとも大部屋で
一緒に生活しますので、その中に順応できなければなりません。

部屋の雑用をこなしながら相撲の基礎から歴史などの勉強を
しなければ成らないのです。

その様な訳で、自由な時間がほとんど確保できません。
本当に厳しいのですが、これから一生行司の仕事を続けるには
我慢しなければならないのです。

その他にも、階級差が厳しくて、階級の差に厳しく、自分より年齢が
低くても階級が上の行司や力士には従うことが求められます。

こうした大相撲の伝統を担っていくには、
大相撲の世界そのものが好きでなければ長続きしません。

この様な苦労をしても、熱心な相撲ファンから所作や態度に
厳しい批判が求められます。

行司は、あくまでも裏方としての仕事を熟さなくてはいけないので

行司の仕事を続けるには、本当に相撲を愛して、仕事の在り方を

研究していける人が向いているのです。

行司の給料・年収について

行司の給料は、月給制になっていますが、
この月給は日本相撲協会より支給されるのです。

給料は「本俸」と「衣装代」及び「手当」が合算して支給されます。

まず、本俸の基準額は以下の通りで、
詳細は、各人の能力・成績・勤務状況に応じて、
日本相撲協会の理事長が決定するのだそうです。

それぞれの行司格の基準額は以下のようになっています。

★序ノ口格行司(14,000~20,000円未満)
★序二段格行司(20,000~29,000円未満)
★三段目格行司(29,000~42,000円未満)
★幕下格行司 (42,000~100,000円未満)
★十枚目格行司(100,000~200,000円未満)
★幕内格行司 (200,000~360,000円未満)
★三役格行司 (360,000~400,000円未満)
★立行司   (400,000~500,000円未満)

※序ノ口格行司の本俸の金額は(14,000~20,000円未満)となっていますが
序ノ口格行司は相撲部屋に所属しているので、
衣食住に関しては皆と一緒に食べたりするので必要が有りませんが
プライベートで使える金額はほぼ必要ないのです。

衣装代
行司格に応じて衣装代も支給されます。

★幕下以下行司(20,000)
★十枚目格行司(25,000)
★幕内格行司(30,000)
★三役格行司(40,000)
・★立行司(50,000)

この他に手当が支給されるのですが、
こちらは「相撲協会の理事長」の判断によるので、
金額ははっきり決まっていないようです。

行司の装備品


★軍配は大相撲の行司が必ず手にもっています。

では、軍配はどんな役目を持っているのかを説明します。

力士の取り組みの勝敗を軍配で判断します。

行司はしっかりと取り組みを見定めて、
勝った力士を軍配にて示します。

時折、行司が勝利力士を軍配で示した後に、
土俵際のきわどい勝負の時には、土俵際で間近で取り組みを
審判していた勝負審判が、「行司軍配が違うのではないか」と
確認や決定をするために、確認や決定をするために審判4人が
集まり話し合うのです。
この様な行為を「物言い」とよんでいます。

勝負審判が話し合いが終わるとそれぞれ審判の席にもどり、
審判長がマイクを持ち「ただいまの取り組みについて説明をします。
行司軍配は○○にあがりましたが、・・・」と話し合った内容を伝え、
勝負結果をあらためて報告して勝負が確定します。

行司が示した軍配と審判が下した結果が違った場合を
「軍配差し違え」と言います。

ここで分かる事は、最終的な勝敗の結果の決定権は
行司ではなく審判にあるという事です。

その他に、軍配には取り組み前に力士が行う
「しきり」といわれる所作を行っている際に
「制限時間がいっぱいになった」ことを知らせる役目があります。

行司は相撲時間を正しく守るための進行を助ける仕事を行うのです。

軍配はこの様な仕事を進行させるのに必要な道具なのです。

脇差

脇差は行事が勝敗の判断を誤った場合には、
切腹して責任をとりますという覚悟を意味しているのです。

立行司は行司の最高位である以上、
ほとんどが横綱や大関の勝負を判断することになるので、
その勝敗の判断は命がけで判断しなければいけないのです。

それほど重要な役目をもっていますので責任は非常に重大です。
その時には、切腹して責任を取る覚悟で土俵に上がっています。

あきらかな差し違えをした場合には
「進退」つまり退職届を相撲協会の理事長に提出するのが
暗黙の了解になっています。

行司がかぶっているいる帽子について。

行司がかぶっている帽子について解説します。

行司がかぶっている黒い帽子は「鳥帽子(えぼし)」と言います。

大相撲での行司が身に付ける烏帽子は、
階級に関係なく全ての行司が身に付けると決められているのですが、
実はあご紐の色は階級によって違うのです。

階級の高い順で紹介しますと、
立行司は紫色、
三役行司は朱色、
幕内行司は赤色、
十両格行司は青色、
幕下格以下はすべて黒もしくは青色と定められています。

そして、かぶる事になる烏帽子のあご紐と、
以下で解説する軍配にぶら下げる房の紐の色

同じである決まりがあります。

行司の服装について

行司装束の画像

行司の服装は「行司装束」です。
白足袋がはけるの行司は「十両格行司」という階級からつけられます。

この次の幕内格行司というランクでも、
途中までの行司は白足袋だけです。
草履を履いても良いのは「横綱土俵入り」を
務める立行司と三役格行司という上位のランクの行司だけです。

また、この行司衣装の階級には、
「生地」まで異なります。

十両格以上の行司は、夏は涼しい「麻」の生地、
冬は厚地の「絹」なのですが、

幕下格以下の行司は年中「木綿」です。

この様に大相撲の世界では、あくまでも階級制を
重んじて、各種の装束が決められたいます。

大相撲の行司はどんな仕事をするの?階級や資格等のついて解説のまとめ

今回は、大相撲の行司はどんな仕事をするのか
行司の仕事の重要性について解説しました。
行司は勝敗を決めるのに、大変な責任があることを
解説しました。
また、行司の階級や資格及び報酬についても解説致しました。
その他、行司の装束などについても解説致しました。
如何でしたでしょうか
これからも大相撲に興味をもって頂き大いに大相撲を
楽しんで頂ければ幸甚です。