スポンサーリンク

正代 の力士情報 祖母はどんな人?出身校と石川さゆりとの関係?

正代は令和1年の一月場所での成績は多くのファンを感動させた戦いぶりで
あと一歩で幕内最高優勝の可能性を残し、残念ながら徳勝龍に敗退して
幕内優勝を逃してしまい正代の地元のファンの皆さんや応援してくれていた
ファンの皆さんの期待に添えず残念な場所に終わってしまいました。
今回は、正代の力士としての情報や性格や祖母の情報や出身校等について
調べてみました。

アドセンス広告





正代 の力士情報

四股名 正代 直也
本名  正代 直也
愛称 ショーダイ[1]、ナオヤ マサヨ
生年月日  1991年11月5日(28歳)
出身  熊本県宇土市
身長 184cm
体重  165kg
BMI 48.74
所属部屋  時津風部屋
得意技 右四つ、もろ差し、寄り、掬い投げ

正代の来歴

宇土小学校1年生の頃に公園で相撲を取って遊んでいたところに偶然に
宇土少年相撲クラブの監督の出会いから、その才能を見出されて道場に通うようになった。

熊本農業高校3年生では国体相撲少年の部で優勝
東京農業大学国際食料情報学部国際農業開発学科に進学

2年生で学生横綱となり、大相撲の幕下15枚目格付出の資格を取得。

大学卒業後は東京農業大学相撲部と繋がりの深い時津風部屋に入門

2014年3月場所で初土俵。

翌5月場所は初めて番付に名前が載り、7戦全勝として序ノ口優勝

序二段昇格の7月場所では11日目(6番相撲)では、
2015年1月場所では蜂窩織炎や下痢など体調不良に悩まされながらも、
十両昇進が決まった。

翌3月場所からは関取を伺う幕下上位の地位で3場所連続で勝ち越し、
負け越し知らずのまま、同年7月場所後の番付編成会議で、9月場所での
新十両昇進が決定した。
2場所目の11月場所では13勝2敗まで星を伸ばし、この場所の十両優勝
初土俵から11場所所要の新入幕は、1958年以降初土俵(幕下付出は除く)では
スピード3位タイ。10勝を挙げ、敢闘賞を受賞。
初土俵から9場所の最短三賞受賞(11勝4敗で敢闘賞)記録に次ぐ史上2位の記録
11月場所は西前頭3枚目の地位で11勝を挙げ2度目の敢闘賞を受賞。
11月場所は西前頭3枚目の地位で11勝を挙げ2度目の敢闘賞を受賞。
2017年1月場所は初めての三役を新関脇で迎えた。
この昇進は初土俵から所要17場所史上2位タイのスピード出世である。

東京農業大学からの新関脇は豊山勝男以来2人目となる。
16代時津風が育てた初の子飼い三役である。

2017年3月場所は4勝11敗と大敗に終わり7月場所は東前頭筆頭まで地位を伸ばした。場所では2日目の日馬富士戦で自身初の金星2018年1月場所は初日から3連敗と出遅れたが、4日目から4連勝。

中日と9日目を連敗した後に10日目から3連勝したが、残りは負けて7勝8敗。

終わってみれば星取りはツラ相撲であった。3月場所は半枚降下にとどまる西前頭4枚目の地位を与えられた。
この場所もツラ相撲の星取を見せたが、7勝6敗から給金相撲を連続で落として、先場所に続いて7勝8敗に終わった。

翌5月場所は番付据え置きの西前頭4枚目で迎えた。初日から5連勝するなど序盤から白星を先行させ、13日目には大関獲りがかかっていた関脇 栃ノ心を2場所連続で破るなど、存在感を見せて9勝6敗と勝ち越した。

7月場所は東前頭筆頭まで番付を伸ばした。初日の大関・豪栄道戦に勝利して幸先の良いスタート切ったものの、以降の上位戦は新大関の栃ノ心に対して不戦勝を取ったのみで他は全て敗れ、10日目に早くも負け越しが決まった。

2019年は1月場所、3月場所と負け越しに終わったが、東前頭7枚目の地位で
迎えた5月場所では12日目に半年ぶりとなる勝ち越しを確定させた。

2020年1月場所は初日から6連勝と好調。7日目の豪栄道戦で初黒星を喫したが、9日目には同じく1敗の大関・貴景勝を破って勝ち越し。

14日目の徳勝龍との1敗対決には敗れるも、千秋楽は御嶽海を圧倒し13勝を挙げる。しかし結びで1敗の徳勝龍が貴景勝に勝った為、決定戦進出を逃した。

千秋楽まで優勝争いに加わったことからこの場所は敢闘賞を受賞。

アドセンス広告





正代の性格は

記者会見では、十両で対戦したい相手を聞かれて、「誰とも当たりたくない」と答えたり、憧れの力士はいないと答えるなど、悲観的な発言も見られ、「超ネガティブ関取」と話題になったが、

熊本県からの新入幕は、2014年5月場所の佐田の海以来戦後20人目で珍しい「正代」という名字の先祖は海賊だったという説もあるが、
正代は温厚な性格だ。

昨年九州場所の十両優勝で得た賞金(手取り120万円)は全額、熊本の両親にプレゼントした。
今場所は、悪性リンパ腫で闘病中の兄弟子時天空を、自らの勝利で元気づけたい思いもあるやさし性格でもある。

食事に行く際には部屋の取的に対しても何を食べるか聞くタイプである。
ほぼ確実に取的は「関取優先でいいです」と遠慮するが、みんなが食べたいものを食べてほしいという考えを正代は持っている。ただ、2016年9月場所前の時点で自身の付け人を務めている力士は自身の食べたいものを優先するため、これにはさすがの正代も「それはちょっと言い過ぎかな」と困惑している。

好きなタレントは西内まりや。顔やスタイルのタイプはあるが、
好きな女性のタイプははっきりしないという。

漫画鑑賞を趣味としており、2020年1月場所中の報道によると
電子版の漫画を100冊以上購入したという

正代直也(大相撲幕内)「56年ぶりの東京五輪で自分が生まれ育った故郷を
聖火ランナーとして走れることを光栄に思い、また、大変うれしく思います。
五輪競技に相撲はありませんが、このような形で関わりが持てること、
五輪に参加できることをうれしく思います」
聖火ランナーとして走れることを光栄に思い、また、大変うれしく思います。
五輪競技に相撲はありませんが、このような形で関わりが持てること、
五輪に参加できることをうれしく思います」

正代家はもとは加藤清正公に仕える武家の流れをくむ。当時は小代(ショウダイ)と名乗る。

加藤清正といえば、尾張国中村の生まれで豊臣秀吉とは幼い頃からの仲である。現在の豊国神社のとなりの妙行寺があるところで生まれたと伝わっている。その後の武功により、熊本の地を任せられ熊本藩主として戦国の世を生き抜いていった。加藤家から細川家に藩主が変わったが正代関のご先祖は熊本藩士として幕末まで活躍。その後、正代家として現在に至る。

直系か傍流かは不明だが小代家の流れを組むことは名前からしたら間違いないだろう。

正代の 祖母はどんな方

祖母の名前は正代正代(しょうだいまさよ)さんです。
祖母の正代さんは、正代家の先代の家に嫁いで来たときから「正代」線だったのが現在でもフルネームは「正代正代(しょうだいまさよ」なのです。
これは決して偶然でもなくよくあるのですね
この正代正代(しょうだいまさよさんは正代関の大相撲観戦も参加しており
応援してくれるので正代関は大いに励みになっているようです。

正代 出身校や家族関係について

正代は、東京農業大学相撲部を卒業し津風部屋に入門している力士です。

父親の名前は「」さん
職業は自動車整備士

母親の名前は「理恵」さん
パートのお仕事をされているそうです。

母親の実家はクイーンメロンの生産農家の様なので
正代の実家の冷蔵庫うにはいつも大量のメロンが入っていたようです。
このメロンは皮が少なくオレンジ色の果肉だけが切り取られているメロンのようです。美味しそうですね!しかも食べ放題なんてうらやましいですね

正代の兄弟は
お姉さんの名前
」さんでした。現在は看護師のお仕事をされている様です。

弟さんの名前は達也」さん
弟さんの情報は見つかりませんでしたがもしかしたら立派な体格を想像されます。正代のご家庭は夫婦仲の良い家庭が想像されます。
兄弟中もよいそうで幼少期には地元のお祭などに一緒に出掛けた様なエピソードもありました。正代が中学校に進学してからは稽古や遠征等でほとんどおやすみがなかったようなので、兄弟で遊べる時間はあまりなくなった様です。

しかいしながら現在でもお姉さんも弟さんも正代の応援をしてくれていることには、間違いなく感じられます。正代は両親や兄弟の皆さんに応援して貰うことによって大きな支えになっているのではないでしょうか

石川さゆりとの関係について

アドセンス広告




正代は歌手の石川さゆりが親戚だったことが判明
朝稽古後に「母方の祖母の兄の奥さんの妹の娘が、石川さゆりさんなんです。会ったことはないんですけど、祖母の兄が亡くなった時に(石川から)大きな花が届いてました」と仰天告白。故に演歌歌手・石川さゆりとは遠い親戚同士である。
2016年1月場所中に正代本人が「母方の祖母の兄の奥さんの妹の娘が、石川さゆりさんなんです。まだ会ったことはないんですけど、祖母の兄が亡くなった時に(石川から)大きな花が届いてました」と話している。
「僕のお母さんのお母さんのお兄さんの奥さんの妹の娘さんが石川さゆりさんです」との長い説明に、正代は感覚派なのに性格“後ろ向き” 初賜杯で脱却できるか、 勝っても反省の弁が口をつくあたり、らしいといえばらしい 性格がわかりますね

編集後記

今回は正代関の力士情報では正代の生い立ちから、大学卒業をして追手風部屋に入門した行き猿についてまとめてみました。
次に、正代の性格についても纒めた見ました。正代の性格は温厚な性格であり多くの人に好かれる素晴らしい性格である画素の内容も纒めてみました。

正代の祖母の正代(まさよ)さんは、今回偶然とも思われる正代正代さんの名前はめづらしいのですが名前の経緯についても纒めてみました。

正代の家族構成も纒めてみました。家族の皆さんは非常に仲良く正代を応援してくれていますので是非とも将来大関に向かって邁進してほしく思いました。最後に演歌歌手の石川さゆりさんとは遠い親戚で有ることもわかりました。如何でしたでしょうか?最後までお付き合い感謝デス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。