スポンサーリンク

式守伊之助と木村庄之助の違いは所属部屋はどこ?今の現況は衣装とひげが人気

現在の大相撲は色々な問題を抱えており、新しい転機を迎えようとしています。

横綱の人気もまだしも大関が貴景勝一人になってしまい
さみしいい状況なのだが、日本の国技でもあるので大勢のファンの
みなさんに楽しんでもらえる競技として、成長してほしいと思います。
今回は、式守伊之助と木村庄之助の違いや部屋の状況やいまの現況や衣装とひげの存在について、解説していこうと思います。

アドセンス広告



行司の苗字は「木村」と「式守」以外には存在するのか?

大相撲における行司と言えば、木村庄之助と式守伊之助の2人を多くの人が知っていますね

では、こうした行司の苗字は,「木村」と「式守」以外には存在しているかを說明します。

江戸時代までは、相撲司家の宗家である吉田司家の他に、全国に「行司家」というものが多数存在していました。

例えば、現在残っている木村家と式守家の他に、

  1. 五条家
    吉岡家
    尺子家
    一式家
    岩井家
    木瀬家
    鏡山家
    長瀬家
    ・服部家などと、
    その他多数の行司家が存在していました。

現在は、木村家と式守家しかありません

行司は相撲部屋に所属する事になっているのです。故に現在では一門や部屋によって、木村家か式守家かに既に決まっているのです。

ですから、行司になるには、入門時にどこの部屋に入ったかによって、木村家と式守家のいずれを名乗るかが、この時点で既に決まる事になるのです。

行司も力士と同様に、入門当初は自身の本名を名乗ることが多く、年を経て経験を積むにつれ、先輩の行司名を名乗る事が許されます。

そして更に経験を積み重ねると、昔からある由緒正しい行司名、

例えば、
「木村容堂」「式守錦太夫」などに代表される多数ある行司名跡の中にある行司名を名乗る事が許されるようになる訳です。

そして、そのまま三役格行司まで進み、その後、立行司の式守伊之助や
木村庄之助と順に昇格していくことになるのです。

「立行司」の、木村庄之助と「立行司」の式守伊之助の違いとは?

※2015年3月場所で37代目の庄之助が引退し、その位を襲名できる者がいないために、現在、木村庄之助は空位となっています。

木村庄之助の持つ軍配の房は紫、そして装束も紫の菊綴じを着用しています。

そして、左腰には短刀を、右腰には印籠を下げています。

行司の横綱こと木村庄之助ですが、代々伝わっている軍配が2本ある
そうで、1本には表裏それぞれに

「知進知退 随時出処」
「冬則龍潜 夏則鳳學」

と記されているたようです。

もう一方は白檀で出来ており、その各面に、牡丹と唐獅子の彫金が施されているそうです。

なお、行司は軍配を右手で持つのが原則なのですが、木村家はその握り方が手の部分が下になります。

式守家の軍配の握り方は、手の向きが木村家とは逆向きになるという違いが見られます。

また、通常、木村庄之助以外の行司は、1日2番を裁くことになっていますが、庄之助のみ、本場所においては、結びの1番のみを裁くことになっています。

式守伊之助の方は、三役格行司が昇格して伊之助を襲名しています。式守伊之助の軍配の房は紫白、装束も紫白の菊綴じを着用し、庄之助と同様に、左腰には短刀、右腰には印籠を下げています。

伊之助が裁く番数は、三役格行司以下と同様で、1日2番の取組を合わせています。

また、式守伊之助にも、代々受け継がれてきている軍配が1本ありますが、
そこに記されている文字の読み方は不明です。

アドセンス広告



※2017年の冬巡業における、40代式守伊之助のセクハラ問題で不在が続いた立行司ですが、今年の初場所から41代式守伊之助が立行司となる事になりました。

2019年(平成31年)1月場所より41代伊之助が土俵を務めている。

式守 伊之助のプロフィール

立行司 式守 伊之助
本名 今岡 英樹
生年月日 昭和34年9月22日
初土俵 昭和五十年五月場所
所属部屋:高田川部屋

木村庄之助のプロフィール27代木村庄之助

基礎情報
行司名 木村宗吉 → 木村玉治郎 → 23代式守伊之助 → 27代木村庄之助
本名 熊谷 宗吉
生年月日 1925年12月3日
出身 岩手県盛岡市
所属部屋 立浪部屋

木村庄之助と式守 伊之助の所属部屋について

式守 伊之助の所属部屋は、高田川部屋に所属しています。
「木村庄之助の所属部屋は「立浪部屋」に所属しています。

式守 伊之助のひげについて

行司の「式守 伊之助は
茨城県那珂郡勝田村(現・ひたちなか市)出身。
本名:高橋金太郎。
所属部屋:高田川部屋
1900年5月場所で初土俵。
初土俵時の行司名は木村金吾。
その後、3代木村玉治郎⇒8代木村庄三郎を襲名している。

甲高い声で土俵をさばいたことからカナリヤ行司との異名を取ったその当時は。土俵の人気行司として、相撲ファンを楽しませてくれていました。

1959年11月場所で引退の際、土俵上で花束を受け取り、土俵を去った。1966年12月14日に逝去。自らの満80歳の誕生日の前日であった。

式守 伊之助の履歴

1900年夏場所 初土俵・木村金吾。
1913年春場所 場所中に十両格昇格。3代木村玉治郎を襲名。
1915年夏場所 場所中に幕内格に昇格。
1925年春場所 三役格に昇格、8代木村庄三郎を襲名。
1951年5月 副立行司に昇格。
9月 立行司19代式守伊之助を襲名。
1959年11月場所 この場所限りで、停年制度導入のため引退。

式守 伊之助のエピソード

引退直前の1958年九月場所初日、前頭7枚目北の洋 対 横綱栃錦戦で、北の洋が両差しで土俵際まで寄り詰めたところ、栃錦が突き落として同時に倒れた。

伊之助は栃錦に軍配を上げたが、物言いがつき、検査役の判定で北の洋の勝ちと決した。だが、伊之助は、土俵をたたいて「北の洋の右肘が早く落ちたんだ」と10数分も抗議を続けたため、出場停止処分を受けてしまいました。

(当初は九月場所中出場停止だったが、14日目から再出場した)。

伊之助は行司部屋に引き上げてからも、「栃関のほうが遅く落ちた。わたしゃ自分の意向にそわぬうちわはあげたくねえ」と涙を流して訴えたという。

各新聞社が撮った写真判定によると、
確かに北の洋の右肘のほうが早く落ちており、「伊之助涙の抗議」として世間の同情を集めた。しかし、名行司である一方、ドジとしても有名で、初土俵間もないころの序ノ口尼ノ里 対 越の川戦で「あまがえるとこしかけ」と間違えて叫んでしまい周囲を慌てさせたのを始めとして、庄三郎時代に歌舞伎座の7代目坂東三津五郎を尋ねたときに、もらったツギ足(足袋のかかと部分にはめるゴム製のもの)で、背を高く見せようと(身長152cmであった)足袋を上げ底にしたあげく、俵に引っかかって土俵下まで転落してしまった。

また土俵上で力士の名前を忘れてしまい、「お前さんでございー」と勝ち名乗りを上げたり、三役格時代にも鏡里 対 玉ノ海戦で鏡里が勝ったのに「玉ノ海!」と言ってしまい、とっさに「……に勝ったる鏡里」と言ってごまかしたというエピソードがある。

それ以外にも1958年一月場所3日目、横綱鏡里と前頭5枚目島錦が右四つになったとき、伊之助は島錦のさがりを抜こうとしたが軍配の下げ緒がさがりにからみつき、もぎ取られる格好で軍配が両力士の腹の間に、はさまってしまい大あわて、館内は大爆笑。

ある年の九州場所、通用門から出勤しようとしたところ、若い警備員に観客と勘違いされ、注意されたのに対して、「余は式守伊之助であるぞ」と返したという。

相撲界で「余」という言葉を使う人は珍しく、ここからも彼のキャラクターがうかがえる。

この様なエピソードを振り返ってみると如何に行司の式守伊之助さんの
正義感の強い行司であったと思い伺えます。

まとめ

アドセンス広告




式守伊之助と木村庄之助の違いは

式守伊之助は、
代々受け継がれてきている軍配が1本ありますが、
そこに記されている文字の読み方は不明です。

一方木村庄之助は

木村庄之助の持つ軍配の房は紫、
そして装束も紫の菊綴じを着用しています。

そして、左腰には短刀を、
右腰には印籠を下げています。

行司の横綱こと木村庄之助ですが、
代々伝わっている軍配が2本あるそうで、
1本には表裏それぞれに

「知進知退 随時出処」
「冬則龍潜 夏則鳳學」

と記されているたようです。

もう一方は白檀で出来ており、その各面に、
牡丹と唐獅子の彫金が施されているそうです。

式守伊之助の所属部屋は高田川部屋です。
木村庄之助の所属部屋は

今の現況は衣装とひげはが素晴らしい

ひげの伊之助の行司さんは、結構たくさんのエピソードがあり
土俵を楽しませてくれた人気の行司さんでしたが
兎角現在の行司さんは勝負の判断に専念しているので形苦しい行司さんが
多くいる中で伊之助さんのユーモアが有り信念の強い行司さんが
今後出てきてくれるとお相撲ももっと楽しくなるのかも知れませんね!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。