大相撲の番付一覧!種類はいくつあるの・三役とは?

大相撲ファンの皆さん、突然ですが
おおすもうの番付についてどの位ご存知ですか?
大体の事は把握していても、完全に理解して
大相撲を観戦すると、楽しく観戦できるのかも知れません。
今回は、少しでも大相撲観戦を楽しむのに
大相撲の番付について、調べてみました。

あなたは番付(「横綱」とか「大関」とかです)をご存知ですか?

私ですか?

ちょっと待ってくださいよ…

上から順に「横綱」「大関」「小結」「前頭」…あとは「十両」しかわからないや…

ということで調べてみました!




番付ってなに?

そもそも、「番付」とは力士の階級が決められた一覧の事です。

・番付は全部で10種類存在しています。

上から順に、
1、横綱(よこづな)
2、大関(おおぜき)
3、関脇(せきわけ)
4、小結(こむすび)
5、前頭(まえがしら)
6、十両(じゅうりょう)《正式名称は十枚目(じゅうまいめ)》
7、幕下(まくした)
8、三段目(さんだんめ)
9、序二段(じょにだん)
10、序ノロ(じょのくち)

以上の様に10段階に決められているのです。

「関取」と「力士養成員」の違いは?

力士は大きく「関取」と「力士養成員(別名・取的(とりてき))」に分けられています。

「関取」は、横綱から十両までの事なのです。

ですから、
幕下以下は「力士養成員」と呼ばれており
一人前の力士としては扱われないのが現状です。

故に、力士養成員は、正式な給料は貰えないので、
関取や親方の付き人をしながら、生活をしているのです。

すなわち、縁の下の力持的な存在なのです。

力士養成員は、力士として認められていません。

「幕内力士」について

「関取」のうち、「前頭」より上を「幕内」と言うのですが

ニュースなどでよく聞く優勝力士とは、
この幕内の中での成績最優秀力士のことです。

「三役」とは?

・大関
・関脇
・小結
の事をまとめて表しています。

 

幕内力士のうち、横綱と三役を除いた者が
(=前頭)のことを平幕力士とも言います。

番付 横綱 大関 関脇 小結 前頭  十両  幕下

三段目 序二段 序ノロ
関取 力士養成員(取的)
幕内
三役 平幕

編集後記

番付は10種類存在しています。




力士は大きく「幕内」と「力士養成員」に分けられているのでした。

以上、『相撲の番付について!番付は全部で何種類?
三役ってなんのこと?』について解説しました。



行司のなり方やランキングとは?給料や年収はどれ位なの?

行司は相撲の取組において土俵の取組の進行役であり

勝者を判定する重要な役割を担っているのですが
今回は、行司のなり方や行司の階級とランキング及び
行司の給料の細について調べてみました。

相撲ファンの皆さんは大体ご存知かも知れませんが
相撲を楽しく観戦する際の参考にして頂けたら幸甚です。

行司のなり方について

相撲を観戦していると行司は簡単になれるかと
早合点してしまいそうですが、
実際には、各課程を経て入門する必要が有るのです。




 

第一に健康面でのチェックなどで適格者と認められなければ
入門出来ないのです。

 

その他に、中卒以上の満19歳未満の男性という
年齢制限が設けられています。

 

志願手順としては、まず、相撲部屋に所属しなければなりません。

その為には、相撲部屋から行司会と相撲協会に
推薦してもらう必要が有るのです。

相撲協会に推薦して貰っても
行司の枠が定められていますので

相撲部屋の運営や収入源及び部屋の収入源と廃業した場合は?

定員に空きがなければ、審査を受け付けて貰えるのですが
ここで初めて、審査を申告して通過出来れば、
晴れて行司となれるのですが、

 

仮に相撲協会から行司として認められても、
初めの3年間は養成期間となり行事としての精進を
しなければ成らないのが現状です。

この間に、相撲部屋での雑用を熟しながら、
相撲の歴史や勝敗の見極め方を学び、

行司独特の発声や相撲文字などの修行に
励むことになります。

 

なかなか厳しい条件だなと思いませんか?

 

この様に初めて行事としての勉強と意気込みを
習得させられるのです。

 

行司の階級、ランクについて

 

行司にも階級やランク付けがあるのでしょうか?
行司には、力士と同じようなランクが存在します。

・序ノ口格
・序二段格
・三段目格
・幕下格
・十枚目格
・幕内格
・三役格
・立行司格式守伊之助
・立行司格木村庄之助

 

「立行司」格は2名と決まっているのですが、
各々の格の行司数には特に規定はありません。




 

(ただし、立行司格が空席の場合もあります)

しかし、行司は65歳定年制で定員が45名以内に、
かつ、十両格以上の定員が22名以内と決まっていますので、

いつでも誰でもなれるという訳にはいかないのです。

 

行司の給料について

行司って、どのくらいの給料を貰えるのでしょうか?

行司の給料は、月給制として決まっています。

その内容は

「本俸」と
「衣装代」
「手当」の3つが
支給されるシステムに定められています。

まず、本俸の基準額は以下の通りです。

詳細は、各人の能力・成績・勤務状況に応じて、

日本相撲協会の理事長が決定すると言われています。

それぞれの行司格の基準額は以下のようになっています。

・序ノ口格行司(14,000~20,000円未満)
・序二段格行司(20,000~29,000円未満)
・三段目格行司(29,000~42,000円未満)
・幕下格行司 (42,000~100,000円未満)
・十枚目格行司(100,000~200,000円未満)
・幕内格行司 (200,000~360,000円未満)
・三役格行司 (360,000~400,000円未満)
・立行司   (400,000~500,000円未満)

上記金額を見ていると

序の口格行司の基準額が1万4千円というのが、
気になりました!

基準額が1万4千円とは厳しい数字に感じました。
やはり高額をゲットするには上位を目指さないと
厳しいですね!

もっとも、行司は相撲部屋に所属していますので、
衣食住に関して困ることはないのですが、

プライベートで使える給料は1万4千円ですので
ほぼ無いと言っても過言ではない様な気がします。

また、行司格に応じて衣装代も支給されます。

・幕下以下行司(20,000)
・十枚目格行司(25,000)
・幕内格行司(30,000)
・三役格行司(40,000)
・立行司(50,000)

具体的にはこのような給料システムになっています。

行司が着ている艶やかな衣装の裏には
このような階級の違いによる
衣装代の上下が存在している訳ですね。

なお、行司各によって着用できるものに差があるそうです。

この他に手当が支給されるそうですが、
こちらも相撲協会の理事長の判断によるので、
金額ははっきりしていません。

行司の衣装について

土俵上の行司の衣装は序の口格から

立行司迄各々違った衣装が違っています。

その理由は上位行司の衣装によって

取組の重要性を表しているのです。

特に上位格の行司の衣装は冠から足の先まで

華やかな衣装に成っている事に気が付かれると思いますが

これらの衣装を個人で負担して揃えたのでは、当然負担が多くなり

とても賄割れません。

では、どうして揃えるかについてい話ししたいと思います。

実は、これらの衣装や装束は

タニマチの皆さんや後援会の皆さんから寄贈される場合が殆どです。

特に化粧まわし等を見ているとその中のどこかに寄贈された先の記述が

存在しますので、かっく人してみてっください。

編集後記

今回は、行司さんのランキング及び行司のなり方や給料などについて

調べてみました。

行司さんは力士と比べてみると、どちらかと言うと隠れた役者みたいな

感じがしました。

行司になる為の苦労やしたずみの生活を地道に積み重ねて上位の行司になるまでには

大変な苦労の生活が待っています。

長い積み重ねの結果、楽しい行司生活を謳歌して頂いて、相撲ファンの

皆さんを楽しませて頂きたいと思います。

 

 


相撲部屋の運営や収入源及び部屋の収入源と廃業した場合は?

大相撲の組織である相撲部屋に所属するには力士・行司・呼出・床山さん達の相撲に関わる全ての業務に携わるには、「相撲部屋」に所属しなければ成らないのですが、
今回は、相撲部屋の運営方法やその他に相撲部屋の創設や運営に必要な収入源及び廃業する場合のケースについて調べてみましたので、参考にして頂ければ幸甚です。

続きを読む


御嶽海、貴景勝に5連勝「春場所」大関を狙う意欲充分

大相撲春場所3日目に現在大関を狙っている
御嶽海の最大のライバルの貴景将を押出しで
土を付け、2勝0敗の貴景勝に5連勝で見事な勝利を収めました。

御嶽海は、大相撲春場所2日現在1勝1敗の成績であったが
3日目には、ついに2勝1敗の成績で、これから益々成績を上げ
好成績を上げ優勝に近づけるような気がします。

・対戦内容
貴景勝の取り口は、まっすぐ直進の押し相撲を
予想して強い押しを御嶽海が応戦したのだが
押されもしないで、受け止めた戦いぶりは見事であった。


力士の給料はどこから貰えるの?力士 給料 どこから受けとるの?

力士 給料 どこから貰えるのか知りたいと思いませんか?
力士さんと呼ばれていても、給料や優勝賞金や懸賞賞金を
受け取れる力士さんは、限られた力士さんしか受けとることが
出来ないのが現状です。
今回は、実際にこれらの報酬を受け取れる力士さんの資格についても
解説しています。
主題である力士さんの給料はどこから貰えるのかについても
解説していますので、参考にして相撲観戦をお楽しみ下さい。

アドセンス広告



続きを読む


相撲が由来の言葉の総まとめ!相撲言葉の由来も解説

テレビで相撲観戦が大好き人間です。
相撲観戦していると、テレビアナウンサーが
時々私には理解できない言葉があります。
そんな時には、淋しくなってしまいます。
相撲ファンとしては、少しでも、相撲用語をもう少し
理解して相撲観戦を楽しみたいので、
今回は、相撲用語を調べてみました。

実際、相撲用語を調べている内にこんな相撲用語が存在した時には
相撲用語の由来する用語も存在している事が判りましたので
今回は、一緒に調べてみましたので、参考にして頂けたら幸甚です。

取り組みが由来の言葉の説明
この項目では、取り組みの時に良く使われる言葉について
言葉別に紹介しています。

勇み足

勇み足とは相手の力士を土俵際に追いつめながらも、
勢いあまってしまい、自分から先に
足を土俵の外に踏み出してしまう事なのですが
調子づいて、やり過ぎたり、仕損じたりすることの意味で使います。
気持ちばかりが勝負にこだわてしまいますが
結果は、勝負に負けた結果になってしまい
残念な結果になってしまいますが、故意にやったのではなく
結果がこの様になった結果なのです。

気持ちばかりが焦る」と同じ意味で使います

押し

押しの一手は相手の力士を土俵の外まで
押し出して勝利を獲得する技法です。

この技法は、立ち合いの時に一瞬で決まると言われていますが
併し乍ら、一瞬で決まる場合と勝負の途中でも、
押出して相手の力士を
土俵の外まで押し出して勝負を決まる事なのです。

独特の技ですが
この技は、最近では貴景勝関や豪栄道関が得意としている様です。

特に、押しが利く→他人を従わせる威力があります。

肩透かし


前に出て来る相手を、体を開いて避ける様にして、
相手力士かわす技のことです。

一般的には、意気込んで向かってくる相手の勢いを利用して
まともに受けずに体をかわして勝利を獲得します。

この技は相撲の醍醐味であるがっぷり四つになって
戦うのではなく、相手力士の隙を狙って身をカワス動作の為
実際観戦しているファンの皆さんには、気抜けしてしまう
結果になりますので、あまり楽しい勝負ではありません!

がっぷり四つ

両者が互いに上手と下手を取り合い胸を合わせた状態です。
この状態は相撲を開始する最もオーソードックな状態です。

これから、どの様に勝負が展開して行くのか興味深々なので
対戦を観戦している相撲ファンには、面白い勝負の始まりです。

意味は、物事に真っ向から取り組む様子を現す時に多く用いられます。

痛み分け
痛み分けとは
取り組み最中ににどちらの一方がケガをして
取り組みを継続出来なくなった時に
元気な方の力士がその後の取り組みを棄権した場合に
痛み分けとなります。

一般的な意味としては議論等で双方とも痛手を受けた
まま決着しないで終わる場合に使われます。

因みに現在の相撲のルールでは片方がケガをして
続行不能になり片方は元気で続行可能な場合には
「不戦勝・不戦敗」となります。

従って痛み分けは双方がケガをして取り組みの
継続が不可能にならない限りは起こりません。

「喧嘩両成敗」と同義で使われます

ぶちかます
ぶちかますとは
力士同士が体をぶつけ合う事を言う言葉です。

一般的には体当たりのことを言う場合もありますが

野球等を応援する時に「ぶちかませ!」なんて、
言葉を聞いたことはあると思いますが

「思いっきり行って相手にダメージを与えてやれ!」なんて
意味も有る様です。
しかし、あまり良い言葉ではないのですが・・・・・

揚げ足を取る
「揚げ足を取る」の意味は
技をかけようとして相手が挙げた足を取って倒すことで、
相手の力士の一瞬の隙に相手の力士の足を取って
自分の態勢を有利な状態にして勝負を決める技を言います。

柔道の用語でも存在します。

人の言い間違いや言葉尻を捕らえて
非難したりからかったりすることを意味します。

同じ意味の言葉で「言葉尻をとらえる」等とも言われる場合もあります。

仕切り直し
仕切り直しの意味は
立ち合いの呼吸が合わなくて仕切りをやり直すことです。
相撲の勝負は立ち合いが大切と言われていますが
一瞬でも自分の態勢を有利な態勢にすることで
勝負の分かれ目が決まって来るほど大切なのです。

転じて物事を始めからやり直す事を言う言葉。

腰砕け
自分からバランスを失い、体が土俵に倒れてしまうことなのですが
ここから転じて、勝負に負けてしまう動作を現した言葉なのです。

この動作は、自分の気持ちや体力によって一瞬に、自分から
バランスを失ってしまう動作なのですが、こんな動作を見られる
事は非常に少ない動作です。

物事が途中でダメになり、あとが続かなくなることを言う時に使う言葉です。

取り組み以外の事が由来の言葉

取り組みとは直接関係無い所から派生した言葉について
この項目出は、取り組みと直接関係ない言葉について
解説して行こうと思います。
構意外な物から「そんなのは知ってるよ~」と思われるかもしれませんが
順番に意味を見てみましょう!

大一番
大一番の意味
大一番とは言葉の通り今回の相撲において
一番大切で重要な勝負を決めなければ成らない勝負の事です。

優勝を左右する大事な一戦等にも使われます。

土がつく
土がつくの意味

土がつく
相撲では足の裏が土俵以外の場所で足や手や方等体の一部が
地面に着くと負けとして判断されますが
この時土が体の一部がに土が付着しますよ。

ここから相撲で負ける事を土がつくと言います。

慣用句としての意味は勝負に負ける事を現しますね。

土俵際
土俵際の意味
土俵の内側と外側の境目の事です。
相撲の勝負を観戦している時に両力士が
土俵一杯に態勢がどちらの力士が土俵を割ってしまうのか
観戦している相撲ファンは大いに力が入って勝負に行方を
判断するのは、醍醐味の一つなのかも知れません。

物事が決着するギリギリの状態、瀬戸際の事を現す言葉。

懐が深い
懐が深いの意味

力士同士が腕と胸が出来るだけ空間を大きくして
お互いの力士同士が回しを取らせない作戦というか
技の一つなのです。

意味は心が広くて包容力が有る事を言います。
「器が大きい」と同じ意味にも使われる場合があります。

待ったなし
待ったなしの意味
待ったが出来ない事です。
この言葉は、他の勝負事等にも良く使われている言葉です。
他の勝負事の最中に「待った」などと言ってしまうと
今迄お互いの勝負がしらけてしまいがちです。
そんな事にならないように心がけましょう!

一般的には少しの猶予も無くやり直しが利かない事です。

「待った無しの本番に臨む」なんての意味もあります。

ガチンコ
ガチンコの意味
力士同士が立ち合いで激しくぶつかり合う時に「ガチンッ」と
音がすることから真剣勝負を意味する、相撲界の業界用語です。

一般には勿論「真剣勝負」の意味で使いますが
”ガチバトル”なんて言い方をしますよ。

一人相撲
一人相撲の意味
この言葉は、
目に見えない神霊と相撲を取る所作を一人で行い
神様を喜ばせて豊作をお願いする神事として
江戸時代から明治時代までは大道芸として行われていた様ですが
現在は相手もいないのに一人で意気込むことを現す言葉として
定着しています。

元々は神事としての言葉でしたが大道芸としての意味が残り

現在は相手もいないのに一人で意気込むことを現す言葉として定着しています。

脇があまい
脇があまいの意味
腕で脇を締める力が弱いために相手にまわしを取られ易い事で

守りや用心が足りずに付け込まれ易い状態を現す言葉です。

相撲にならない
互いの力の差が有り過ぎて勝負にならないこと。

これは慣用句としての意味もそのまんまですね。

番付が由来の言葉
次は特に番付に関する用語が由来の言葉です!

相撲にならない

まとめ

相撲が由来の言葉の総まとめ!相撲言葉の由来も解説しました。

相撲観戦をしていると一寸判らない言葉がありますが

今回は勇み足から始まって各種の言葉の意味を解説しました。

参考になりましたら幸甚です。


大相撲の番付一覧!ランクや順番について解説

大相撲には、横綱や大関といった「番付」があります。
その他に、ランクや順番がどうなってるのかについて解説します。

そこでこの記事では、大関の番付一覧をまとめてみると共に、
番付のランク、順番についても解説します!




大相撲の番付のランクはどのような仕組みなのか?

大相撲の番付の一覧を見てみましょう。

上から順番に、以下の通りになります。

・横綱
・大関
・関脇
・小結
・前頭(平幕)
・十両
ココまでを関取と言います。
(関取になると一人前の力士となります)

・幕下
・三段目
・序二段
・序ノ口
幕下から下の番付を「力士養成員」と呼ばれており、
力士としてはまだ半人前であある事を表します。

一方、幕下から下の番付を「力士養成員」と呼ばれており、
力士としてはまだ半人前である事を表しています。

力士養成員は関取と異なり、部屋の雑用や
関取や親方の世話をする必要があったり、
給料はもらえず、わずかな手当が支給されるだけなのですが、
おまけに結婚が出来ない(!)等の、
待遇において関取と大きく差が付けられています。

給料も貰えず、わずかな手当では、可哀そうですが
実際には、部屋で生活するので食費その他の雑費等は
殆ど必要が無いのです。

また、横綱〜前頭(平幕)の番付を「幕内」と呼ぶのですが、
基本的にテレビの大相撲中継で報道されるのは、
この幕内力士のみとなっています。

幕内力士の人数は42人とあらかじめ決まっており、
このうち、大関、関脇、小結の3つの番付を
まとめて「三役」と呼んでいます。

大相撲番付最高位の横綱はに昇進するための基準とは?

大相撲の番付の中で、最もランクが高いのが「横綱」です。

2016年6月現在では、
白鵬、日馬富士、鶴竜の3人が横綱を務めてます。

横綱に昇進する条件は、
大関で2場所連続で優勝するか、
あるいはそれに準ずる成績を挙げる必要があります。




現在の横綱では、
白鵬と日馬富士は2場所連続で優勝しましたが、

鶴竜は2場所連続で14勝1敗の成績を収めたため、
「優勝に準ずる成績」ということで横綱に昇進しました。

大関は東西に1人ずついる必要がある?

続いて紹介する大関ですが、横綱の制度が始まる前は
番付の中で最もランクが上にあたる地位でした。

現在は、、豪栄道、高安、栃ノ心の3人が
この大関の地位を務められています。

栃ノ心は平成三十一年三月場所 の角番で
7勝8敗 の成績で負け越してしまい
大関から陥落してしまいました。

大関は東西に1名ずつ、合計2名はいる必要があるのですが

もし大関不在の場合は、
横綱が「横綱大関」として、その地位を兼ねる仕組みになっています。

関脇の地位を守るのはかなり大変な理由とは?

関脇に昇進すると、次に目指すのは大関です。

しかし、関脇の地位になると

序盤で横綱や大関の力士との取り組みが行われる事が多く、

関脇力士がこうした力士に勝つと土俵が盛り上がりますが

その一方で、はじめて関脇に昇進した力士が、
連日の横綱や大関との対戦によって負け続けた結果、
そのまま黒星が続いてしまうということもよくあります。

関脇は横綱や、大関以上に、
地位を維持するのが対戦な番付でもあります。

小結に昇進すると「三役経験者」になれる!

小結は大関、関脇と並ぶ「三役」に当たる番付であり、
通常の幕内力士とはその待遇がかなり異なってきます。

引退した力士の肩書が「元幕内」と「元小結」の間には
非常に大きな差があると言っても過言ではありません。

その一方で、小結も関脇と同様に、
横綱や大関との取り組みが組まれる事が多いので、
番付を維持するのがかなり難しい一面もあります。

大相撲の番付「小結」の語源とは?

三役の一つで、本場所の優勝争いにも
絡むことが度々ある小結。

では、そもそも何故小結というのでしょうか?

実はこの由来ははっきりしていないのですが

諸説ある中で有名な説は、
小結より上位に位置する関脇や大関が
それぞれ1人ずつしかいないので、

取り組みがない時にその次の番付の力士が
結びの一番をとったことに由来するというものです。

それが「小口の結び」だったことが、
小結という言葉の語源になったと言われているのです。

他には、「小口の結び」という意味の言葉から
派生したという説もあるのですが

小口の結びは小口が始まり、
結びが終わりを意味します。

相撲では小結、関脇、大関の試合を総称して
「結びの三番」と言いますが、

その始めに行う地位を
「小結」と呼ぶようになった説もあります。

小結には人数制限があるのか

東西それぞれに1人がいる小結ですが、
実際に人数制限ははっきり決まっていませんが

小結は最低でも、
東西で1人ずついる必要があるのですが、

それ以外の小結の人数制限については
特に決められてません。

実際、過去には14回も
一度に4人の小結が
番付として発表された事もありました。

少なくともどちらかに1名はいるので、
東西合わせて0名になることはないんです。

反対に上限はなく、
もし実力に見合う力士がいれば
5人でも10人でもなることは可能です。

とは言え、
最近では公傷制度がなくなった事もあり、
東西に1人ずつなのが原則になっているようです。

小結への昇進条件について

前頭の力士が小結へ昇進するには、
すぐ下の番付である前頭のトップか
それに近い地位で勝ち越すことが
必須条件となっています。

また、「幕内」と呼ばれる
関脇、小結、前頭の位置の中で上位に位置し、
大きく勝ち越すことで昇進することが可能なのです。

しかし反対に小結になれたとしても
負け越せば前頭以下に陥落する可能性もあります。

小結は少なくとも、
東西どちらかに1人いなければならないので、

最初に述べた条件をクリアした力士がいなければ、
それ以下の成績でも昇進できることがあります。

小結の年収や月給はどれ位なのか

小結の力士が月にもらえる給料ですが、
基本給と手当を合わせると
120万から150万円ほどと言われます。

この額に12をかけた額を年収とすると、
1500万円〜1800万円とかなり高額です。

力士はこれ以外にも報奨金などが入るため、
実際の年収は2000万円を超す金額になります。

1回の取組で勝つだけでも報奨金がもらえますし、
懸賞金も入りますから、
強い力士ほど収入も多いわけですね。

この記事のまとめ

回は、大相撲の番付一覧というテーマで、
その順番などをなるべく分かりやすくご解説しました。

・横綱
・大関
・関脇
・小結
・前頭(平幕)
・十両

・幕下
・三段目
・序二段
・序ノ口

その他に小結に関する内容も
併せて解説しました

如何でしたでしょうか?

大相撲を楽しく観戦するには今回解説した
内容を把握して大いに楽しみましょう!