スポンサーリンク

勢 !結婚の時期は怪我の状態や実家と彼女の職業はなんなの

大相撲一月場所が両国国技館で盛大に開催されていり最中
その中で、 [勢]はスー族の皆さんに人気がすごいのは
イケメン力士であり猪突猛進に攻め込む取り口なのかも知れませんね
力士 勢翔太関は歌が非常に上手なので、パーティ等で歌ったり、
マイィを持つと素晴らしい歌声で観客の皆さんを喜ばれたり、相撲甚句も
観客を酔わせたいして人気があるのですが、大相撲の成績はイマイチの成績なのは
怪我が原因ではないかと思われます。
今回は、力士 勢翔太力士の結婚に関する情報や、現在の怪我の状態や
実家の職業と結婚の情報や彼女の現在の職業等について調べてみましたので
この記事を参考にして令和の一月場所での
力士 勢翔太関を応援しましょう!

アドセンス広告



勢の結婚の時期は

[勢](本名・東口翔太)は、女子ゴルフで国内ツアー4勝の比嘉真美子(24)と2015年に知り合い、17年6月に婚約しています。
婚姻届は2人の誕生日である10月11日に婚姻届を提出する予定だが
2人はサンケイスポーツの取材に互いの誕生日である10月11日に婚姻届を提出することを認めた。

この時のインタビューの時の内容は

「勢「縁があって出会わせていただきました。誕生日も一緒で運命です
。これからも彼女を命を懸けて守っていきます」

比嘉「勢」とは誕生日が一緒で、出会う前から気に留めていた力士でした。
初めて会ったとき、何かこの人と一緒になるかもしれないと思いました。
付き合い出すころは前を見て、結婚を見据えていました」

この様に二人の熱々の報告を聞いて、少しでも長い結婚生活が
続けられそうですね婚約者の比嘉真美子さんはプロゴルファーとして活躍中ですが、
運動神経は抜群で忍耐力の強い性格のようなので、勢は年寄名跡の取得もメドが立ち、引退後は部屋持ち親方として、後進を育てたいとの意向を固めているので将来はおかみさんへの“転身”にも意欲的であり二人三脚で
部屋を切り盛りしていくことになる。

勢と比嘉真美子の馴れそめ

2人が初めて出会ったのは2015年5月、比嘉が初めて大相撲観戦に訪れた夏場所(両国国技館)だった。共通の知人に紹介されてすぐに意気投合。勢がゴルフ好き、比嘉が大の相撲ファンということもあって、交流を深めてきた。

この時の会話の内容は多分相撲の取り口や勝負の内容について話したのか
それ以外に勢はゴルフも大好きなので、ゴルフの話なんかの話で花が咲いたのではないかと想像されます。今回は二人の誕生日も一緒だと分かったのも偶然で益々話しが進んだのでしょうね
婚約者の比嘉とは比嘉がどん底の時に出会ったと語っている。

力士 勢の彼女の職業は

勢翔太の彼女の名前は比嘉真美子さんです。
職業はLPGA所属のプロゴルファーです。

力士 勢翔太の現在の怪我の状態は

2019年1月場所初日、輝との取組で右目の上に7針の傷を負ってしまいました。すぐに縫合したが取組後、午後1時から2時まで出血が止まらなかったが、ただ、この場所は9勝6敗と勝ち越している。

3月場所前は左足のアキレス腱を痛め、さらに蜂窩織炎にも見舞われた。
天空海戦で額を切って大量に出血してしまった。
輝との取組で右目の上に7針の傷を負ってしまいました。
すぐに縫合したが取組後、午後1時から2時まで出血が止まらなかった。ただ、この場所は9勝6敗と勝ち越している。

しかしながら、現在は、左足のアキレス腱に包帯を着想して熱戦に参加しているので、絶好な状態とは言えず、苦労しながら戦っている姿は立派と思います。

力士 勢の実家の職業は

交野市内で「すし家の繁」を経営しています。

この寿司屋では勢も子供の頃から手伝いをしていました。
この店では、祖母に可愛がられていた様です。
ちなみに、この寿司屋は味が良いと評判なので関取衆の皆さんや
有名人も大勢来店されている位有名なお寿司屋さんです。

アドセンス広告



場所の地図を紹介します。

一度訪れては如何でしょうか

勢のプロフィール

四股名  勢 翔太
本名  東口 翔太
愛称  グッチー
生年月日  1986年10月11日(33歳)
出身  大阪府交野市
身長 194cm
体重 173kg
所属部屋  伊勢ノ海部屋
得意技  右四つ、寄り
現在の番付  東前頭15枚目
最高位  西関脇
生涯戦歴  513勝488敗(88場所)
幕内戦歴 289勝324敗(41場所)
優勝経験  十両優勝2回
敢闘賞4回
初土俵 2005年3月場所
趣味  ゴルフ、カラオケ
他の活動  歌手

勢の来歴

祖母や近所の住民などの大人に囲まれて過ごし、特に年配の人から可愛がられていた。小学3年生の時に相撲未経験ながら地元のわんぱく相撲の大会に出場して優勝。澤井と共に小学校時代から交野市内にある相撲の古市道場に在籍。当時澤井の父は澤井の稽古相手を探しており、他の子供と比較して体の大きい東口少年に目をつけた。

また、東口の両親も小児ぜんそくの持病のあった東口の体が丈夫になる事を期待し相撲を習わせたという。1日4時間の相撲の稽古を週4回行うことで途端に健康状態が好転、さらに放課後から稽古の時間までの時間を野球など外遊びをするほど元気になった。

運動が過ぎて病院で「過労」と診断されたこともあった。
1996年のわんぱく相撲全国大会の小学4年生の部では準優勝。

小学5年生の頃に寿司屋の常連の紹介で先代伊勢ノ海親方と出会う。
小学校時代と中学校時代は下校し相撲道場に稽古に行く前に必ず祖母がうどんを作ってくれ、東口はそれを平らげた。「両親が商売をしていたので、小さいときはおじいちゃん、おばあちゃんに育ててもらった、“おばあちゃん子”でした。帰る時間に毎日つくっておいてくれる。このうどんを食べてから、まわしとバスタオルを持って自転車で道場に行くんです。
夏でも、熱いうどんが嫌じゃなかったなぁ」と後に2017年に行われた日刊スポーツの絵日記企画で当時を述懐している。

中学卒業後は実家の家業の手伝いをするが、
一時期は兵庫県尼崎市内で一人暮らしのフリーター生活をしたこともある。その中で、やはり相撲をやりたいと徐々に思うようになる。ところがその頃、相撲が好きだった祖母が急死。そんなところ、先代伊勢ノ海が東口の祖母の葬儀にわざわざ参列をしてくれたことに心を動かされ、ついに本腰を入れて相撲に向き合おうと相撲部屋へ入門を志願する。

同学年らと揃って18歳の3月に伊勢ノ海部屋に入門。2005年3月場所で初土俵を踏み、翌5月場所からは「勢」という四股名を名乗る。初土俵から約1年後の2006年5月場所には早くも幕下に昇進し、その場所では5勝2敗の好成績を挙げる。同年9月場所では初日から3連勝と好調。

8日目に同じく3連勝の琴冠佑に張り手を交えて勝利し4連勝で勝ち越しを決めたものの、取組後に琴冠佑から顔面を殴られ、結果その後は3連敗と精彩を欠いた。

2010年11月場所では自己最高位となる西幕下2枚目まで昇進したものの3勝4敗と負け越した。その後も幕下上位にしばらく在位を続け、番付を東幕下3枚目の位置で迎えた

新十両

2011年9月場所において5勝2敗の好成績を挙げ、翌11月場所に新十両へ昇進した。漢字一文字の四股名を持つ力士としては、1997年11月場所新十両の嵐以来、14年ぶりの関取となった。<

新入幕

新十両となった2011年11月場所では、初日から8連勝で早々と勝ち越し、9日目に千代嵐の髷を掴んで反則負けを喫した以外は13日目まで白星を重ね、14日目の時点で初の十両優勝を決めた。

新十両での優勝は2008年11月場所の翔天狼以来のこととなった。東十両3枚目まで大きく番付を上げた翌2012年1月場所でも、7日目から8連勝して10勝5敗の好成績を挙げ、翌3月場所において新入幕を果たした。

漢字一文字の四股名を持つ力士としては、1990年9月場所に新入幕を果たした曙以来、2年ぶりの幕内力士となった。

十両へ陥落

その3月場所では3日目の若の里戦に両者合わせて10本の懸賞がかかるなど御当地力士としての人気ぶりを示したが、黒星を喫して、若の里に懸賞を勝ち取られる結果となった。

これも含めて初日から5連敗を喫するなどして5勝10敗と振るわず、翌5月場所に十両へ陥落した。

翌7月場所に再入幕を果たしたものの、その7月場所でも7勝8敗と負け越して、1場所で十両へ陥落した。翌9月場所では東十両筆頭の位置で、11勝4敗の好成績を挙げて優勝決定戦まで進出したが、優勝決定戦では常幸龍に敗れて優勝は逃した。

翌11月場所に3回目の入幕を果たし、9勝6敗の成績を挙げて幕内では自身初となる勝ち越しを決めた。以降は幕内に定着することとなる。

初の三賞となる敢闘賞を受賞した

2013年11月場所は11勝4敗の好成績を挙げ、幕内で初の二桁勝利を挙げるとともに、
初の三賞となる敢闘賞を受賞した。
翌2014年1月場所は西前頭2枚目で6勝9敗と負け越したが、大関・琴奨菊戦で初勝利。2014年5月場所は2日目から自身初となる9連勝を記録し、11勝4敗の好成績を挙げ、2度目の敢闘賞を受賞した。
翌7月場所は豪栄道と栃煌山が関脇を維持した上に安美錦と碧山が小結の地位を得た影響で、新三役を逃したが東前頭筆頭に据えられて最高位を半枚更新する。西前頭5枚目の地位で迎えた9月場所は新鋭の逸ノ城を破る活躍を見せた上で、10勝5敗の好成績を残した。

翌11月場所は新三役(西小結)。大阪府からの新三役(小結)は、2008年11月場所の豪栄道来戦後7人目。その11月場所では10日目に負け越しを確定させてしまったものの、11日目から4連勝するなど食い下がって場所を6勝9敗で終えた。

敢闘賞を受賞

2015年1月場所は中日の遠藤戦を除いて白星を全く得られず、1勝14敗と大不振であったものの、翌3月場所は8勝7敗の勝ち越しにあずかり、続く5月場所は11日目に勝ち越し10勝5敗の好成績。

9月場所は11勝4敗、11月場所は12勝3敗と連続して二桁勝利、敢闘賞を受賞。

平幕に陥落

2016年1月場所はおよそ1年ぶりの三役である東小結として迎えたが、横綱・大関陣相手に1勝5敗と力の差を見せつけられ、結局5勝10敗でまたも一場所で平幕に落ちることが確定した。

新関脇

3月場所は東前頭4枚目で迎えたが、初日から7連勝と好調を維持。そこから3連敗で優勝争いからは脱落したもののそこから白星を重ね、千秋楽での勝利を条件に自身5度目の敢闘賞候補に挙がったが琴勇輝に敗れ、10勝5敗の成績で敢闘賞は獲得できなかった。しかし3月場所は関脇、小結力士が全員負け越したため、続く5月場所では新関脇となった。

三役陥落

5月場所は2日目に照ノ富士、5日目に鶴竜に勝つなど序盤は好調だったが、7日目から8連敗と失速し、4勝11敗で三役陥落が決まった。

アドセンス広告



金星

7月場所も調子が上がらず5勝10敗だったが、9日目に優勝争いの一角にいた白鵬を破って金星を獲得した。
9月場所は7日目まで5勝2敗と出だしが良かったが中日から4連敗、そのまま千秋楽に黒星で7勝8敗。11月場所は弟弟子の錦木に部屋頭の座を譲ることとなった。2017年1月場所は西前頭3枚目の地位で土俵に上がり、この場所は日馬富士と鶴竜の2横綱と琴奨菊に勝利するなど好調であり、場所成績を8勝7敗として自身初の幕内上位での勝ち越しを手にした。

3月場所は場所前に右腕を負傷したが、4日目に白鵬から金星を挙げた。(白鵬は翌日から休場)

負け越し

この相撲でさらに右腕を痛め、初日から得意の右小手投げが全く使えない苦しい相撲が続いた。結局白鵬からの金星以外は勝ち星を挙げられず、9日目に負け越しが確定。しかし1勝9敗の状態から終盤に調子を戻し、最終的には5勝10敗とした。7月場所は腰の痛みにより振るわず、5日目にこの場所2勝しただけで休場した、不調の稀勢の里から金星を奪う以外は良い所が無く、4勝11敗の大敗に終わった。

8月6日の夏巡業本庄場所の支度部屋では「夏巡業は腰のケアを優先し、体調管理に注意しています。体調を整えて巡業の稽古に励みたいです。秋場所は是非とも勝ち越して、西の7枚目で迎えた9月場所は、11日目までに6勝5敗とするもそこから4連敗で6勝9敗と負け越し。

勝ち越し

およそ2年ぶりとなる幕内の二桁番付となった11月場所は、先場所とは対照的に10日目までに4勝6敗の成績から5連勝で勝ち越しを決めた。2018年1月場所は4勝11敗と精細を欠き、翌3月場所は2013年以降最も低い番付となる。東の14枚目まで落とした。場所前に足を痛めた影響から、初日、2日目と連勝したものの、取組後には顔をしかめ、花道では足を引き摺る仕草が見られた。しかし、足の痛みをきっかけに積極的に前に出る相撲を取ったことで白星が先行、11日目には勝ち越しを確定させた。

14日目まで優勝の可能性を残し、幕内の下位から優勝戦線を盛り上げた。千秋楽に勝てば自身5度目となる敢闘賞を受賞することが決まったが、同じく今場所好調だった魁聖に敗れて受賞はならなかった。敢闘賞こそ逃したものの、身体の状態が良くない中で8場所ぶりの二桁白星となる11勝を挙げた。

比嘉との婚約発表と年寄名跡『春日山』を取得

7月場所の番付発表の後、また比嘉との婚約が明らかにされた際に、勢が年寄名跡『春日山』を取得したことも明らかとなっている。なお、日本相撲協会の事業報告書によれば、春日山を取得した件は、2017年3月24日の理事会で決議されている。

2019年1月場所初日、輝との取組で右目の上に7針の傷を負う。すぐに縫合したが取組後、午後1時から2時まで出血が止まらなかった。ただ、この場所は9勝6敗と勝ち越している。3月場所前は左足のアキレス腱を痛め、さらに蜂窩織炎にも見舞われた。

負け越し

初日こそ松鳳山を一気の相撲で押し出したものの、場所中も蜂窩織炎の影響で40度の高熱を出すなど本調子とは程遠く、8連敗で9日目に負け越しを喫した。
この場所中、婚約者の比嘉とは比嘉がどん底の時に出会ったと語っている。
豊山を右差しからの寄りで退け、連敗を12で止めて2勝目を挙げた14日目には、「相撲を取っているだけでも不思議な状態」とこの場所での体調の悪さの程を語っている。結局自己ワーストタイの2勝13敗に終わり、6年半連続で務めた幕内から陥落することとなった。その後も体調が優れず9月場所は幕下陥落が見える西十両12枚目まで地位を下げた。

ところがこの場所は4日目から11連勝と好調で14日目に自身2度目の十両優勝を確定させた。優勝に際して「出られて相撲が取れるだけでありがたい」と蜂窩織炎からの回復を喜ぶコメントを残した。千秋楽は負けて、場所を12勝3敗で終えた。東十両3枚目の11月場所は、先場所の好調を維持し、初日から6連勝

中盤でやや失速したが千秋楽に天空海を叩き込んで、11勝4敗で終え、4人による優勝決定戦に出場した。だが、その天空海戦で額を切って大量に出血した影響で、1回戦で優勝した東龍に一気に寄り切られ、2場所連続の十両優勝を逃した。

比嘉 真美子のプロフィール

名前 比嘉 真美子((ひが まみこ)
生年月日 1993年10月11日(26歳)
身長  161 cm
体重 58 kg
出身地 沖縄県国頭郡本部町
最終学歴 沖縄県立本部高等学校卒業。
プロ転向  2012年=LPGA84期

比嘉 真美子の来歴

11歳からゴルフを始める。2008年「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」にアマチュアとして出場、翌2009年の同大会では通算3アンダーの12位タイでローアマチュアを獲得。高校2年となった2010年は「ネイバーズトロフィーチーム選手権」に日本代表として出場団体優勝は逃したものの個人では1位タイの成績を残した。同年8月「全国高等学校ゴルフ選権大会」では個人2位、

同月に行われた「日本ジュニアゴルフ選手権競技」(女子15-17歳の部)では、最終ラウンドにホールインワンを決めるなど、8打差から逆転優勝した。

この年は10月の「世界アマチュアチーム選手権」(ブエノスアイレス)、11月の「広州アジア大会」の女子代表に福田真未、堀奈津佳と共に選ばれた。

2011年「日本女子アマチュアゴルフ選手権」優勝。
前年に続いて「ネイバーズトロフィーチーム選手権」日本代表に選出。

2012年4月の「スタジオアリス女子オープン」では3位で最終日を迎え、申ジエ、佐伯三貴と最終組で回り、4打差の3位に入った。

6月の「日本女子アマチュアゴルフ選手権」で2連覇を達成、同大会2連覇はウェイ・ユンジェ(1998年、1999年)以来史上7人目であった。

同年7月の日本女子プロゴルフ協会(以下JLPGA)最終プロテストに進出し8位タイで合格、LPGA84期生となる。2013年4月の「ヤマハレディースオープン葛城」でJLPGAツアー初優勝。5月の「リゾートトラストレディス」で2勝目を挙げた。

同年8月、海外メジャー初出場となる「全英リコー女子オープン」で7位タイとなった。同年の年間獲得賞金ランキング(以下賞金ランク)は8位で自身初のシード入り、12月に発表されたLPGAアワードにおいて「新人賞」を受賞した。

2014年シーズンからジブラルタ生命保険所属。同年は賞金ランク45位でシード権を守ったが、2015年にスランプに陥り賞金獲得額は400万円にも満たず賞金ランク95位でシードを失った。

2016年にはシーズン後半に好成績を続けて、賞金ランク34位で2年ぶりにシード入りした。

2017年は所属フリーとなる。同年8月の「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」で、キム・ハヌルとのプレーオフの末4年ぶりのJLPGAツアー3勝目を挙げた。賞金ランク12位。

2018年JLPGAのプレーヤーズ委員会委員長に就任。
同年4月「KKT杯バンテリンレディスオープン」でJLPGAツアー4勝目。大会後の4月24日、マネジメント契約をしていた東洋ゴム工業(TOYO TIRE)と所属契約を結ぶ。

2018年8月「全英リコー女子オープン」において最終日3打差の4位スタートであったが、スコアを伸ばせず8打差の4位タイとなった。同年は自身初の1億円突破(¥109,969,185)で賞金ランクも自身最高位となる4位。

同年12月に発表されたLPGAアワードにおいて「特別賞」を受賞、受賞理由として「プレーヤーズ委員会委員長」「トップ10フィニッシュ最多18回」
「全英リコー女子オープン4位タイ」等があげられた。

2019年3月「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」でJLPGAツアー5勝目をあげる。

同年6月に開催された「全米女子オープン」では2日目まで単独首位、3日目を1打差の3位タイで最終日を迎えたが、スコアを3つ落とし3打差の5位タイとなった。
同年賞金ランク18位で4年連続のシード入りとなった。

アドセンス広告



まとめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。