八角親方の現役時代や部屋と四股名と離婚理由や 評判について

元横綱の北勝海関の八角親方は、
現役時代は千代の富士の弟弟子として同時代の横綱として大活躍していました。引退後も八角親方として及び日本相撲協会での仕事や後進の指導を熱心に行っています。

しかしながら、八角親方といえば、誰でも知っている現在の日本相撲協会の理事長を歴任しています。

ところが、2015年11月に
日本相撲協会の北の湖理事長が急逝された後に、その代わりとして、日本相撲協会の新理事長に就任し、一気に世間の注目を浴びる存在になりました。

この記事では、そんな北勝海(八角親方)の現役時代や、四股名の由来から離婚の理由等についてと評判のないようもをについて調べてみました。

アドセンス広告





八角親方(北勝海)の現役時代について

八角親方(北勝海)は、日本相撲協会の新理事長として
現在は、どの様な活躍や評判はどんなものなのかの説明をしていきたいと思います。

八角親方(北勝海)の、まずは小学生時代ですが、なんと!この頃から、現役時代の元横綱・北の富士から九重部屋への勧誘を受けていたというのなので驚きです。

北の富士の九重親方の九重部屋へ、中学卒業後、正式に入門します。

同期の力士には幕内で活躍した力士が多く、「花のサンパチ組」と呼ばれていました。

同期で出世した力士では、横綱・双羽黒がいます。

もっとも、総合的な実績では、「花のサンパチ組」のなかでは、八角親方がトップの成績を収めていました。

1983年、19歳で十両昇進、
同年9月に20歳で新入幕、
1985年から3役へ定着し、その後も好成績を取り続けるようになるなど順調に成長していきます。

その後、1987年横綱に昇進。1992年5月に引退するまでの成績は、幕内優勝8回を数えました。
得意技は押し、左四つ、なので寄りなどオーソドックスな型で基本に忠実なことがわかります。

特に、頭からの強い当たりがトレードマークでした。
現在の貴景勝関に似ているような気がします。

現役時代のライバルは、ひとつ年上の横綱・大乃国だったのです。

現役時代には、大乃国も双羽黒や横綱千代の富士の圧倒的な強さの中で
成績の影に隠れてしまった存在であることは否めませんね

八角親方(北勝海)の四股名の由来について

そして1986年3月には幕内初優勝、同年9月に大関に昇進します。ちなみに、八角親方(北勝海)の四股名は、初土俵から本名の「保志」で相撲をとり続けていましたが、大関昇進時に四股名を「北勝海」に改めています。

勝を「と」と読ませるのは一時違和感がありましたが、現在では違和感がなく受け入れられています。

北勝海の四股名の由来については情報がありませんでしたが筆者の勝手な解釈では八角親方の出身は北海道の漁師の家庭で育った関係で北勝海にしたのではないかと勝手に思っていますが如何でしょうか?

八角親方(北勝海)の離婚の理由につて

1990年2月18日に結婚しました。
結婚相手の女性は輝志子さんという女性で当時家事手伝いをしていた方なんだそうです。

部屋に出入りしているうちに自然と八角親方と仲良くなって結婚に至ったみたいですね。確かに横綱の力士は女性にとっては、大変魅力が有りますから、女性には惹かれても仕方ありません

八角親方(北勝海)が横綱を引退後、八角部屋を立ち上げると輝志子さんは
おかみさんとして部屋を切り盛りしていったそうです。

そんな中で二人の関係は突如終わってしまいます。
離婚したのは2003年のことです。

其の理由について調べてみると
自分の部屋の弟子との駆け落ちだったらしいです。
世話をしているうちに恋仲になってしまい禁断の恋に走ってしまったのです。こんなことはあまり考えられませんが、事実のようです。

アドセンス広告




八角親方(北勝海)の再婚について

八角親方は離婚したあと、2005年に再婚しています。
再婚相手の女性は八角親方よりも14歳も年下の美人な女性です。佐ノ山親方(千代大海)からの紹介が縁につながったようです。

現在の奥さんとの間には2人のお子さんもおられるようですが、残念ながら
お子さんの情報は公開していませんので申し訳ありません。
公開していない理由として考えられるのは、奥さんは有名人とかではなく、一般の女性の可能性もあります。

八角親方(北勝海)の評判は

八角親方の評判を調べてみたところ、元横綱・日馬富士による平幕・貴ノ岩への暴行問題での解決にあたっての発言に対して賛否両論の意見の相違でファンの皆さんに不安感を与えたこととが説明不足なのかよく理解できませんが評判を落としているのは確かのようです。
しかしながら、現在の大相撲を一手に取り仕切っている八角親方は立派に全体をまとめて居られます。

アドセンス広告




まとめ

今回は「八角親方の現役時代や部屋と四股名と離婚理由や 評判について」

の調べた内容を順をおって解説しました。

八角親方の現役時代は北の富士の九重親方の九重部屋へ、中学卒業後、正式に入門して同期の力士には幕内で活躍した力士が多く、「花のサンパチ組」と呼ばれていましたが1983年、19歳で十両昇進、同年9月に20歳で新入幕、
1985年から3役へ定着し、その後も好成績を取り続けるようになるなど順調に成長していきます。

現役時代のライバルは、ひとつ年上の横綱・大乃国だったのです。現役時代には、大乃国も双羽黒や横綱千代の富士の圧倒的な強さの中で、成績をあげたのですが同期の力士の影に隠れてしまったので、あまり目立たない存在だった様です。
四股名については大関昇進の時点で最初からの「保志」の四股名を「北勝海」の改名して現在に至っています。
結婚についてですが最初に結婚された「輝志子」さんですが1990年2月18日に結婚されて、2003年に離婚して現在は一般の女性と再婚されていますが
其の新しい奥さんには二人のお子さんがあるよです。最後の八角親方の評判ですがとかく悪く評価されている理由は、過去の日馬富士横綱が、平幕・貴ノ岩への暴行問題について適切な処理を行わなかったことについてネット上で評判になった様です。

最後目でお付き合い感謝です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。