大相撲の行司の給料がすごい!落下したらペナルティーがあるの?

相変わらず大相撲の熱戦が繰り広げられている昨今、力士の皆さんは、勝負の勝敗が重要です。そんな勝負を判断しているのは行司さんの裁定が重要になってきます。

それだけ大相撲の行司さんの責任が、力士の成績が左右されますので、行司さんの責任が重いのですが気になるのは、行司さんの給料は果たしてどのの位の?
給料をもらっているのか気になりますので解説したいと思い調べてみました。次に落下した場合のペナルティや行司さんが今日までどにょうにして、今日まで成長してきたのも気になりましたので、プロフィールを含めて解説しようと思います。これらの事を把握して大相撲を観戦すると大いに楽しめるのではないでしょうか?

広告

行司が生まれるまで

行司になるには、日本相撲協会から認められなければなれない仕組みになっています。

では、どのようにしたら認められるのかについて説明します。

行司になるには、相撲に興味をもって相撲で将来の希望えを持たなければならないのは、当然の事になります。日本相撲協会の定める規定によると義務教育修了で19歳までの男子です。(女子はなれません。)

義務教育が終了した時点では、将来まだ行司とか相撲の世界に進む決意は決まらない状態です。この頃の私生活環境の中で親族の人達や友人の中に相撲に興味を持っている方々の環境によって、進路が定まってくるようになるのが普通なのです。
そこで行司になる決心が定まると当然行司の世界に突入する為に先ず必要なことは相撲部屋に入門する必要があるのです。そして、相撲部屋で一定の期間の修行を行い人格が認められると初めて日本相撲協会の行司の入門試験や資格試験を受けられるようになるのです。

しかしながら行司に入門試験や資格試験を合格しても、定員は45名と決まっており、定年は65歳であることから、新規採用は毎年1人あるかどうかという狭き門なのです。

実際行司になると見習いから徐々に階級が上がる仕組みとなっており、若いうちは給料もとても低いものとなっています。
日本の国技である大相撲の世界ですが、行司になりたい人は年々減っているといわれます。

なぜ、減ってしまっているのかを考えてみると、見習いから徐々に進級するための努力は並大抵の努力を重ねなければなりませんが、最初の頃は給料も安い上に諸先輩の雑用の仕事などをこなし、人間的に成長する必要がありのですが、その他に相撲の歴史や勝敗の見極め、発声、相撲字の筆遣いなどを勉強しなければなりません。

このような苦労と経験をこなしてはじめて行司として認められるまでには相当の年月が必要になってきますので、ここまでの苦労に耐えられるのかを考えなければならないのです。

行司さんの給料は凄い!

行司の給料は、番付によって決まっています。

行司の位 給料の額
・序の口格 1万5000円から2万円未満
序二段格 2万円から2万9000円未満
三段目格 2万9000円から4万2000円未満
幕下格 4万2000円から10万円未満
十両格 10万円から20万円未満
幕内格 20万円から36万円未満
三役格 36万円から40万円未満
立行司(式守伊之助) 40万円から50万円未満

広告


月給は日本相撲教会から支払われます。・:1万5000円から2万円未満
この月給に諸手当や衣装代がつくというのが基本です。

幕下格以下のうちは、金銭的には非常に厳しい感じがするかもしれませんが、実際はこれとは別に行司には毎月手当が支払われています。

序ノ口格行司の初任給でも12万6千円がプラスされています。手当というのは行司の能力や成績、物価などの社会情勢に合わせて、日本相撲協会の理事長が決めるので、実際は公表されていませんが少なくとも「給料+12万6千円」は支払われるのです。故に「一般他企業に比べて遜色ない」と説明されています。

手当については公表されておらず、詳しいことはわかりません。

行司さんの行動とは?

  • 行司の主となるの仕事は、土俵上で相撲の取組をスムーズに進行させることです。
    仕切りが制限時間いっぱいになれば「時間です」
    組み合った両力士の動きが止まった時には「発気よい」
    力士が技をかけても勝負がついていない時には「残った」
    などの声をかけます。

勝負がつくと勝った力士に軍配を挙げますが、行司は進行役なので勝敗を決める最終権限はありません。勝負の行方が微妙な時は物言いがついて審判員が協議し、判定がくつがえることもあります。

他にも、「土俵入りの先導役や翌日の取り組みの紹介」
「決まり手や懸賞金の場内アナウンス」
「相撲字で番付表を書くこと」
「勝負結果の記録」
「地方巡業の事前交渉や巡業中の補佐役」など

大相撲の本場所や地方巡業で裏方としても忙しく働いています。

そして行司には力士同様に番付(格)があります。有名なのは立行司(たてぎょうじ)と呼ばれる二人の行司で、最高位は「木村伊之助」、と名乗ることが義務付けられています。最高位の木村伊之助は、結びの一番のみをさばきます。

その際、短刀を腰に差していますが、差し違えたら切腹する覚悟で臨むという意味が込められているそうですが実際にはそのの様な行為は存在しません。

要するに、命をかけて勝敗を見定めるという意味が含まれているのです。

軍配の房と胸元の菊綴じの色が行司の格を表していますが、最高位の木村伊之助は総紫、次位の伊之助は紫白と決められています。
行事の格に応じて身に着けるものや色などが細かく指定されているのです。

幕下以下の行司は、直垂(ひたたれ)と呼ばれる装束も木綿なので、足も素足で冬などは寒そうです。行司の位があがるにしたがって、直垂に刺繍が施された美しいものになっていくのです。

行司のペナルティについて

行司のペナルティとは簡単にいうと行司に課せられる罰則のことを言います
「差し違い」をした行司のペナルティーとして扱われます。

立行司(大相撲における行司の最高位)は「差し違い」をするごとに
理事長に進退伺を提出する規約に定められています。

幕下格の行司は年間9回、十両以上の行司は年間6回の「差し違い」をするとランクが一つ下ってしまう規約があります。

その後の一年間の成績が良ければ元の地位に戻れるのですがその徹底した実績主義に、行司の地位が絶対ではないことが如実に物語られているといえるのかも知れません。

まとめ

行司になりたい人が最初にすることは、どこかの相撲部屋に入ることが必須である。行司になるには、どこかの相撲部屋から推薦され、日本相撲協会の審査を経る必要があります。
行司になると相撲の歴史や勝敗の見極め、発声、相撲字の筆遣いなどを勉強しなければなりません。初土俵を飾り、序の口格から順番に昇格していきますが一般の力士と同じで十両格になれば、一人前とされ、特典として付け人をつけることが許されます。

広告

月給は日本相撲教会から支払われます。
・序の口格:1万5000円から2万円未満
・序二段格:2万円から2万9000円未満
・三段目格:2万9000円から4万2000円未満
・幕下格:4万2000円から10万円未満
・十両格:10万円から20万円未満
・幕内格:20万円から36万円未満
・三役格:36万円から40万円未満
・立行司(式守伊之助):40万円から50万円未満です。
行司の主となるの仕事は、土俵上で相撲の取組をスムーズに進行させることです。仕切りが制限時間いっぱいになれば「時間です」、
組み合った両力士の動きが止まった時には「発気よい」、
力士が技をかけても勝負がついていない時には「残った」などの声をかけます。

行司のペナルティとは簡単にいうと行司に課せられる罰則のことを言います
「差し違い」をした行司のペナルティーとして扱われます。

立行司(大相撲における行司の最高位)は「差し違い」をするごとに
理事長に進退伺を提出する規約に定められています。
如何でしたでしょうか?行司になるには一定の過程をクリアーして昇格する努力が必要とされていますが、結果最高位迄昇格すると一般の報酬以上の物凄い報酬を獲得でき様になってきますので努力が報われたことになるのです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。