番付

東関部屋の読み方と親方の元潮丸関とは?

大相撲も令和に突入して

益々盛況を極めており

大入り満員の状況を呈しており

大相撲ファンは大喜びの様子です。

今回は、大相撲を盛り上げている

東関部屋には人気力士の高見盛関も

居られますので人気部屋の一部かと思われます。

これらの、各相撲部屋の中から

東関部屋について調べてみました。

アドセンス広告



 

東関部屋の読み方とコメント

とうかんへやではありません

正式な読み方は

「あずまぜきべや」が正しい読み方です。

 

初代のころは「あずまがせき」とも呼ばれたと

言われ呼ばれていましたが、

番付では「東ヶ関」と「ヶ」の字が入れられていました。

あくまでも年寄名跡であり、

歴史をさかのぼっても「東関」という名の

四股名を持った力士は存在しません。

親方の好きな言葉

「ONE FOR ALL ALL FOR ONE」

~ひとりはみんなの為に、みんなはひとりの為に~ 

の精神で毎日を過ごすことで、

思いやりや感謝の心を養っている様です。

素晴らしい言葉ではないでしょうか?

この立派な言葉を守って少しでも多くの

上位力士の誕生に期待しましょう!

 

東関部屋の幕内力士の紹介

師匠東関 大五郎 (あずまぜき)

<委員>

アドセンス広告



しこ名 前頭十枚目 潮丸 (うしおまる)

本名 佐野 元泰

生年月日 昭和53年5月11日生

出身地 静岡県

生涯戦歴 482勝448敗51休

受賞歴 優勝0回/殊勲賞0回/敢闘賞0回/技能賞0回

年寄

年寄 振分 精彦 (ふりわけ)

<委員>

しこ名 小結 高見盛 (たかみさかり)
本名 加藤 精彦
生年月日 昭和51年5月12日生
出身地 青森県
生涯戦歴 563勝564敗46休

受賞歴 優勝0回/殊勲賞1回/敢闘賞2回/技能賞2回

<参与>

大山 進

しこ名 前頭二枚目 大飛 (だいひ)本名 小椋 進

生年月日 昭和27年10月16日生

出身地 愛知県

生涯戦歴 468勝468敗5休

受賞歴 優勝0回/殊勲賞0回/敢闘賞0回/技能賞0回

幕下力士

東幕下五十一枚目 白虎(びゃっこ)

 

四股名:美登桜 重貴(みとざくら)

生年月日:平成4年4月16日
出身地:長崎県五島市
血液型:O

 

四股名:華王錦 武志(かおうにしき)

生年月日:昭和53年9月14日
出身地:秋田県仙北郡
血液型:A

0619azumazeki_staff_027

四股名:高見劉 薫則(たかみりゅう)

生年月日:昭和61年1月6日
出身地:新潟県
血液型:O

  • 0619azumazeki_staff_009
    四股名:駿河富士 稜亮(するがふじ)

    生年月日:平成11年3月20日
    出身地:静岡県
    血液型:B

    0619azumazeki_staff_053

    四股名:富士寿 寿幸(ふじひさし)

    生年月日:平成8年10月13日
    出身地:愛知県一宮市
    血液型:A

    0619azumazeki_staff_013

    四股名:札野 大海(ふだの)

    生年月日:平成3年8月24日
    出身地:神奈川県
    血液型:O

    0619azumazeki_staff_013

    四股名:和田 龍生

    生年月日: 平成12年6月22日
    出身地:青森県青森市
    血液型:A型

    0619azumazeki_staff_057

    四股名:松岡 裕輔

    生年月日:平成13年11月10日
    出身地:長野県上田市
    血液型:A

  • 0619azumazeki_staff_057
    四股名:大天馬 明 (だいてんま あきら)

    生年月日:平成12年 1月9日
    出身地:モンゴル ウランバートル

まとめ

今回は、東関部屋の読み方と親方の元潮丸関について
調べた結果を掲載いたしました。

如何でしたでしょうか?

現在の東関部屋には、過去の人気力士であった

高見盛関も参加されており

これから師匠の教えに従って

少しでも多くの人気力士や

上位に進出される力士が

育ってくれることに期待しましょう!
アドセンス広告




大相撲の行司 なるには!行司の意味や行司の仕事と行司給料を解説

大相撲を観戦していると、

大相撲の土俵上の花形とも言える行司さんは、一見素晴らしいと

思いますが、現実的には、非常に厳しいい世界なのです。

今回は、行司 なるには

行司の意味や

行司の仕事の内容についてと

行司給料を解説ししてまいります。

行司の意味とは

行司とは大相撲の土俵に上がった力士の

競技の進行役を務めるのが目的ですが

両方の力士が土俵に上がってから勝負が

終了するまでの進行役です。

しかしながら、勝負の最終決定権はありません。

実際の勝敗の決定権は審査員によって決定されるのですが

こんな状態は非常にまれにあります。

この、まれな状態とは、勝負の判定が難しい時に発生します。

競技が終了し、行司が勝敗を判定した時に

審判員が「まった」と称して勝負の行方を最終判断をして

勝敗の経過をマイクによって説明し勝敗を決定するのです。

スポンサードリンク




 

この場合、行司の勝敗が間違っていた場合には

行司の差し違えになるのです。

差し違えをした行司には一定の汚点が課せられます。

この様にならない様に行司の

勝ち力士出場の東又は西に軍配を明白にして

差し上げることによって、勝負の決定を示し、

両力士立礼の後、勝ち力士に勝ち名乗りを与えて

競技の終了を示すことになるのです。

 

 

行司になるには

行司になる条件などを解説します。

義務教育修了で19歳までの男子と定められています。

伝統的に行司は男性に限られ、女性はなれません。

 

入門試験や資格試験はありませんが、

まず、どこかの相撲部屋から推薦してもらい、

日本相撲協会の審査を経る必要があります。

そのため、行司になりたい人が最初にすることは、

どこかの相撲部屋に入ることが必須なのです。

しかし、行司の新規採用は1年に1人あるかどうかという狭き門です。

この様な狭き門を突破して、行司の新規採用が決まってからが、

大変な仕事を消化しなければならないのです。

 

相撲部屋に入ると3年間は養成期間になります。

相撲部屋の若い力士たちと雑用をこなしながら、

相撲の歴史や勝敗の見極め、

発声、相撲字の筆遣いなどを勉強しなければならないのです。

その他に、同時に初土俵を飾りつけなども

消化しなければならないのです。

以上のような細かい仕事を消化して

序の口格から順番に昇格していきます。

スポンサードリンク




 

力士と同じで十両格になれば一人前とみなされ、

付け人をつけることも許されます。

 

しかしながら、行司として認められても

行司として昇格してゆくには長い年月がかかります。

ですから、大相撲を愛して地道に進めるほんのわずかな人しか

成れないのが、現状なのです。

 

大相撲 行司の仕事は

行司の主となる仕事はの内容は、

土俵上において相撲の取組を

スムーズに進行させることです。

 

仕切りが制限時間いっぱいになれば「時間です」

組み合った両力士の動きが止まった時には「発気よい」

力士が技をかけても勝負がついていない時には「残った」などの
声をかけ相撲の意気を促します。

 

勝負がついたと判断した時には

勝った力士に軍配を挙げるのですが、

行司の仕事は、勝負の進行役なので

勝敗を決める最終権限はありません。

勝負の行方が微妙な時には

「物言い」と言った状態になった時に

土俵の外に控えている審判員が協議し、

判定が覆ることもあります。

その場合には、主審判員がマイクで

勝負の経過と結果を公表して勝負の行方が決定するのです。

 

他にも、

・土俵入りの先導役や翌日の取り組みの紹介

・決まり手や懸賞金の場内アナウンス

・準備作業としては、相撲字で番付表を書くこと

・勝負結果の記録

・地方巡業の事前交渉や巡業中の補佐役

など大相撲の本場所や地方巡業で裏方としても

忙しく働かなくてはなりません。
参照 大相撲の行司 なるには!行司の意味や行司の仕事と行司給料を解説
 

大相撲 行司 一覧

行司名 (かな読み)  本名 格付  所属部屋
式守 伊之助 (しきもり いのすけ)  今岡 英樹  立行司 高田川
木村 玉治郎 (きむら たまじろう)  武田 雅史  三役行司  立浪
木村 容堂 (きむら ようどう)  洞澤 裕司  三役行司  九重
木村 庄太郎 (きむら しょうたろう)  森田 善光  三役行司 春日野
木村 晃之助 (きむら こうのすけ)  小島 俊明 三役行司  九重
木村 寿之介 (きむら ひさのすけ)  波田 寿和  幕内行司  友綱
式守 勘太夫 (しきもり かんだゆう)  菊池 浩  幕内行司  宮城野
木村 元基 (きむら もとき)  岡村 浩道  幕内行司  湊
木村 秋治郎 (きむら あきじろう)  中沢 繁広  幕内行司 春日野
式守 錦太夫 (しきもり きんだゆう)  押田 裕光 幕内行司 二所ノ関
木村 銀治郎 (きむら ぎんじろう) 糸井 紀行  幕内行司  峰崎
木村 要之助 (きむら ようのすけ)  奥野 真志  幕内行司 東関
式守 鬼一郎 (しきもり きいちろう)  和智 修  幕内行司  追手風
木村 朝之助 (きむら あさのすけ)  石田 勝也  十両行司  高砂
木村 隆男 (きむら たかお)  重山 慶一郎 十両行司  田子ノ浦
木村 光之助 (きむら みつのすけ)  川原 誠  十両行司  峰崎
木村 行宏 (きむら ゆきひろ) 福永 幸敏   十両行司 玉ノ井
式守 慎之助 (しきもり しんのすけ)  水谷 洋二  十両行司 二所ノ関
木村 吉二郎 (きむら きちじろう)  西野 昌宏 十両行司  芝田山
木村 勘九郎 (きむら かんくろう)  中村 佳己 十両行司  山響
木村 千鷲 (きむら ちしゅう) 小林 亮太   十両行司 出羽海
木村 善之輔 (きむら ぜんのすけ)  木村 誠  十両行司  春日野
木村 亮輔 (きむら りょうすけ)  宮坂 亮輔  幕下行司 八角
木村 秀朗 (きむら ひであき) 森安 朗   幕下行司 千賀ノ浦
式守 一輝 (しきもり かずき) 笹井 一輝   幕下行司 荒汐
木村 悟志 (きむら さとし)  前田 悟志  幕下行司 高砂
木村 隆之助 (きむら たかのすけ)  石丸 悟  幕下行司 田子ノ浦
式守 友和 (しきもり ともかず) 新家 宏昌   幕下行司  友綱
式守 輝乃典 (しきもり きのすけ)  池上 和輝  幕下行司  佐渡ヶ嶽
式守 志豊 (しきもり しほう)  福田 仁志  幕下行司 佐渡ヶ嶽
木村 一馬 (きむら かずま)  岡田 一馬  幕下行司  峰崎
木村 錦太郎 (きむら きんたろう)  松永 颯  三段目行司  錦戸
式守 正一郎 (しきもり せいいちろう)  福田 陸斗  三段目行司  伊勢ヶ濱
木村 桜乃助 (きむら さくらのすけ)  栗原 将之介  三段目行司  式秀
式守 誠輔 (しきもり せいすけ)  齋川 幸志  序二段行司 宮城野
式守 辰之助 (しきもり たつのすけ)  水谷 恵輔  序二段行司  高田川
式守 海之助 (しきもり かいのすけ)  齊田 海斗  序二段行司  伊勢ノ海
木村 成将 (きむら なりまさ)  田島 成将  序ノ口行司 入間川
式守 友太郎 (しきもり ともたろう)  松本 海斗 序ノ口行司 友綱
木村 啓太郎 (きむら けいたろう)  秋葉 啓汰 序ノ口行司   武蔵川
木村 龍之助 (きむら りゅうのすけ)  梶田 晴人  序ノ口行司  九重
木村 俊太 (きむら しゅんた)  宇都木 俊太  序ノ口行司  錣山
木村 俊太 (きむら しゅんた)  津川 公輝 序ノ口行司  西岩
式守 昂明 (しきもり こうめい)  橋本 昂明  序ノ口行司  鳴戸
式守 衆侯 (しきもり ともきみ) 宮古 衆侯 序ノ口行司   時津風

行司の給料・年収は

行司の給料は、番付によって決まっています。

給料は日本相撲協会より支給されます。

 

月給の基本金額の一覧です。

・序の口格:1万5000円から2万円未満
・序二段格:2万円から2万9000円未満
・三段目格:2万9000円から4万2000円未満
・幕下格:4万2000円から10万円未満
・十両格:10万円から20万円未満
・幕内格:20万円から36万円未満
・三役格:36万円から40万円未満
・立行司:40万円から50万円未満です。

この月給にの他に諸手当や衣装代がつくというのが基本です。

手当については公表されておらず、詳しいことはわかりませんが、
昇格後も他企業と遜色ない年収が保証されているとみられています。

 

 

 

 


大相撲の番付一覧!ランクや順番について分かり易く解説しています。

大相撲を観戦していると、横綱や大関といった「番付」があるのをご存知ですか?
実際、ランクや順番がどうなってるのかご存知でしょうか?

「あんまり、たくさんあり過ぎてよく分からない…」と思っている方もおられるしょう。

そこでこの記事では、大関の番付一覧をまとめてみると共に、
番付のランク、順番についてもご紹介していきます!




大相撲の番付のランクはどのような仕組みについて解説!

大相撲の番付の一覧

・横綱
・大関
・関脇
・小結
・前頭(平幕)
・十両

・幕下
・三段目
・序二段
・序ノ口

このうち、十両から上の番付を「関取」と言います。

力士として一人前になった事を表します。

一方、幕下から下の番付を「力士養成員」と呼ばれており、
力士としてはまだ半人前であある事を表しています。

力士養成員とは、関取と異なり、
部屋の雑用や上位の関取達や親方の世話をする
必要があったり、雑用もしなければ、なりません。

そして、給料はもらえず、わずかな手当が支給されるだけで、
おまけに結婚が出来ないなど、待遇において
関取と大きく差が付けられているのです。

横綱〜前頭(平幕)の番付を「幕内」と呼ぶのですが、

基本的には、テレビの大相撲中継で報道されるのは、
この幕内力士だけとなっています。

幕内力士の人数は42人とあらかじめ決まっており、

このうち、大関、関脇、小結の3つの番付を

まとめて「三役」と呼ぶこともあります。

横綱は番付の最高位!昇進するための基準について

大相撲の番付の中で、最もランクが高いのがこの横綱なのです!

2019年5月現在では、
白鵬、、鶴竜の2人が横綱を務めてますね。

横綱に昇進する条件ですが、
大関で2場所連続で優勝するか、
あるいはそれに準ずる成績を挙げる必要があります。

現在の横綱では、
白鵬が2場所連続で優勝しましたが、

鶴竜は2場所連続で14勝1敗の成績を収めたため、
「優勝に準ずる成績」ということで横綱に昇進しているのです。

大関は東西に1人ずついる必要があるの?

大関ですが、上の横綱の制度が始まる前までは
番付の中で最もランクが上にあたる地位でした。

現在は、高安、豪栄道、の2人が
この大関の地位を務められています。

大関は東西に1名ずつ、合計2名はいる必要があり
もし大関不在の場合は、横綱が「横綱大関」として、
その地位を兼ねる仕組みになっています。

関脇の地位を守るのは、大変な理由とは?

関脇を目指す全ての力士が1度は昇進するのがこの関脇です。

関脇は、序盤で横綱や大関の力士との取り組みが
行われる事が多いので、横綱や大関の力士等から
勝ち星を重ねなければならないのです。

その一方で、はじめて関脇に昇進した力士が、
連日の様に、横綱や大関との対戦によって負け続け、
黒星が続いてしまうということもしばしばです。

関脇は横綱、大関以上に、
地位を維持するのが対戦な番付なのです。

小結に昇進すると「三役経験者」になれる!

小結は大関、関脇と並ぶ「三役」に当たる番付ですので、

通常の幕内力士とはその待遇が大きく変わってきます。

引退した力士の肩書「元幕内」と「元小結」の間には

非常に大きな差があると言っても過言ではありません。

その一方で、小結も関脇と同様、

横綱や大関との取り組みが組まれる事が多いので、

番付を維持するのがかなり大変な一面でももあります。

前頭(平幕)の定員について。横綱を倒すと!?

横綱、大関、関脇、小結以外の幕内力士の事を指すのが
前頭(平幕)です。

「平幕」という言葉ですが、
「役についていない幕内力士」という意味があり、

横綱および三役に該当しない者を言います。

幕内力士の定員は42人と決まっているのですが、
この数字から横綱〜小結力士の数を差し引いた数が
その場所での前頭(平幕)力士の定員となります。

なお、前頭(平幕)力士が横綱に勝つことを「金星」と呼び、
その場所で貰えるお給料が加算され、多くなってきます。

十両になると力士として一人前!成績の特徴とは?

幕下力士が十両になると
「力士として一人前」と見なされるようになり

十両の定員は、東西あわせて28名となっているのですが、

ランクが上になると、平幕下位の力士との間で

取り組みが組まれるようになります。

また、2〜3場所以上の休場が続いた平幕力士は

十両(や幕下)に陥落する事になるのですが、

こうした力士の多くが十両で優勝する傾向にあります。

このため、十両力士の実力はそれほど差がないため、

優勝力士でも、15〜14勝する事はめったになく、

最終的な成績が11〜12勝で終わる事も珍しくないのです。

幕下は人数が多いが、その待遇の違いは?

幕下は東西60人ずつ、計120名がいる番付であり、

これに加えアマチュア相撲で優秀な成績をおさめた
「幕下付け出し」の力士もここに含まれます。

幕下力士120名、60枚目の中でもランクや特典があり、
幕下25枚目からは氏名が星取表に記載されるように。

さらに、15枚目以降は「幕下上位」と呼ばれ、

成績次第で十両に昇進して関脇になれる可能性もあるのです。

幕下力士は力士養成員である以上、

部屋の雑用などを行う必要があるのですが、
十両への昇進が見込まれる力士の場合、

雑用を免除され、稽古に専念できる場合もあります。

120名以上が属する「幕下」という番付ですが、

その待遇は、実力によって大きく変わってきます。

三段目は一人前になるための通過点!

三段目は東西100人ずつ、合計200人もいる番付です。

三段目は、序ノ口や序二段とは違って、

三段目になると稽古内容もハードになり、

今後、関取になれそうか否かが判断され始めます。

三段目になるには一層の稽古や努力が必要です。

取り組み数は7回のみなので、この全てで勝利すると

無条件で幕下への昇進が可能になるのも特徴です。

ちなみに三段目の力士は200名もいるために、

全勝する力士の数は何人もいるケースがあります

ライバルに負けないように頑張りましょう!

200人もいる序二段の取り組みに全て勝利したら?

三段目への昇級が待っています!

序ノ口力士が勝ち越すと昇進できる番付が序二段です。

三段目などと異なり人数は決まっていないのが特徴で、

ここ最近では東西で100枚、合計200名ほどの力士がいます。

序二段も三段目と同じく取り組み数は7回のみで、

この全てに勝つと無条件で三段目への昇進が可能です。

三段目へ昇級するには、稽古と訓練の努力で決まってしまうのです。




まずは序ノ口から!昇進基準は序二段と同じなの?

大相撲の番付で、最もランクが低い番付が序ノ口です。

定員は序二段などと同じく決まっていないけれど、

人数は序二段の3分の1から4分の1程度であり、

他の番付と比べ、かなり少ないのが特徴です。

序ノ口の取り組み数も序二段などと同じく7日なので、

基本的には4回勝てば序二段へ昇進が可能なのです。

まとめ

今回は、大相撲の番付一覧というテーマで、
その順番などをなるべく分かりやすく解説しました。

・横綱
・大関
・関脇
・小結
・前頭(平幕)
・十両

・幕下
・三段目
・序二段
・序ノ口

基本的には、この順序で覚えて置くようにしましょう!!


貴景勝の大関昇進が決定 史上6位のスピード昇進!口上は

 

大相撲の春場所が「大盛況」の中閉幕しました。

大相撲ファンの皆さんは、春場所の余韻につかっている中

新大関の誕生に期待が高まったのも、久し振りの新大関誕生

嬉しいニュースに期待したファンが大勢おられたと思います。

今回は、貴景勝が大関昇進した内容を調べてみました。

貴景勝大関昇進の経緯

日本相撲協会は27日、大阪市内で臨時理事会を開き、
大相撲春場所で10勝を挙げた

関脇・貴景勝(22)の大関昇進を承認されました。

貴景勝は、日本相撲協会の大関昇進の規定により

大関昇進の目安とされる33勝を上回ったために

大関昇進を満場一致で決定しました。




貴景勝の大関昇進の口上は

貴景勝の口上は、

「大関の名に恥じぬよう、武士道精神を重んじ、
感謝の気持ちと思いやりを忘れず、相撲道に精進してまいります」

との口上を述べました。

貴景勝の口上の動画
大関昇進 貴景勝 口上は「武士道精神重んじ」 _ NHKニュース

貴景勝の大関昇進の口上を決めるまでの経緯

口上について26日に貴景勝は、
過去に大関昇進した力士たちの伝達式の映像も参考のために

見たことを明かしていた。

「勉強というか、興味があって見ました。

琴奨菊関の『万里一空』はどういう意味か調べて、

いい言葉だなと」。

「(緊張するかは)その場所になってみないと分からないけど、

ありがたい事でもある。

しっかりと自分の思いというものを言いたい」と話した。

貴景勝はやはり、新大関に昇進することについて

随分緊張しているらしく、改めて感じたことは

相当な勉強家であることが判りました。

これからも、この気持ちを大切にして、

新大関から大大関に成長して、大相撲ファンを楽しませてください!

新大関の誕生の歴史

新大関の誕生は、
昨年夏場所後の栃ノ心以来の出来事です。

初土俵から大関までにかけた28場所は、

年6場所となった1958年以降デビューの力士
(幕下付け出しを除く)では史上6位のスピード昇進である。

余談ですが、栃ノ心関は、力持ちを最大の武器として

活躍してきた力士ですが、怪我の影響で一時は

不振に陥り、幕下迄降格した時期がありましたが

努力を重ね、大関まで昇進した関取です。

今回の貴景勝も新大関に昇進するまでの努力は

並大抵の努力を重ね、遂に、大関に昇進した事は

大相撲ファンにとっては、大変うれしい事ですが

益々精進して、怪我に気を付けて新横綱に昇進して

大相撲の発展に貢献して頂きたく期待します。

貴景勝の特殊な生立ちについて

貴景勝の身長は175センチです。

平成に誕生した大関の中で初の170センチ台の新横関誕生。

平成最後の本場所で、個性派の日本人大関が誕生した事になります。

新しい元号で初めての場所となる夏場所が

(5月12日初日。両国国技館)で新大関として臨むことになるのですが

大相撲の檜舞台ともいえる両国国技館での初舞台には

絶大な応援が期待されます。

貴景勝が大関に昇進すると待遇は

▽月給 250万円で三役から70万円アップします。

ちなみに、横綱は300万円ですので50万円の差額は

決して、比較に成りませんが、近い将来には

貴景勝の横綱に昇進できると確信しています。

併し乍ら、 2場所連続の負け越した場合には

関脇に陥落してしまう規定がありますが

落ちた場所で10勝以上すれば大関に復帰できるのです。

新大関貴景勝の待遇は

①年3回の東京場所は自家用車で
両国国技館の地下駐車場まで入れる。

この規約は部屋から直接会場に移動できるので

一般のファンの皆さんとのお付き合いのわづらしさから解放され

勝負に専念できるのです。

②移動時も飛行機はファーストクラスで新幹線はグリーン車を利用。

各種の交通機関を利用する場合、最高の特典で利用できるは

安心してゆったりとした体調を維持することが出来ます。




貴景勝のプロフィール

▼四股名 貴 景勝 光信(たかけいしょう みつのぶ)
生まれ 1996年8月5日、兵庫・芦屋市。22歳
▼本名 佐藤貴信。

四股名の名前は元横綱・貴乃花と戦国武将の織田信長から1字ずつ
取られた様です。

▼出身校 兵庫の名門・仁川学院小、報徳学園中を経て埼玉栄高へ

▼所属 千賀ノ浦部屋。初土俵は旧貴乃花部屋で2014年秋場所

▼しこ名 戦国武将の上杉謙信の家督を継いだ上杉景勝が由来

▼スーパー中学生 中学時代は強すぎて稽古相手がおらず、
宇良のいた関学大に出稽古していたことが記録に残っています。

▼好物 1日10個のゆで卵を食べる。
「安価にたんぱく質を摂取できる。
筋力を落とさないために食べると落ち着く」

▼趣味 昼寝
▼得意技 突き、押し

▼ライバル 幕内・阿武咲(阿武松)。
中3だった11年、全国中学校相撲選手権決勝で対戦。
貴景勝が勝利して中学横綱に

両親も晴れ姿見守る

大相撲の貴景勝(22)の大関昇進伝達式が27日、
大阪市内のホテルで、

両親も一人息子の晴れ姿を見守った。

父の佐藤一哉さん(57)は

「(貴景勝は)ずっと向上心を持ってやってきた。
トンビがタカを生むということわざをひしひしと感じている」。

 

母純子さん(52)は「かっこよかったですね。
私の子どもが大関になるとは夢にも思わなかった。
今でも信じられない。夢の中の映像を見ているようです」と笑顔で話した。

貴景勝の大関昇進が決定 史上6位のスピード昇進!口上はのまとめ

貴景勝大関昇進の経緯
貴景勝の大関昇進の口上は
貴景勝の大関昇進の口上を決めるまでの経緯
新大関の誕生の歴史
貴景勝の特殊な生立ちについて
貴景勝が大関に昇進すると待遇は
新大関貴景勝の待遇は
貴景勝のプロフィール
両親も晴れ姿見守る

以上のような記事を掲載しました。
如何でしたでしょうか
貴景勝関が少しでも早く横綱に昇進できることを期待しています。


大相撲の番付一覧!種類はいくつあるの・三役とは?

大相撲ファンの皆さん、突然ですが
おおすもうの番付についてどの位ご存知ですか?
大体の事は把握していても、完全に理解して
大相撲を観戦すると、楽しく観戦できるのかも知れません。
今回は、少しでも大相撲観戦を楽しむのに
大相撲の番付について、調べてみました。

あなたは番付(「横綱」とか「大関」とかです)をご存知ですか?

私ですか?

ちょっと待ってくださいよ…

上から順に「横綱」「大関」「小結」「前頭」…あとは「十両」しかわからないや…

ということで調べてみました!




番付ってなに?

そもそも、「番付」とは力士の階級が決められた一覧の事です。

・番付は全部で10種類存在しています。

上から順に、
1、横綱(よこづな)
2、大関(おおぜき)
3、関脇(せきわけ)
4、小結(こむすび)
5、前頭(まえがしら)
6、十両(じゅうりょう)《正式名称は十枚目(じゅうまいめ)》
7、幕下(まくした)
8、三段目(さんだんめ)
9、序二段(じょにだん)
10、序ノロ(じょのくち)

以上の様に10段階に決められているのです。

「関取」と「力士養成員」の違いは?

力士は大きく「関取」と「力士養成員(別名・取的(とりてき))」に分けられています。

「関取」は、横綱から十両までの事なのです。

ですから、
幕下以下は「力士養成員」と呼ばれており
一人前の力士としては扱われないのが現状です。

故に、力士養成員は、正式な給料は貰えないので、
関取や親方の付き人をしながら、生活をしているのです。

すなわち、縁の下の力持的な存在なのです。

力士養成員は、力士として認められていません。

「幕内力士」について

「関取」のうち、「前頭」より上を「幕内」と言うのですが

ニュースなどでよく聞く優勝力士とは、
この幕内の中での成績最優秀力士のことです。

「三役」とは?

・大関
・関脇
・小結
の事をまとめて表しています。

 

幕内力士のうち、横綱と三役を除いた者が
(=前頭)のことを平幕力士とも言います。

番付 横綱 大関 関脇 小結 前頭  十両  幕下

三段目 序二段 序ノロ
関取 力士養成員(取的)
幕内
三役 平幕

編集後記

番付は10種類存在しています。




力士は大きく「幕内」と「力士養成員」に分けられているのでした。

以上、『相撲の番付について!番付は全部で何種類?
三役ってなんのこと?』について解説しました。


大相撲の番付一覧!ランクや順番について解説

大相撲には、横綱や大関といった「番付」があります。
その他に、ランクや順番がどうなってるのかについて解説します。

そこでこの記事では、大関の番付一覧をまとめてみると共に、
番付のランク、順番についても解説します!




大相撲の番付のランクはどのような仕組みなのか?

大相撲の番付の一覧を見てみましょう。

上から順番に、以下の通りになります。

・横綱
・大関
・関脇
・小結
・前頭(平幕)
・十両
ココまでを関取と言います。
(関取になると一人前の力士となります)

・幕下
・三段目
・序二段
・序ノ口
幕下から下の番付を「力士養成員」と呼ばれており、
力士としてはまだ半人前であある事を表します。

一方、幕下から下の番付を「力士養成員」と呼ばれており、
力士としてはまだ半人前である事を表しています。

力士養成員は関取と異なり、部屋の雑用や
関取や親方の世話をする必要があったり、
給料はもらえず、わずかな手当が支給されるだけなのですが、
おまけに結婚が出来ない(!)等の、
待遇において関取と大きく差が付けられています。

給料も貰えず、わずかな手当では、可哀そうですが
実際には、部屋で生活するので食費その他の雑費等は
殆ど必要が無いのです。

また、横綱〜前頭(平幕)の番付を「幕内」と呼ぶのですが、
基本的にテレビの大相撲中継で報道されるのは、
この幕内力士のみとなっています。

幕内力士の人数は42人とあらかじめ決まっており、
このうち、大関、関脇、小結の3つの番付を
まとめて「三役」と呼んでいます。

大相撲番付最高位の横綱はに昇進するための基準とは?

大相撲の番付の中で、最もランクが高いのが「横綱」です。

2016年6月現在では、
白鵬、日馬富士、鶴竜の3人が横綱を務めてます。

横綱に昇進する条件は、
大関で2場所連続で優勝するか、
あるいはそれに準ずる成績を挙げる必要があります。




現在の横綱では、
白鵬と日馬富士は2場所連続で優勝しましたが、

鶴竜は2場所連続で14勝1敗の成績を収めたため、
「優勝に準ずる成績」ということで横綱に昇進しました。

大関は東西に1人ずついる必要がある?

続いて紹介する大関ですが、横綱の制度が始まる前は
番付の中で最もランクが上にあたる地位でした。

現在は、、豪栄道、高安、栃ノ心の3人が
この大関の地位を務められています。

栃ノ心は平成三十一年三月場所 の角番で
7勝8敗 の成績で負け越してしまい
大関から陥落してしまいました。

大関は東西に1名ずつ、合計2名はいる必要があるのですが

もし大関不在の場合は、
横綱が「横綱大関」として、その地位を兼ねる仕組みになっています。

関脇の地位を守るのはかなり大変な理由とは?

関脇に昇進すると、次に目指すのは大関です。

しかし、関脇の地位になると

序盤で横綱や大関の力士との取り組みが行われる事が多く、

関脇力士がこうした力士に勝つと土俵が盛り上がりますが

その一方で、はじめて関脇に昇進した力士が、
連日の横綱や大関との対戦によって負け続けた結果、
そのまま黒星が続いてしまうということもよくあります。

関脇は横綱や、大関以上に、
地位を維持するのが対戦な番付でもあります。

小結に昇進すると「三役経験者」になれる!

小結は大関、関脇と並ぶ「三役」に当たる番付であり、
通常の幕内力士とはその待遇がかなり異なってきます。

引退した力士の肩書が「元幕内」と「元小結」の間には
非常に大きな差があると言っても過言ではありません。

その一方で、小結も関脇と同様に、
横綱や大関との取り組みが組まれる事が多いので、
番付を維持するのがかなり難しい一面もあります。

大相撲の番付「小結」の語源とは?

三役の一つで、本場所の優勝争いにも
絡むことが度々ある小結。

では、そもそも何故小結というのでしょうか?

実はこの由来ははっきりしていないのですが

諸説ある中で有名な説は、
小結より上位に位置する関脇や大関が
それぞれ1人ずつしかいないので、

取り組みがない時にその次の番付の力士が
結びの一番をとったことに由来するというものです。

それが「小口の結び」だったことが、
小結という言葉の語源になったと言われているのです。

他には、「小口の結び」という意味の言葉から
派生したという説もあるのですが

小口の結びは小口が始まり、
結びが終わりを意味します。

相撲では小結、関脇、大関の試合を総称して
「結びの三番」と言いますが、

その始めに行う地位を
「小結」と呼ぶようになった説もあります。

小結には人数制限があるのか

東西それぞれに1人がいる小結ですが、
実際に人数制限ははっきり決まっていませんが

小結は最低でも、
東西で1人ずついる必要があるのですが、

それ以外の小結の人数制限については
特に決められてません。

実際、過去には14回も
一度に4人の小結が
番付として発表された事もありました。

少なくともどちらかに1名はいるので、
東西合わせて0名になることはないんです。

反対に上限はなく、
もし実力に見合う力士がいれば
5人でも10人でもなることは可能です。

とは言え、
最近では公傷制度がなくなった事もあり、
東西に1人ずつなのが原則になっているようです。

小結への昇進条件について

前頭の力士が小結へ昇進するには、
すぐ下の番付である前頭のトップか
それに近い地位で勝ち越すことが
必須条件となっています。

また、「幕内」と呼ばれる
関脇、小結、前頭の位置の中で上位に位置し、
大きく勝ち越すことで昇進することが可能なのです。

しかし反対に小結になれたとしても
負け越せば前頭以下に陥落する可能性もあります。

小結は少なくとも、
東西どちらかに1人いなければならないので、

最初に述べた条件をクリアした力士がいなければ、
それ以下の成績でも昇進できることがあります。

小結の年収や月給はどれ位なのか

小結の力士が月にもらえる給料ですが、
基本給と手当を合わせると
120万から150万円ほどと言われます。

この額に12をかけた額を年収とすると、
1500万円〜1800万円とかなり高額です。

力士はこれ以外にも報奨金などが入るため、
実際の年収は2000万円を超す金額になります。

1回の取組で勝つだけでも報奨金がもらえますし、
懸賞金も入りますから、
強い力士ほど収入も多いわけですね。

この記事のまとめ

回は、大相撲の番付一覧というテーマで、
その順番などをなるべく分かりやすくご解説しました。

・横綱
・大関
・関脇
・小結
・前頭(平幕)
・十両

・幕下
・三段目
・序二段
・序ノ口

その他に小結に関する内容も
併せて解説しました

如何でしたでしょうか?

大相撲を楽しく観戦するには今回解説した
内容を把握して大いに楽しみましょう!