報酬

大相撲の幕下力士の年収や人数や取組数は?わかり易く解説!


大相撲の番付の中には「前頭(平幕)」という
位(くらい)が存在します。

この番付の位は力士の勝率が高く且つ強い順に
区別されているのです。

今回は、前頭(平幕)に位置している力士の
情報についてわかり易く解説します。

果たして幕下とはどのような番付で、
どういった力士のことを指しているのかも解説します。

大相撲の番付「幕下」について

幕下とは、正式名称を幕下二段目と言います。

スポンサードリンク




これは、番付において十両と同様に
上から2段目に表記されることから付きました。

・横綱
・大関
・関脇
・小結
・前頭(平幕)
・十両

・幕下
・三段目
・序二段
・序ノ口

ちなみに、相撲取りの総称として、
「関取」という言葉が存在しますが、

これは十両以上の「番付の力士」を指しています。

 

幕下以下は「力士要請員」と呼ばれています。

今回紹介する「前頭」に所属している力士は

本番において前頭以下の力士や
前頭より上位の関取と対戦する事になります。

 

この組み合わせで、勝ち進んでいった場合には

さらに上位に昇進出来る可能性がありますが

実際には、中々思うような成績を収められずに

降格する可能性も大きいのです。

 

ですから、前頭の位置は夢も大きいが

滑落の可能性が多く秘められているので

大変な重要な位置と考えられます。

 

幕下力士の人数や取組数は決まってる?

それでは、幕下力士の人数や
取組の数は決まっているのでしょうか?

幕下の力士は東西で60名ずつ居り、

総計で120人の幕下力士が居ることになります。

三段目から昇進してきた人や十両から陥落した人など、

環境の入れ替わりが激しい位置とも言われ、

力士同士の競争も激しい番付です。

スポンサードリンク




 

なお、人数が固定なので
取組数も30と決まっています。

幕下力士の場合、取組は12日目までは隔日で、
13日目から千秋楽までの3日間は
このいずれかの日に行うため、
1人の力士が毎日取組を行うことはないのです。

 

次の組み合わせも、
2日分まとめて発表される仕組みになっています。

 

ただし千秋楽は直前の2日分と同時に発表されるため、
最後のみ3日分の発表となります。

スポンサードリンク

幕下力士の月収や年収はどれ位なのか

幕下力士の月給は
給料システムは存在しません。

 

代わりに場所手当や力士報奨金や幕下以下奨励金、
取組の勝ち数や本場所での優勝等の
様々なボーナスで収入を得ていかねばなりません。

これらの金額は、数万円に上るものから
数百円程度のものまで様々です。

 

基本的に決まっているのは、
1回7万円の場所手当が6場所分、計42万円で
それ以外は、取組での勝利が必要となります。

 

ちなみに、
幕下力士の年収は180万円程と言われていますから、
場所手当を除く140万円程を
これらのボーナスで担っていることになります。

参照:前頭の意味や給料と枚数とは?小結昇進の基準について詳しく解説!

まとめ:大相撲の幕下力士について

番付が幕下の力士の人数は120名で、
東西それぞれで60名の力士が
この番付の位置にいることになります。

 

幕下力士の取り組みは隔日に実施されるため、
取組数は原則、1日30と決まっています。

 

また、幕下力士は関取になっていないので、
一般企業のサラリーマンが貰う「月収」にあたる
給料といったものはありません。

 

ただし、全く何ももらえない訳ではなく、
年に6回の場所手当や幕下以下奨励金などを
踏まえると、およそ180万円の年収を
手にしていると考えられます。

 

幕下力士の皆さんは、現実は厳しいのですね!

頑張って早く力士に昇格されるよう願っています。!!


十両の給料、月収、年収についてわかり易く解説!

十両の給料、月収、年収について。待遇や優勝賞金はどれ位?

力士の皆さんは、頑張って相撲に専念されていますので

当然、月収や賞金を貰っています。

今回は、十両の力士さんに特化した内容

・十両の力士の月収や年収などの給料はどれ位なのか
・十両の力士の待遇はどのようなものがあるのか
・十両の力士の優勝賞金はどれ位なのか

この3つについて解説していきます。

スポンサードリンク




十両の給料、月収や年収はどれ位なのか

力士は番付が十両に昇進すると、
初めて月収に相当する給料が貰えるようになります。

給料の内容は

毎月の月収に加え、
月収2ヶ月分のボーナスも支給されるなど
一般会社員の皆さんと同じように
日本相撲協会から支給されます。

ちなみに十両の月収は100万円ほどで、
年収は1200万円程度です。

それ以外にも、懸賞金や各種手当も併せて支給されます。

その他には、
テレビ出演料などのお給料も入りますから、
実質もっと月収や年収はあるわけですね。

これ等を合計して見ると

その年収は2000万円ほどにまで上がります。

たたが、十両の力士さんでも、年収は2000万円とは

凄い金額ですね!

十両に昇進すると受けられる待遇とは?

・大銀杏(おおいちょう)を結えることが出来ます。

」・着物も袴を履く事が許されます。

・稽古の際につける「稽古回し」も付けられます。

・化粧回しの色は、黒か紫色ですが、
十両になると自色が許される待遇が受けられます。

・幕下以下では大部屋で生活してきましたが、
十両以上になれば個室が与えられる待遇も
受ける事が出来るのです。

・本場所になると、十両の力士には
締め込みや化粧廻しなどが認められます、

・他にも若手力士が付き人として
身の回りの世話をしてくれるなど、
良い環境になります。

スポンサードリンク




 

十両の力士がもらえる優勝賞金はどれ位なのか

本場所で優勝することでも賞金がもらえます。

十両の優勝賞金は、いくらかというと200万円です。

なお、幕内の優勝賞金となると
ぐっと増えて1000万円になりますね。

ちなみに十両で優勝するほどの成績を収めると、
番付が下位であっても、
いきなり新入幕入りを果たせる事もあります。

ただ十両の力士の実力はそれほど差がないため、
勝ち越すので精一杯という面もあり、

仮に優勝したとしても、11勝や12勝の例が多く
全勝優勝や14勝で優勝するのは簡単ではありません。

 

なお、昭和以降の全力士の中で
最も十両優勝が多いのは阿武松親方こと、
元関脇の益荒雄で、回数は5回でした。

 

他にも、昨年の夏巡業後に
引退を表明された元関脇の若の里も、
4回の十両優勝という実績を残されています。

 

十両の給料や待遇などについてのまとめ

十両の給料は、月収が100万円ほどで
懸賞金や各種手当を含めると、
その年収は2000万円程になります。

一般的に、力士は十両に昇進してはじめて
一人前の相撲取りとして認識されるため、

・大銀杏
・白色の化粧回し
・袴
・個室
・付き人

このように、待遇面でも様々な特権が
受けられる様になります。

スポンサードリンク




 

なお、十両の優勝賞金は200万円で
幕内力士の優勝賞金の5分の1程になります。

やはり、力士の皆さんは、最初に十両に昇進すると

ここに記載した特典が受けられるようになり

関取として認められますので大いに努力するのですね!


大相撲の番付一覧!ランクや順番等について分かり易く解説!

 

大相撲の番付一覧!ランクや順番はどうなってるのでしょうか?

最近の大相撲人気といえば

[誰もが喜ぶエンターテーメント」という言葉の様に

大人気な状態ですね!

昨今では、大相撲の横綱の報道では

フィーバーしていますね

今回は、この横綱の語源や由来と、

または給料や年収にスポットを当てて
ご紹介していきます。

スポンサードリンク




 

横綱」の語源、由来とは?

横綱とは、大相撲の力士の番付の中で、
最高位のことを表しています。

よく、大相撲協会の偉い役員の皆様によって、

大相撲の場所が終了して、次の場所がはじまる前に

番付編成会議といわれる会議を行われますが、

 

その会議で決められたものが「番付表」として、
新聞等や一般雑誌等に掲載されるわけです。

 

今回は、この横綱という言葉の語源や由来は

一体どのようなものなか?について解説して行きます。

スポンサードリンク




横綱の語源ですが、

「白麻で編んだ太いしめ繩のこと」です。

こちらを表しているようです。

どうやら、相撲の家元を代々になってきた

吉田司家(つかさけ)という一族から

その「横綱」をつけることを認められた力士が

直接の由来になっているようですね。

あるいは、品格・力量・技の最も優れた者に、

現在の横綱の審議委員の基準の一つともいえる

基準を、当時からしてクリアしていた大関のことを

「横綱」と呼んでいた様です。

 

この「横綱」が、正式に番付けに取り入れられたのは

実は、明治23年の「西ノ海関」からなのです。

 

横綱の給料、年収ってどのくらいなの?

日本の「国技」の最高位を占める番付である以上、

かなりの額をもらってるのではないかと思われますが

実際はどうなんでしょうか?。

・横綱が一か月に貰える固定給は282万円と定められています。

この282万円に12ヶ月をかけると、

年収が3384万円である事がわかりますね。

また、その他に、本場所の出場手当が年間120万円。

他にも最低でも60万円以上の報奨金が貰えます

他にも様々な副収入、臨時収入があるので

これらを踏まえると、横綱の給料は

年収1億円を超える事も珍しくありません。

物凄く高級取りであることが分かりますね。

しかし、こうしたお金を自由に使えるかというと

現実はそうではないのです!。

部屋の若い衆や、自分の付き人の面倒を見たり

しなければなりません。

ですからこれらの出費も決して少なくはないのが現状です。

そう考えると、
横綱の給料、年収が多いのか否かの判断は、

人それぞれという事になりそうですね。

 

まとめ:横綱について

横綱の語源は

「白麻で編んだ太いしめ繩のこと」を表し、

その由来は、相撲の家元を昔から務めていた

吉田司家(つかさけ)という一族から

この綱を付ける事を認められた大関のことを

「横綱」と呼んだ事から起源になっていたそうです。

また、横綱がもらえる給料ですが、

月にもらえる固定給が282万円で、

これに出場手当や報奨金などを加えると

その年収は1億円を悠に越えるのだとか。

しかし、これだけの収入を貰っている以上、

 

横綱は力士の模範になる必要がある存在なので

そのプレッシャーは計り知れないのでしょう。

この他にも、単に実力があればいいのではなく、

この番付を名乗れるだけの品格を持ち合わせる者こそ

「横綱」の名にふさわしい力士と言えるでしょう。


行司のなり方やランキングとは?給料や年収はどれ位なの?

行司は相撲の取組において土俵の取組の進行役であり

勝者を判定する重要な役割を担っているのですが
今回は、行司のなり方や行司の階級とランキング及び
行司の給料の細について調べてみました。

相撲ファンの皆さんは大体ご存知かも知れませんが
相撲を楽しく観戦する際の参考にして頂けたら幸甚です。

行司のなり方について

相撲を観戦していると行司は簡単になれるかと
早合点してしまいそうですが、
実際には、各課程を経て入門する必要が有るのです。




 

第一に健康面でのチェックなどで適格者と認められなければ
入門出来ないのです。

 

その他に、中卒以上の満19歳未満の男性という
年齢制限が設けられています。

 

志願手順としては、まず、相撲部屋に所属しなければなりません。

その為には、相撲部屋から行司会と相撲協会に
推薦してもらう必要が有るのです。

相撲協会に推薦して貰っても
行司の枠が定められていますので

相撲部屋の運営や収入源及び部屋の収入源と廃業した場合は?

定員に空きがなければ、審査を受け付けて貰えるのですが
ここで初めて、審査を申告して通過出来れば、
晴れて行司となれるのですが、

 

仮に相撲協会から行司として認められても、
初めの3年間は養成期間となり行事としての精進を
しなければ成らないのが現状です。

この間に、相撲部屋での雑用を熟しながら、
相撲の歴史や勝敗の見極め方を学び、

行司独特の発声や相撲文字などの修行に
励むことになります。

 

なかなか厳しい条件だなと思いませんか?

 

この様に初めて行事としての勉強と意気込みを
習得させられるのです。

 

行司の階級、ランクについて

 

行司にも階級やランク付けがあるのでしょうか?
行司には、力士と同じようなランクが存在します。

・序ノ口格
・序二段格
・三段目格
・幕下格
・十枚目格
・幕内格
・三役格
・立行司格式守伊之助
・立行司格木村庄之助

 

「立行司」格は2名と決まっているのですが、
各々の格の行司数には特に規定はありません。




 

(ただし、立行司格が空席の場合もあります)

しかし、行司は65歳定年制で定員が45名以内に、
かつ、十両格以上の定員が22名以内と決まっていますので、

いつでも誰でもなれるという訳にはいかないのです。

 

行司の給料について

行司って、どのくらいの給料を貰えるのでしょうか?

行司の給料は、月給制として決まっています。

その内容は

「本俸」と
「衣装代」
「手当」の3つが
支給されるシステムに定められています。

まず、本俸の基準額は以下の通りです。

詳細は、各人の能力・成績・勤務状況に応じて、

日本相撲協会の理事長が決定すると言われています。

それぞれの行司格の基準額は以下のようになっています。

・序ノ口格行司(14,000~20,000円未満)
・序二段格行司(20,000~29,000円未満)
・三段目格行司(29,000~42,000円未満)
・幕下格行司 (42,000~100,000円未満)
・十枚目格行司(100,000~200,000円未満)
・幕内格行司 (200,000~360,000円未満)
・三役格行司 (360,000~400,000円未満)
・立行司   (400,000~500,000円未満)

上記金額を見ていると

序の口格行司の基準額が1万4千円というのが、
気になりました!

基準額が1万4千円とは厳しい数字に感じました。
やはり高額をゲットするには上位を目指さないと
厳しいですね!

もっとも、行司は相撲部屋に所属していますので、
衣食住に関して困ることはないのですが、

プライベートで使える給料は1万4千円ですので
ほぼ無いと言っても過言ではない様な気がします。

また、行司格に応じて衣装代も支給されます。

・幕下以下行司(20,000)
・十枚目格行司(25,000)
・幕内格行司(30,000)
・三役格行司(40,000)
・立行司(50,000)

具体的にはこのような給料システムになっています。

行司が着ている艶やかな衣装の裏には
このような階級の違いによる
衣装代の上下が存在している訳ですね。

なお、行司各によって着用できるものに差があるそうです。

この他に手当が支給されるそうですが、
こちらも相撲協会の理事長の判断によるので、
金額ははっきりしていません。

行司の衣装について

土俵上の行司の衣装は序の口格から

立行司迄各々違った衣装が違っています。

その理由は上位行司の衣装によって

取組の重要性を表しているのです。

特に上位格の行司の衣装は冠から足の先まで

華やかな衣装に成っている事に気が付かれると思いますが

これらの衣装を個人で負担して揃えたのでは、当然負担が多くなり

とても賄割れません。

では、どうして揃えるかについてい話ししたいと思います。

実は、これらの衣装や装束は

タニマチの皆さんや後援会の皆さんから寄贈される場合が殆どです。

特に化粧まわし等を見ているとその中のどこかに寄贈された先の記述が

存在しますので、かっく人してみてっください。

編集後記

今回は、行司さんのランキング及び行司のなり方や給料などについて

調べてみました。

行司さんは力士と比べてみると、どちらかと言うと隠れた役者みたいな

感じがしました。

行司になる為の苦労やしたずみの生活を地道に積み重ねて上位の行司になるまでには

大変な苦労の生活が待っています。

長い積み重ねの結果、楽しい行司生活を謳歌して頂いて、相撲ファンの

皆さんを楽しませて頂きたいと思います。

 

 


力士の給料はどこから貰えるの?力士 給料 どこから受けとるの?

力士 給料 どこから貰えるのか知りたいと思いませんか?
力士さんと呼ばれていても、給料や優勝賞金や懸賞賞金を
受け取れる力士さんは、限られた力士さんしか受けとることが
出来ないのが現状です。
今回は、実際にこれらの報酬を受け取れる力士さんの資格についても
解説しています。
主題である力士さんの給料はどこから貰えるのかについても
解説していますので、参考にして相撲観戦をお楽しみ下さい。

アドセンス広告



続きを読む