シェアする

雲竜型と不知火型の違いは?選択した力士の解説

シェアする


横綱の土俵入りは、大関以下の関取とは違って
露払いと太刀持ちを従えて、土俵入りを行います。

その横綱の土俵入りの型には、
「雲龍型」と「不知火型」の2通りの型があります。

今回は、このそれぞれの土俵入りについて、ご紹介します




横綱の土俵入りの型について

それぞれの土俵入りについて、動画を参考にして
各々の土俵入りの型をご覧ください!

「雲龍型」
鶴竜 横綱土俵入り 貴乃花直伝の雲竜型

「不知火型」
横綱白鵬 不知火型土俵入り

「雲龍型」と「不知火型」の違いは

雲竜型

せり上がりの時、左手を胸の近くに当てて
右手は伸ばすのが特徴です。

・綱の結び方は、1輪になっていますので
不知火型とは区別が分かり易いですね!

不知火型

せり上がりの時、両手を伸ばす形の土俵入りをします。

・綱の結び目は両輪になっているので、雲竜型とは
区別が出来ます。

雲龍型を過去に選んだ力士は?

この雲竜型は、「雲龍久吉」が行っていた
土俵入りの型を起源として現在使われています。

この型は、せり上がりの時、左手を胸の近くに当てて
右手は伸ばす形の土俵入りで、
綱の結び方は、1輪になっています。

そして、大多数の横綱が、
この型の土俵入りを選択しています。

この雲龍型は、縁起の良い型とされています。

けれども、横綱在位場所数最短の前田山と
2位の三重ノ海も、この型を選んでいたことあります。

結論としては、雲竜型を選んだとしても、
必ずしも縁起が良いとは、言い切れないようです。

横綱の所属する各部屋が、
出羽海一門、高砂一門、時津風一門の場合は、
全員が雲龍型を選択しています。

この型の土俵入りを行ってきた主な横綱としては、
大横綱と言われる

双葉山、

大鵬、

北の湖、

千代の富士などが、

この雲龍型の土俵入りを行っていました。

また、近年では、

曙、

貴乃花、

武蔵丸、

朝青龍が

稀勢の里

この土俵入りを行ってきました。

ただ、朝青龍の引退後は、

2014年春場所後に横綱に推挙された

鶴竜関がこの雲龍型を選択するまで、
この型の土俵入りをする横綱が
不在の時期が続いていました。

これらの型の動作の指導に携わっているのは
かつて雲龍型を選択した
元横綱・大乃国の芝田山親方から指導を受けています。




不知火型を過去に選択した力士は?

不知火型は、過去に「不知火光右衛門」
行っていた土俵入りです。

この不知火型は、せり上がりの時、
両手を伸ばす形の土俵入りで、
綱の結び目は両輪になっています。

主に、立浪一門(現・伊勢ヶ浜一門)や、

二所ノ関一門に所属する横綱が

この不知火型を選ぶとされています。

不知火型はしばしば、
大型力士が披露すると
見栄えのする(姿が綺麗)型とも言われています。

しかしその一方で、

「不知火型横綱は短命」という事も、時々言及されています。

実際に、このようなジンクスに抵触た
玉の海が横綱在位中に
お亡くなりになった事があります。

そして、このジンクスをくつがえそうとして、
また、不知火型の継承のためと考えて

この型を選択した琴櫻関や

隆の里も、

結果的に短命な横綱となってしまいました、

こうした背景もあって、
「不知火型横綱は短命」というジンクスが
伝え続けられる結果となってきました。

その後も、このジンクスを受け継ぐような
横綱が続いてきましたが、2007年に横綱に昇進し、
現在、大横綱として相撲界を牽引しています。

白鵬関がこの不知火型を選んでいる他、
日馬富士関も不知火型を選択しています。

現在の在位中の2横綱が同時に
不知火型を選択したという事は、
実は、史上初めての出来事なのです。

現在、不知火型を選択した白鵬関が
大横綱と言える程の活躍を見せ続けており、
この不知火型に対するマイナスのイメージは、
近年、薄れつつあるともいわれています。

まとめ:雲竜型と不知火型の違い

雲竜型と不知火型の違いとしては、

雲竜型

・せり上がりの時、左手を胸の近くに当てて右手は伸ばす
・綱の結び方は、1輪になっている
・「縁起のいい」型と言われている
・選択した力士:双葉山、大鵬、北の湖、
千代の富士、貴乃花、朝青龍など

不知火型

・せり上がりの時、両手を伸ばす形の土俵入り
・綱の結び目は両輪になっている
・「不知火型横綱は短命」と言及されることも
・選択した力士:玉の海、琴櫻、隆の里、白鵬、日馬富士などが選択

このような事が挙げられます。

ちなみに2015年9月現在では、
鶴竜関が雲龍型を選択したことで、
雲龍型と不知火型の横綱が在位しています。

横綱の土俵入りは、大相撲における
1つの華とも言えるものですからから、
双方の型の土俵入りを、今後も同時に、
見続けていけたら楽しいですね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク