シェアする

相撲部屋の運営や収入源及び部屋の収入源と廃業した場合は?

シェアする

大相撲の組織である相撲部屋に所属するには
力士・行司・呼出・床山さん達の相撲に関わる
全ての業務に携わるには、「相撲部屋」に所属しなければ
成らないのですが、
今回は、相撲部屋の運営方法やその他に相撲部屋の創設や
運営に必要な収入源及び廃業する場合のケースについて
調べてみましたので、参考にして頂ければ幸甚です。

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– 相撲サイト記事中 –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-8069340005607959″
data-ad-slot=”7358422833″
data-ad-format=”auto”
data-full-width-responsive=”true”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

相撲部屋に所属するには

まず、相撲部屋を創設する必要があります。

相撲部屋を創設するには協会で定められた条件を
クリアしなければ成らないのです。
その条件とは

年寄名籍を取得するには

年寄株は、別名「年寄名跡」とも呼ばれています。
日本相撲協会の中で年寄を襲名することができる権利の事です。

年寄になることで、現役引退後に相撲協会の中において、
さまざまなことで優位に立つことができる権利があるのです。

年寄株を持っていることによって、
相撲協会の役員に選出する役員会に出席できる様になったり

相撲協会の役員になれば、他の役員を選出出来たり、

これまで力士として相撲の経験を生かして、
今後の相撲界の運営を行っていくことができるようになるのです。

また、年寄株を持っていないと、
自分自身の相撲部屋を開くことができないので、
現在相撲部屋を開いている人は全員が年寄株を持っているといえます。

ちなみに、年寄株を保有しているだけで
年寄を襲名しないという選択も可能となっているのです。

力士が引退後に年寄を襲名した場合には、
継承した者は年寄(親方)と呼ばれるようになります。

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– 相撲サイト記事中 –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-8069340005607959″
data-ad-slot=”7358422833″
data-ad-format=”auto”
data-full-width-responsive=”true”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

日本相撲協会の評議員となると
年寄を襲名するには年寄名跡(親方株)が必要に成って来ます。

2006年9月現在、105ある(他に一代、年寄の北の湖、貴乃花)は
元々は相撲興行の、収益の分配を受ける権利だったのだが

過去には師匠と弟子の関係でやり取りされてきたが、
扶養金の名目などで実質的には売買されているのが現状です。

親方株は相撲協会に残るための権利の事で、
一種の営業権ともいえるのかも知れません。

1996年に故・二子山親方(元大関貴ノ花)が
名跡取得に関連し税の申告漏れを指摘されたり、
2003年には立浪親方(元小結旭豊)が元の名跡の所有者から
名跡の代金支払いの民事裁判を起こされたりと、
江戸時代以来の制度ながら、不明朗な部分を多く残しています。

年寄名籍を取得するには

その為には

  1. ・親方の承認を得ていること
  2. ・引退後1年を経過していること
  3. ・自身の稽古場を持っていること
  4. ・以下のいずれかの条件をクリアすることで
  5. ①横綱もしくは大関経験者であること

②三役(関脇、小結)通算25場所以上の経験がある事

③幕内通算60場所以上である事が条件に成って来ます。

相撲部屋の収入と、その仕組みについて!

それでは、相撲部屋の収入はどのような
仕組みになっているのかについて調べてみました。

相撲部屋の運営費ですが、
部屋持ち親方に対して、場所ごとに
所属力士人数分の部屋維持費 (1人につき11万5千円)と

稽古場維持費(1人につき4万5千円)といった収入が支給されます。

また、給与が出ない幕下以下の力士1人に対しても、
協会から毎月力士養成費(7万円)が支給されますが、

その他にも、関取を養成した場合には
年間単位で「養成奨励金」が支給される仕組みになっています。

特に、養成支給金は十両で114万円、
三役が156万円、

横綱になると年間で276万円とその額も大きく、
相撲部屋の収入を大きくなりますので
支える源泉になっていると言えます。

また、親方が集まった「一門」と呼ばれる組織にも
協会から「助成金」が支給されます。

こうしたまとまった収入源が期待されるために、
多くの力士が引退後も親方になりたいのではないでしょうか

親方の収入は年収に換算すると
1000万円になると言われている事も、
相撲部屋を運営する上での魅力の1つではないでしょうか?

相撲部屋が廃業する場合の具体例について

相撲部屋の収入の確保が見込めない場合や、
関取が誕生していない部屋は運営が厳しくなってきてしまいます。

その場合、部屋を廃業しなければいけない場合もあります。

自分の部屋を廃業しないためにも、
親方の中には(タニマチ)集めに力を入れている親方もいます。

こうした努力を重ねても立ち行かなくなってしまった部屋や、
あるいは親方が定年を迎えても後継者がいない場合には、

部屋は廃業し、残った力士、行司、呼出、床山などは
他の部屋に統合されてしまいます。

この様になってしまった場合には、別の部屋に全員で移行しなければ

成らないのが現状です。

そうした部屋は廃業し、残った力士、行司、呼出、床山などは
他の部屋に統合されてしまいます。

記事のまとめ

相撲部屋を運営するには厳格な規定をクリアする事によって
収入を増やさなければ、なりません。

収入が少ない場合などには廃業もやむを得ない状況に
陥ってしまう可能性があるのは、残念です。

部屋が隆盛を極めるためには上位の力士や関取、を
育てる事が不可欠になるのが、本記事を掲載して
理解出来ましたでしょうか?

所属している力士が強ければ強いだけ
協会から支給される金額や、スポンサーからの
「ご祝儀」も増えることに繋がりますので
どうしても強い力士の育成に邁進しながら
相撲部屋全体の力を向上させなければ
成らない使命を感じました。

最後までお付き合いありがとうございました。

スポンサーリンク