シェアする

剣翔の高校や遠藤との関係について。所属する追手風部屋とは?

シェアする

剣翔のプロフィール

<剣翔の相撲経歴>

スポンサードリンク




剣翔が相撲生活をスタートさせたが、

剣翔は、小学2年生のころ。
地元のわんぱく相撲大会に参加したが
とにかく強かった。

剣翔が相撲に強くなった原因は
祖父がお小遣いをくれるということで
相撲を始めたのでした。

剣翔は、4年生になると、
わんぱく相撲の東京都大会にも
出場するようになった。

然し、1回戦敗退。

剣翔は、お小遣いが貰えない悔しさよりも、
1回戦で負けてしまったことへの悔しさが
大きく影響して、本格的に相撲に取組み始めた。

剣翔は、地元の相撲教室へ通うようになった。

その結果1年後のわんぱく相撲大会では全国大会に出場し、
ベスト8まで躍進している。

剣翔は、中学に入ると、3年生の時に
全国都道府県別中学選手権において3位に
入る好成績を収めている。

高校は、相撲の名門校・埼玉栄高校に進学。

3年生の時には、高校総体団体優勝、

全日本ジュニア体重別選手権100キロ以上級優勝するなど

輝かしい成績を収めて充実期を迎えていた。

高校卒業後は、角界入りをせずに日本大学に進学

日本大学へ進学したものの、
高校の時のような活躍をすることは無かった。

活躍できなかった理由には

一つが、肘の怪我を負ってしまったこと

そしてもう一つが、

真面目に稽古に取り組まない時期があったこと。

この2つが大きく成績に、響く結果となり
高校時代のような個人タイトルを手にすることが
出来ずに4年間を終えた。

大学卒業後には、いよいよ角界入りするも

日本大学の1学年上には「遠藤」が居た関係で
剣翔は追手風部屋へ入門することになる。

初土俵を踏んだのが、2014年1月場所。

3月場所では、7戦全勝で序ノ口優勝、

続く5月場所でも7戦全勝で序二段優勝を果たしている。
この当たりまでは、格の違いを見せつける形となった。

7月場所では三段目で6勝1敗とし、
早くも幕下へ昇進した剣翔。

スポンサードリンク




2014年9月場所では、
東幕下42枚目において7戦全勝優勝を果たし、
番付を十両に届く位置まで一気に上げた。

すぐに十両昇進を果たすと思っていたが、

東幕下4枚目から1年以上
かかってようやく十両昇進を決めた。

2016年1月場所にて新入幕を果たした剣翔。

そこから3年間は鳴かず飛ばずの成績が続き、
十両の中位を行ったり来たりして現在にいたっています。

剣翔の改名の経緯

十両昇進と同時に、これまで本名のままだった四股名を
剣翔」と改めた。

新十両会見では「人気、実力ともに遠藤関を超えたい」と、
日大の先輩で角界きっての人気力士の兄弟子超えを宣言した。

これには同席した師匠の追手風も
「難しいことを言うなあ」と苦笑い。
それでも止まらず「1度もごちそうしたことないので、
遠藤関にごちそうしたい。大きい顔したいです」とノリノリで話した。

剣翔は兎に角負けず嫌いの性格なので、
現在角界で活躍している遠藤関を相当気にしているらしく
少しでも早く遠藤関を追い越したい気持ちが出ていますね

これを機会に是非上位進出されるよう期待します。

剣翔の所属部屋は

追手風部屋

追手風部屋師匠

所在地 〒340-0022
埼玉県草加市瀬崎5-32-22

しこ名大翔山 (だいしょうやま)
本名 山崎 直樹
生年月日 昭和41年7月7日生
出身地 石川県

四股名 大翔山 直樹
本名 山崎 直樹
生年月日 1966年7月7日(53歳)
出身 石川県鳳至郡(現鳳珠郡)穴水町
身長 181cm
体重 181kg
BMI 55.25
所属部屋 立浪部屋
得意技 左四つ、寄り、下手投げ

追手風所属力士一覧

幕内
西前頭二枚目 遠藤 聖大(えんどう)
西前頭三枚目 大栄翔 勇人(だいえいしょう)
西前頭九枚目 大翔鵬 清洋(だいしょうほう)

十両
東十両六枚目 剣翔 桃太郎(つるぎしょう)
西十両六枚目 翔猿 正也(とびざる)
西十両七枚目 大翔丸 翔伍(だいしょうまる)
東十両八枚目 大奄美 元規(だいあまみ)
まとめ

今回は剣翔関の紹介をしました。

剣翔は相撲に取り組んだ経緯は

身体が巨漢で相撲も強かったのだが
その理由は
相撲に勝つとから、お小遣いが貰えるのが
嬉しく頑張った様でした。

然し負けた時の悔しさもあじわっていたようです。

つまり、負けず嫌いの性格だった様です。

その結果順調と言えないながら

徐々に幕下迄苦労して関取になったのでした。

相撲の名門校・埼玉栄高校に進学そたのも

高校卒業後は、角界入りをせずに日本大学に進学。

追手風部屋に入門したのも埼玉栄高校時代に
遠藤関を追い越そうとして努力して

結局追手風部屋に入門したのにも
影響していました。

これまで本名のままだった四股名を
「剣翔」と改めました。

新十両会見では
「人気、実力ともに遠藤関を超えたい」と、
日大の先輩で角界きっての人気力士の兄弟子超えを宣言した。

これには同席した師匠の追手風も
「難しいことを言うなあ」と苦笑い。
それでも止まらず「1度もごちそうしたことないので、
遠藤関にごちそうしたい。大きい顔したいです」とノリノリで話した。

この様な理由で番付は十両六枚目で角界を
沸かせています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク