シェアする

千代翔馬ってどんな力士?性格や嫁について調べてみた!

シェアする

千代翔馬ってどんな力士?性格や嫁の情報について

千代翔馬は、2016年に関取に昇進してから
最近の場所の成績が調子よく勝ち進んでいます。

所属している、九重部屋は、若手力士には、モンゴル出身の力士が
多く在籍していますが、今回調べてみた千代翔馬も若手の期待の
ホープとして、人気が集まっています。

今回は、千代翔馬関がどんな力士なのか、
性格や嫁の情報を交えて調べてみました。

スポンサードリンク



千代翔馬とはどのような力士なのか?

千代翔馬の簡単なプロフィールを紹介します。

千代翔馬 富士雄
(ちよしょうま ふじお)
所属部屋 九重部屋
本名 ガンバータル・ムンクサイハン
しこ名履歴 翔馬 → 千代翔馬
番付 十両三枚目
生年月日 平成3年7月20日
出身地 モンゴル・ウランバートル
身長 184.0cm
体重 137.0kg
得意技 押し・左四つ・寄り

1991年7月産まれの千代翔馬関。
出身はモンゴルで、
明徳義塾高校へ留学したのですが

2009年に中退して角界入りをしています。

2年後には幕下に昇進したのだが、
2016年に十両、そして新入幕入りするまでは
余り順調という訳にはいかず

幕下と三段目の番付を行ったり来たりする
時期もありました。

千代翔馬関自身はかつて、

2013年までに関取昇進を目指していたのだが、

目標を達成できない事に苦しんだ時期もあったのです。

そんな千代翔馬関の師匠は、

13代九重親方こと「元千代の富士」です。

2016年の7月場所において十両3枚目で勝ち越しを決め、

新入幕入りが確定した千代翔馬関ですが、
この月の31日に尊敬する師匠の
訃報に見舞われる結果に遭遇します。

元千代の富士と言えば、
弟子を滅多に褒めない事でも有名な親方でしたが、

千代翔馬関は例外としてよく褒められていたらしいです。

新入幕入り後は、
スポンサードリンク



2場所連続で勝ち越しを決めた千代翔馬関ですが

角界の世代交代が進む中で、

千代翔馬関も、若手のホープとして
人気と名前が上がる機会が増えてきたのかも知れません。

千代翔馬の出身地はどこ?

千代翔馬関の出身地は
モンゴルの首都・ウランバートルです。

ウランバートル出身の力士には、白鵬関・照ノ富士関の他に、
元横綱朝青龍など多くの関取を、輩出した都市です。

千代翔馬が角界入りのきっかけは
父親が朝青龍の父親と知り合いだった関係で
角界入りを決意した様です。

このウランバートルという都市は、
モンゴルの人口のおよそ半分が住んでいる
都市として知られています。

ウランバートルという都市はには、

ウランバートルには「相撲会館」と呼ばれる、
日本の国技館に相当する建物が建てられています。

この建物では、相撲興行が開催されないときには

コンサートとして使用されたり、
一般の興行に利用されています。

千代翔馬結婚

モンゴル出身の女性と結婚しました。

千代翔馬の強さについて。取り口の特徴について

2016年度の千代翔馬の取り組みの傾向ですは

・叩き込み18%

・寄り切り16%

・上手出し投げ11%

このような割合になっています。

千代翔馬関は
入門時の体重が87kgであり、

現在も幕内力士の平均体重が160kg以上の中130kgと、

比較的小兵である体格なので、

勝負に勝つためには、「投げ」を得意としていた
時期がありました。

この「投げ」重視の姿勢は、

千代翔馬関が新入幕入りする時から指摘されています。

その一方で、2016年9月場所に新入幕入りを果たしてからは

2場所連続で勝ち越しを決めているので、

千代翔馬関の強さには、人気も集まって来ています。

その背景には、熱心に稽古に取り組む姿が注目されています。

この年亡くなった13代九重親方こと元千代の富士は、

千代翔馬関の稽古に打ち込む姿勢を褒めたのだとか。

また、単に稽古に取り組むだけではなく、

師匠の取り組みを映像で研究したり、

この時に見た取り口を翌日の稽古場で

実践するとった素直さも、

千代翔馬関の強さの秘訣と言えるでしょう。

千代翔馬 性格は

現在の九重親方(元大関 千代大海)によると

素直で研究熱心であったそうです。

そして、稽古はするし相撲っぷりがいい!

しかし、冷静さがなく、気迫が前面に出すぎる

普段は社交的で温厚、そして謙虚と言われています。

千代翔馬の性格は

社交的で温厚、そして謙虚さがあって研究熱心なのは

相撲の勝負に勝つためには、綺麗ごとばかりではなく

どうしても勝つには
良く稽古をして、研究に怠わらず

気迫を前面に出して勝負に拘る姿が性格と一致するのかも?

いずれにしても、相撲は勝負に勝たなければ、ならないので

今後の千代翔馬関は益々研究と稽古を重ね

上位進出を目指して下さい!

この記事のまとめ

千代翔馬関がどんな力士なのかを、
出身地やその強さも含めご紹介しました。

「元千代の富士」が褒めるほど、

稽古熱心な事で知られる千代翔馬関ですが

幕内入りしてまだ日は浅いのですが、

その強さは、少しずつ注目を集めていると言えるでしょう。

九重親方の指導の下に、力士として

そして若手モンゴル人力士のホープとして、

千代翔馬関の活躍に今後も注目していきましょう!

スポンサーリンク