シェアする

照強の相撲と言えば豪快な塩まき!元ヤンキーの噂は本当!?

シェアする

大相撲の土俵を観戦していると
人気力士の皆さんで大いに賑わっていますね

大相撲の人気になっている人気力士さんの他にも

小兵力士として活躍する照強さんも

手のひらにてんこ盛りした塩を豪快にまいて

会場を沸かせています。

手のひらにてんこ盛りした塩を豪快にまいて

会場を沸かせています。

今回は、会場の人気になっている照強の

プロフィールや相撲歴について調べてみました。




照強のプロフィール

四股名 照強 翔輝
本名 福岡 翔輝
愛称 しょうき
生年月日 1995年1月17日(24歳)
出身 兵庫県南あわじ市(出生地は洲本市)
身長 168cm
体重 112kg
BMI 39.21
所属部屋 伊勢ヶ濱部屋
得意技 左四つ、寄り

照強さんは、兵庫県出身の力士。

現在年齢は24歳。

なんと照強さんの誕生日は1995年1月17日、

この日はなんと!
阪神淡路大震災当日である。
偶然と言ってしまえば、それまでですが悲願でした。

でも、本当に出産されて良かったですね!

幼い頃は病弱だった照強さんですが、

気だけは強かったんだ様です。

小学校は三原町立八木小学校

(現在の南あわじ市立八木小学校)に通学していました。

小学校の当時は、柔道に興味をもっていたらしいですが

運悪く、3年生の時に親が離婚。

照強は4年生の時に、地元の「わんぱく相撲の大会」

飛び入り参加し、2位になった経験が後に

相撲力士となるきっかけとなりました。

照強の相撲歴について

照強が相撲キャリアをスタートさせたのが、
小学4年生の時である。

初めて、「地元のわんぱく相撲大会」に出場した照強は

いきなり準優勝の好成績を収める。

中学時代はやんちゃ坊主だった照強は、
「全国大会」でベスト16入を果たしている。

ちなみに、中学には相撲部が無かったことから
サッカー部に入り、ゴールキーパーの
ポジションを努めていた様です。

照強は、勉強がとても嫌いだったことや

中学3年生時には殆ど学校にも通っていなかったので、

高校に進学することなく角界入りを決断。

ちなみに、相撲部屋に入門する規定には
中学校卒業して健康な者は許可されるのです。

伊勢ヶ濱部屋へ入門した理由は、

相撲道場の監督と伊勢ヶ濱親方が知り合いだったので
伊勢ヶ濱部屋に入門したのです。

新弟子検査では照強は身長が167センチしか無かったが、

負けん気の強さややんちゃ坊主な面が功を奏したのか、

序ノ口、序二段、三段目と着実に成績をあげ

初土俵から2年後の2012年3月場所には幕下まで番付を上げている。

照強は、中学卒業後に角界入りして叩き上げたのである。

中学時代に全国大会ベスト16に入っているだけあって、

小兵ながら実力があったと思われます。

照強が幕下に昇進したのだが、

幕下と三段目を3回行き来しようやく幕下に定着。

この時代には、照強は負けず嫌いの気持ちで

相当の苦労と努力が伺えます。

その後、照強はじっくりと着実に実力をつけていきました。

幕下では、番付を上げては下げ、下げては上げを

繰り返しながら初めて幕下昇進してから

4年8ヶ月後の2016年11月九州場所で

幕下全勝優勝を果たし、悲願の十両昇進を勝ち取ったのである。

悲願の十両昇進本当におめでとう!

やっと、力士の仲間入りが出来ましたね!

初土俵から実に6年10ヶ月後の、

2017年1月初場所から十両に定着。

しかしながら、小兵ということもあって、

中々大きく勝ち越せる場所は少なく、

番付を大きく上げるまでには至っていないのである。

そんな状態で 2018年1月初場所には幕下に転落するも

一場所で十両に復帰し、2018年11月九州場所では

土俵を大いに盛り上げたのである。

悲願の十両昇進の後押しをした背景には

最愛の祖父の存在が大きかったようだ。

祖父は「大相撲に行け」と最後に照強に伝えたいたようだ。

力強く育ってきた照強、

小兵ながら大きな力士にも負けない力を着実につけてきている。




照強がヤンキーと呼ばれる訳は

照強は中学校の頃から、ヤンチャな少年でした。

その他にも、やんちゃ坊主としてもいた時代があり

それらの事が、一般的にヤンキー?と呼ばれていたのかも

知れませんね

塩の種類について

塩の種類については、

食卓で使用するような精製塩ではなく「荒塩」と呼ばれるもの。
この荒塩は、海水を直接天日干しすることによって
作られている塩のことを言います。

1日に使用する量は約45キロとも言われています。
本場所15日間ですと、約600キロもの塩を消費する計算です。

単に土俵で撒く塩は随分沢山使用れるのですね

まとめ

今回は、照強のプロフィールや相撲歴について

調べてみました。

照強は少年の頃からやんちゃな少年でしたが

勉強が大嫌いで学校にも出席しないで

(小学校は義務教育なので、出席数が少なくてもよかった)

この様な理由でやんちゃな坊主であったために「ヤンキー」なんてネットでは

呼ばれたのかも知れませんね

結局、義務教育の卒業の資格で入門出来る「相撲部屋」に

入門して、力士になる為の努力を重ねて角界に進出したのですが

実際、小兵で勝率も上がらず、人気力士として

観衆の+目を引くために土俵で派手に塩を豪快に撒いて

観衆の目を引こうとしたのかも知れませんね!

この動作も負けず嫌いの性格から

来たのではないかと思います。

これからも、照強が上位に進出できるように

応援しませんか?

頑張れ、照強

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク