シェアする

隆の勝がかわいい!おにぎりの秘密は?家族と兄弟の情報の解説

シェアする

隆の勝がかわいいと評判になっていますがその根拠は、
隆の勝が新入幕の時に「舞の海」さんが”かわいいですね”と
発言されたのが原因で、評判になった様です。
今回は新入幕から快進撃が期待される隆の勝関の
おにぎりの秘密や兄弟の情報を詳しく解説致します。




貴の勝のプロフィールをご覧ください!

隆の勝のプロフィール

四股名 舛ノ勝 → 舛の勝 → 隆の勝
本名 石井 伸明
生年月日 1994年11月14日(24歳)
出身 千葉県柏市
身長 183.0cm
体重 155.0kg
所属部屋 千賀ノ浦部屋
得意技 押し

隆の勝関は 平成29年11月に念願の新十両に昇進しました。

隆の勝関は、千葉県柏市からの出身ですが
千葉県柏市の出身としては、元関脇の麒麟児以来44年ぶりの関取なのです。

隆の勝は生まれた時は、3700グラムでしたが
現在は、155.0kgまで成長して大相撲で戦っています。

小学3年の時から柏相撲少年団に入り、その後

柏市立西原中学校に進学後も相撲を続け
関東中学個人で8強になる活躍を見せました。

3年の時に全国都道府県中学生大会団体戦で3位に入賞、

卒業後、本人の意思は将来相撲の世界に進む決心が強く
父親の勧めもあって、千賀ノ浦部屋に入門したのです。

今では珍しい中学卒業で入門した叩き上げの力士です。

平成28年4月に前の師匠(元関脇・舛田山)の定年に伴い、
現在の千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)に代わり、
平成29年1月に心機一転、四股名の文字を「舛の勝」に改名しました。

平成29年11月に念願の新十両に昇進し、
四股名を「隆の勝」に改名しましたのです!




隆の勝は両親(父・母)と6人兄弟の大家族について

隆の勝は両親と6人の兄弟(兄・姉2人・妹・弟)の

4番目の大家族の中で育ったのです!

最近では、6人兄弟というのは珍しいですよね!

お父さんは、石井 俊哉(いしい・としや)さん、57才です。

公務員をされていますが、

隆の勝が相撲界に入るきっかけを、つくったのは、
お父さんの影響が大きかった様です!

隆の勝が稽古に出かけるのを嫌がっていた時なども
お父さんが、隆の勝にハッパをかけていた様です。

この頃から隆の勝の相撲界入りを勧めていた様です。

お母さんは、石井 雅代(いしい・まさよ)さん、57才です。

お母さんは、整体師さんをされていて、
隆の勝が入門してからも体の手入れをしてくれていたのだとか。

今でも、テレビで隆の勝の相撲を見ていると、
どこか体を痛めたのではないか?ということは
すぐにわかるそうで、
場所中でもすぐに駆けつけて治療してくれるなんて素晴らしいですね!

家族のまとめ

ご兄弟は一番上のお兄さんが、
貴大さんで、29才(平成元年生まれ)。

すでにご結婚されて独立されているそうです!

二番目のお姉さんは、
温子さん、28才(平成2年生まれ)です。

温子さんはスポーツジムのトレーナーを
されているそうですから、
隆の勝にアドバイスを送ってくれたりすることもあるのでしょうね?

三番目のお姉さんは、
里佳さん、25才(平成5年生まれ)です。

里佳さんは、整体師をされているお母さんの
お手伝いをされているそうですよ。

四番目が隆の勝(平成6年生まれ)ということで、
下に2人妹と弟がいます。

五番目となる、隆の勝のすぐ下は
妹さんで、花奈さん、19才(平成11年生まれ)です。

六番目の弟さんは、
大晴さん、16才(平成14年生まれ)ですから、まだ高校生でしょうね!

・お父さんは 石井 俊哉(いしい・としや)さん、57才(公務員)
・お母さんは、石井 雅代(いしい・まさよ)さん、57才(整体師)
・お兄さんが、貴大さんで、29才(既婚者)
・二番目のお姉さんは、温子さん、28才(スポーツジムのトレーナー)
・三番目のお姉さんは、里佳さん、25才(整体師手伝い)
四番目が隆の勝 (本人)
・五番目妹さんで、花奈さん、19才(学生?  )
・六番目の弟さんは、大晴さん、16才(高校性?)

合計8人家族の生活はさぞかし賑やかな家族ですね!
家族全員が隆の勝の応援に出掛けたらさぞかし、本人も
頑張れますね?
そして、お母さんとお姉さんに体調を診断して貰えるなんて
まるで、夢の様です。
併し乍ら、本場所は直接会場に行って隆の勝の相撲を見ることは、
とても緊張してしまうのでなかなか出来ないらしく、
もっぱらテレビ観戦にしているのでしょうね!

隆の勝の子供時代の相撲との出会いについて

隆の勝は生まれた時は、3700グラムの大きな赤ちゃんでした!

3700グラムの大きな赤ちゃんは順調に成長したら、当然
元気な子供に成って来ますね!

性格はどちらかというと優しく、控えめなタイプし成長したのです。

相撲は父の角力への後押しで
小学1年の時に始めて、大会に出場していきなり準優勝!
しかし、決勝で負けた相手が女の子だったことが悔しくて、
「また出てやろう!」と心の中では思っていたそうです。

大きな体格の持主でありながら女の子に負けるなんて
悔しくて仕方なかったのは当然な気がします。
そこから、もう少し強くなろうとの意気込みがわいたのかも知れませんね!

相撲界入門までの経緯

小学3年の時から柏相撲少年団に入り、本格的に稽古をするようになりました。

小学6年の時には全国大会にも出場して、両国国技館で相撲を経験

柏市立西原中学校に進学後も相撲を続け、
3年の時に全国都道府県中学生大会団体戦で3位に入賞、
関東中学個人で8強にもなる実績を確保しました。

父に背中を押されていたこともあり、
中学2年の頃には相撲界入りを決断した。

卒業後、千賀ノ浦部屋に入門しました!

入門後、17才で幕下に昇進した時は、
若手ホープとして注目を集めたのですが、
そこから約5年間幕下と三段目から抜けられない低迷期を経験、

そんな時も父から「腐らず稽古をしろ!
自分の相撲を取れば大丈夫!」とメールで随分と励まされたそうですよ!

師匠が現在の千賀ノ浦親方に代わってから、
師弟で一緒に出稽古に行くようになり、
貴乃花部屋の貴景勝や阿武松部屋の阿武咲など、
自分より年下ですでに幕内で活躍していた力士との
稽古にとても刺激を受け、
毎日ドロドロになるまで稽古を積むような苦しい経験をしました。

この頃、

出稽古に行くようになってからスタミナも馬力も明らかに強くなり、
やはり、自分より番付が上の力士との稽古が
関取昇進への大きなきっかけになったと思います

隆の勝は「おにぎり」が好き?

隆の勝の「おにぎり」が話題となっています。
十両で、快進撃を見せ、幕内も視野に入っている
実力のある力士です。

今、癒し系力士として、注目を集めているのが、
千賀ノ浦部屋の隆の勝。

LINEニュースでも、
納豆を混ぜる姿が、人気を呼んで取り上げられている、

そんな人気急上昇の隆の勝が、
「おにぎり」で話題となっているそうです。

隆の勝と「おにぎり」の関係は

どうやら、隆の勝が、純粋に「おにぎり」に
似ている!ことが理由のようです。

そして、決定的なのは、
NHK大相撲解説者でおなじみの、
舞の海 秀平さんが、

隆の勝について、

「すごい表情も癒し系で、
おにぎりみたいでかわいい。好感もてますよね」

中継時にこの様な発言をされていたそうです。

隆の勝は特別にいにぎりは好きではないようですが
ツイッターから画像を探せますよ!宜しかったら覗いてみてね!
千賀ノ浦部屋のツイッターはこちら

隆の勝のツイッターはこちら

まとめ

今回は隆の勝がかわいい!おにぎりの秘密は?
家族と兄弟の情報の解説を掲載しました。
如何でしたでしょうか?
隆の勝がかわいいの根拠は大相撲テレビ中継の時に
舞の海さんが隆の勝の感想を語られた時から人気になった?
隆の勝の家族の詳細も掲載しました。
ご家族の皆さんの応援されているので、隆の勝は
今後、益々上位に進出されるので期待しましょう!
おにぎりについては、どうも顔がおにぎりに似ているらしい?
この様な内容はツイッターで人気になっている事らしいですね!
最後までお付き合い有難う御座いました。

スポンサーリンク