貴景勝の父の職業から漏れた確執が話題に!ご祝儀の使い道が話題!

人気絶頂の貴景勝関が、父親の確執によって

ご祝儀の問題が公表さた内容を調べてみました。

貴景勝関は、益々大相撲の勝負で強さを発揮して

人気上昇中の力士としていますね!

その他にも高級住宅である芦屋からの出身力士としても

話題になっています。

貴景勝関が相撲に強くなった原因の一つとして

考えられるのが、父親がから空手を学んだのかも知れません。

やはり、貴景勝関が強くなったのは、父親の職業から

学んだのも原因らしいですね

やはり、父親は雄大の存在なので

当然貴景勝も父親を尊敬しているのは確かなようです。

貴景勝の父が漏らした部屋との確執

貴景勝の父が口にした部屋との確執について

ネット上で話題を呼んでいます。

大相撲の慣例を完全否定したとも取れる貴景勝の

父の振る舞いとはどのようなものなのでしょうか?

実際にはスポンサーのALSOKを引き連れて

そのご祝儀お持ち帰りしたことによって発生した

部屋と貴景勝の父との確執について、

詳しく解説致します。

貴景勝の父が漏らした部屋との確執が話題に!

貴景勝の父が口にした部屋との確執について

ネット上で話題を呼んでいます。

大相撲の慣例を完全否定したとも取れる貴景勝の

父の振る舞いとはどのようなものなのでしょうか?

実際にはスポンサーのALSOKを引き連れて

そのご祝儀お持ち帰りしたことによって発生した

部屋と貴景勝の父との確執について、

詳しく解説致します。

貴景勝の父と部屋の間に確執とは?

そもそもの発端は、

貴景勝関が大関に昇進した際に開催された

昇進披露宴のパーティーでの出来事から

珍事が始まったのです。

その珍事とは、

貴景勝の父がご祝儀を持ち帰るという珍事がありました。

このご祝儀とは

大相撲という世界に入る際に、

全ての力士は「部屋」に所属することで、

部屋の親方と親子ともいえる関係になります。

そして、大相撲における昇進披露宴のパーティーとは、

パーティーを催すのは相撲部屋が主催で行われるのが規則なのです。

その為には、相撲協会のバックアップも欠かせません。

ですので、相撲界を挙げて行われる盛大なパーティーなのです。

ここで問題なのは、パーティーの会場で講演会やら贔屓筋などから

支払われるご祝儀は、力士が受け取る祝儀では有りません。

残念ながら、ここで紹介する珍事とは

貴景勝の父が大関昇進披露宴にて行った際の、

ご祝儀を持ち帰るという珍事からはじまりました。

どうして、このような珍事が発生したのか

良く理解できませんが

貴景勝の父が、何か勘違いをしてしまったのかも

知れません。

そんな珍事を起こした貴景勝の父は、

披露宴前からすでに異例の行動を起こしていた様です。

貴景勝の父が千賀ノ浦部屋の親方へのご祝儀についての直談判です。

貴景勝の父は、千賀ノ浦部屋の親方に対し、

親方にはいくら持っていけばいいかと直接的な質問したそうです。

千賀ノ浦部屋の親方は、

そんな貴景勝の父に対し、

千賀ノ浦部屋の親方は、当日はお金の入ったスーツケースを

貴景勝に直接渡して持ち帰る、と伝えたそうです。

今までの相撲協会では、

もそも力士の父親がご祝儀金について

相撲部屋で直談判しに来るという事自体が

大きな珍事といえます。

貴景勝の父親の経歴

貴景勝関の父親の名前は、佐藤一哉さんです。

父親の職業は保育園経営

極真空手関西本部の先生

不動産業、カラオケ店の経営もされていた時期もあったとか?

最近では保育園の経営もされたりしているそうです。

年齢は、現在(2019年3月)58歳になります。

まとめ

今回は、貴景勝せきが大関昇格のお祝いとして

盛大なパーティーを開催して、贔屓筋や関係者から多くのご祝儀を

受領した際に、このご祝儀を父親の佐藤一哉さんが直接警備会社に

層の代金を持ち帰ったことが報道され問題になりました。

このご祝儀は本来誰のものなのかについてですが

今回の珍事として取り上げられたのは

貴景勝席のものなのか?

父親のものなのか?

これらの問題が珍事として報道されたんですね

余談になりますが

世界のボクシングの世界では

選手が未熟で報酬が少ない時期には当然

育ててくれた父親が受け取っていましたが

選手が有名になってくると、当然収入も高額になり

子の報酬に対して、

親子の間で取り分については

選手が取り分が多く要求するようになり

親子喧嘩も多々発生しているようです。

この場合にはこれまで育ててくれた恩義とは関係ないような状態ですね

今回の貴景勝関の問題も

少し考えられますが

今後、このようなことが無いよう祈りつつ、今後の貴景勝とその父に注目しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク