シェアする

貴景勝、角番の意味や角番大関の勝率は?優勝した過去の力士?解説

シェアする

相撲の世界では、何よりも「勝つ」ことが、絶対条件です!

負け越してしまうと番付が下ってしまいます。

大関の場合は2場所連続で負け越さない限り、

その地位を失う事はありません。


大相撲を楽しもう記事中レクタングル大

スポンサードリンク



角番大関とは、1場所を負け越した場合と、

あるいは休場した大関の事を言います。

すなわち、その地位を失うか否かの瀬戸際で戦う事になります。

今回は、角番の意味と、角番大関の勝率や角番から脱出して

優勝した力士の存在を含めて解説します。

角番の意味について解説。

角番とは、大関が本場所を2場所連続で

負け越す事によって

その地位から陥落するという意味があります。

この制度は昭和初年に確立した後、

数回の改定を経て、

現在の「陥落しても次の場所で10勝以上上げれば

大関に復帰できる」という救済措置を含めた制度に

なっています。

しかしながら、陥落した大関には特別な規定があります。

その規定とは、陥落後の次の場所で10勝以上

大関復帰の規定があるのです。
大相撲を楽しもう記事中レクタングル大

スポンサードリンク



ちなみに、この規定は、1969年7月場所以降に定められました。

しかしながら、横綱の場合は、陥落する事はありません!

横綱は、勝てなくなったら「引退」という暗黙のルールがあるのですが、

大関の場合は「陥落」してしまい、

陥落後の次の場所で10勝以上で、大関に復帰できるので

頑張れる意欲があるのです。

しかしながら、

陥落するかしないかではその後の場所において

様々なことが天と地ほども違ってくるのも事実です。

角番を迎えた大関が必死に守るのは、

言うまでもない事でしょう。

角番大関の勝率について!

ここでは、角番大関の勝率について、解説します。

2011年1月場所後の調査の結果では、

・角番大関141人の中で、勝ち越し者121人

・勝ち越し率:8割5分8厘

この様に、非常に高いものになっています。

それだけではありません。

7勝7敗で千秋楽を迎えた角番大関は

過去に11度(2019年5月現在)ありましたが、

そこから負け越した大関はゼロ名。

なんと勝率10割でなのです。

角番から優勝した力士はいるのか

過去には、角番でありながら優勝するという

快挙を成し遂げた大関は、なんと7名もいるのです。

・貴ノ花(初代)
・小錦
・貴ノ花(2代目)
・魁皇
・千代大海
・栃東
・琴欧洲

特に栃東は、優勝した次の場所でも

12勝3敗の好成績を収めています。

また千代大海は、角番最多力士でありながら、

角番からの優勝も経験している力士ということになります。

千代大海が優勝したのは2003年3月場所のこと

この優勝が千代大海にとって現役最後の幕内優勝になりました。

ちなみに、関脇に陥落したにも関わらず、

次の場所で10勝以上を挙げて大関に復帰した

力士も存在しています。

三重の海、
貴ノ浪、
武双山、
栃東の4人です。

この中で三重の海は

横綱昇進(1979年9月場所)まで果たしています。

大関陥落から再昇進を経て横綱にまで

上り詰めたのは三重の海、ただ一人です。

令和元年7月場所で角番の力士は

新大関・貴景勝の5月場所は、

「負傷→休場→再出場→再休場」という

奇妙な経過を辿り、

千秋楽を待たずに幕を下ろましした。

貴景勝が休場した経過について解説すると

貴景勝が右膝を負傷したのは、

5連敗中の天敵・御嶽海(小結)に

白星を収めた4日目の取組でした。

その結果、

「約3週間の加療を要する見込み」と診断されたが、

中日に再出場を強行したのです。

碧山(小結)にあっけなくつぶされてしまい、

翌日から“再休場”する事になりました。

新大関の休場は、現行のかど番制度となった

2069年名古屋以降、

18年名古屋場所の栃ノ心以来8人目の事です。

翌場所も負け越して大関陥落したのは、

過去に武双山だけです。

武双山は、見事に、その翌場所に関脇で10勝を挙げ、

大関に復帰した実例があります。

99年春場所では、千代大海が休場し、

翌場所全休したのだが、公傷制度(当時)により

陥落しなかった実例も存在しています。

まとめ

角番から優勝した力士の存在について解説しました。

大関に昇進できる以上、

優勝できるぐらいの実力を、元々持っています。

それを考えると「角番」も、

その場所の体調、怪我の具合、

あるいは勢いなどで負け越してしまうという結果は

体調不良であったり、怪我が寛治していない

状態で、責任感で土俵に上がらなければ

成らないので、大変な気がします。

令和元年の7月場所は名古屋にて開催されるので

貴景勝関に規定の10勝をして

大関に復帰して欲しいと期待します!

スポンサーリンク