大相撲の解説者が驚愕している最年長の力士の成績をデータを交えて紹介

日本の古来の伝統を誇る大相撲の
人気が高鳴っている昨今

年間最年長の力士の成績がは、

果たして、どの様な活躍をしているのか

気になりましたので、調べて見ました。

今回は、テレビや相撲番組の放送で

相撲解説者の驚きの解説内容も合わせて

調べてみましたので大相撲ファンの皆様に

参考にして、大相撲を楽しんで下さい!

アドセンス広告



NHK相撲中継の内容

NHKの大相撲中継は

昭和3年(1928年)の1月場所から

ラジオ放送が始まり、

昭和28年(1953年)の5月場所から、

現在も,テレビ放送がされています。

皆さんもお楽しみですね

テレビ中継の内容は

BS1では全曜日、幕下、十両の取り組み

13:00から総合テレビ放送開始まで放送しています。

総合テレビでは15時台から

(平日15:08~、土・日・祝15:05~)18:00までとなっています。

ほかのスポーツ中継や単発の特別番組により、

放送開始時間は前後することがありますが、

幕内の取り組みはすべて放送するようになっています。

中継を担当する実況アナウンサーは、

解説者は、幕下、十両、幕内で交代します。

それぞれ、正面には解説者と実況アナウンサーとして、

向正面に解説者、

東西にレポーター(アナウンサー)が配置されます。

ラジオ中継について

ラジオ放送はNHKラジオ第1放送

ラジオ日本(NHKの短波放送)が

幕内のみ放送しています。

放送時間は、

ラジオ第1放送が千秋楽以外が16:05から18:00まで、

千秋楽は15:30から18:00まで放送されるのです。

ラジオ日本では、
平日が16:05から、土曜、祝日が16:11から、

日曜が16:15から開始されています。

ラジオは幕内のみの中継のため、

実況アナウンサーと解説者の交代はありません。

NHK専属解説者の紹介

現在、専属解説者はお二人です。

北の富士勝昭さん

北の富士さんは第52代横綱でしたが、

引退後は九重親方として、活躍され

昭和の大横綱・千代の富士を育てました。

現在は年寄を退職して、

現役時代の四股名・北の富士勝昭として、

本場所の解説を担当しておられます。

北の富士さんは、横綱、親方、協会理事を歴任、

そして相撲ファンに、過去の経験を活かし、

大相撲ファンを楽しませてくれる解説者です。

大相撲のファンからは、歯に衣着せぬ解説で人気があり、

時には厳しく、時には優しく、褒める時は褒め、

悪いところは悪いと言い切りる解説者です。

また、北の富士さんはファッションでも注目されており、

解説席では、和服姿と、洋服等を着用しているのも、

ファンを楽しませてくれています。

 舞の海秀平さん

舞の海さんは、現役時代に、

小兵ながら多彩な技を駆使し、

大型力士を破る姿は相撲ファンを

楽しませてくれました。

その結果、東小結まで上り詰めました。

舞の海は、「技のデパート」

「平成の牛若丸」という

愛称で呼ばれた人気力士でもあります。

しかし、現役引退時に年寄名跡に空きがなく、

タレントに転身し、NHKの専属解説のほか、

スポーツコメンテーター、

旅番組のレポーターなど

様々な活動をされています。

舞の海さんの解説は、

素人にも分かりやすく、丁寧だと好評ですが、

時折、不用意な発言をすることもあり、

勇み足の発言をすることもありました。

例えば、以前、横綱白鵬に対して

「力が落ちている」と発言してしまった結果、

その言葉を耳にした白鵬がその言葉に

奮起した事で、

その場所を優勝したということがありました。

アドセンス広告



緒方昇1988年-2000年)
緒方昇さんは四股名の北の洋ではなく、

本名で解説をされていました。

温かみのあって褒め上手な緒方さんの

解説はファンにも人気でした。

その他には

・神風正一(1953年-1986年)

・若瀬川忠男(1985年-1991年)

・玉の海梅吉(1957年-1982年)

・出羽錦忠雄(1990年-1999年)

以上の皆さんも専属解説者として活躍されていました。

最年長の力士の一部を紹介します。

「日本相撲協会には約700人の力士が所属し、

そのうち幕内力士は42人(約6%)。

関取と呼ばれる十両以上でも70人(約10%)しかおらず、

9割は幕下以下の力士で構成されています。

角界には入門年齢の制限はあるが定年はなく、

成績不振でも辞める必要がありません。

だから、親方や関取を支える役回りで

現役を長く続ける力士もいます。

現役最年長48歳で、西序ノ口4枚目の華吹関

幕内上位の取組に送られる大歓声とは無縁の中、

今5月場所において、“大記録”が打ち立てられ

歴代単独トップとなる「通算在位187場所」において

実は、その記録を達成した現役最年長力士は、

幕内、十両はおろか幕下の土俵にすら

一度も立ったことのない序二段の力士なのである。

立浪部屋の華吹(はなかぜ)、46歳は

1986年3月場所に初土俵を踏んで以来、

30年以上にわたって土俵に立ち続けてきたが、

最高位は三段目である。

しかしながら、

西の序二段28枚目で迎えた今場所において、

歴代最多となる通算在位187場所の記録を打ち立てた。

安美錦を紹介します。

角界随一の技巧派として

大相撲の取り口に置いて土俵を楽しませてくれた

最年長関取の安美錦が40歳です。

大相撲の元関脇で、現役最年長関取の

西十両11枚目の安美錦(40)=本名

・杉野森竜児、青森県深浦町出身、

伊勢ケ浜部屋=が、現役引退を表明した。

安美錦関が土俵に上る姿は実に痛々しい

足に貼ってある包帯が印象的でした。

ひざの大けがに苦しみながら、

今場所で関取在位117場所の

歴代最多記録に並んでいたが、

引退後は、年寄名跡「安治川」を所有しており、

今後は後進の指導にあたる見込み。

安治川親方としてのこれからに期待したい!

アドセンス広告



40歳以上まで現役を続けた力士一覧

力士  部屋  最高位  40歳誕生日  誕生日時点の番付  40歳以降の最高位  引退場所 引退時点の年齢
華吹  立浪 東三段目18  2010年5月28日  東序二段25  西三段目86  (現役)
翔傑  芝田山  西幕下4  2016年9月5日  東幕下30  東幕下30 (現役)
桃智桜 式秀 東序二段53 2017年2月7日 西序ノ口19 西序二段94 (現役)
聡ノ富士 伊勢ヶ濱   東幕下55  2017年4月15日 東三段目83 東三段目83  (現役)
芳東 玉ノ井   東前頭12 2017年5月26日 西三段目29 東三段目14 (現役)
富士ノ風  尾車  西幕下14  2017年6月24日 東序二段34 西三段目69  (現役)
大子錦  高砂 西三段目77 2017年10月12日 西序二段103 東序二段74 (現役)
天一 山響  西幕下10  2017年11月22日 西三段目49 西三段目32 (現役)
輝の里 田子ノ浦 東三段目23 2018年1月27日 東序二段30 東序二段30 (現役)
潮来桜 式秀 東序二段19 2018年10月2日 東序二段102 東序二段69 (現役)
剛力山 高田川 東幕下17 2019年3月21日 西三段目54 東三段目38 (現役)
魁ノ若 友綱 幕下14 2019年4月20日 東序二段43 東序二段43 (現役)
越ノ龍 藤島 西幕下34 2019年5月17日 西三段目60 東三段目55 (現役)
大潮 時津風 東小結 1988年1月4日 西幕下1 西幕下1 1988年1月場所 40歳0ヶ月
栃の山 千賀ノ浦 西幕下2 2013年2月24日 東三段目33 東三段目20 2013年5月場所 40歳2ヶ月
琴冠佑  佐渡ヶ嶽 東十両7 2006年2月2日 西幕下27 西幕下25 2006年9月場所 40歳7ヶ月
嵐望 貴乃花 東幕下13 2012年7月2日 東序二段13 東序二段13 2013年5月場所 40歳9ヶ月
安美錦 伊勢ヶ濱 東関脇 2018年10月3日 西十両2  西十両2 2018年10月3日 40歳9ヶ月
旭天鵬 友綱 西関脇 2014年9月13日 東前頭14 東前頭7 2015年7月場所 40歳10ヶ月
安芸旭 大島 東序二段18 2004年6月11日 東序ノ口4 西序二段107 2005年5月場所 40歳11ヶ月
輝面龍  高砂 東幕下4 2009年9月29日 西三段目24 東幕下60 2010年9月場所  41歳0ヶ月
牧本 時津風 東前頭12 1981年8月13日 西幕下34  西幕下27 1982年11月場所 41歳3ヶ月
旭光  友綱 東幕下35 2016年7月4日 東序二段51 東序二段43 2018年3月場所  41歳8ヶ月
郡山 三保ヶ関   西幕下2 2011年8月8日 西三段目69 西三段目43 2013年9月場所 42歳1ヶ月
笠力 二所ノ関 東序二段67 2010年7月13日  東序二段60 東序二段67   2013年1月場所 42歳6ヶ月
伊勢ノ花 伊勢ヶ濱 東幕下23 2015年1月3日  西三段目83 西三段目64 2019年1月場所 44歳0ヶ月
栃天晃  春日野  東十両4 2007年2月19日 東幕下55 西幕下50   2011年技量審査場所 44歳3ヶ月
出羽の郷 出羽海 東十両14  2010年11月22日   東三段目44  西幕下38  2015年5月場所  44歳6ヶ月
北斗龍 北の湖 東三段目53 2011年3月16日 東序二段104 東序二段50 2017年3月場所 46歳0ヶ月

まとめ

今回は現在でも現役で活躍している年長の力士の皆さんを詳しく

調べてみました。

その他に、大相撲を楽しんで頂ける

放送の内容や解説者も紹介しました。

最年長でありながら立派な記録を打ち立てた

華吹(はなかぜ)関と安美錦関も紹介いたしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク