シェアする

歴史上で最強の力士は誰かな?ランキングで調べてみた!

シェアする

何時の時代でも強い横綱がいるのですが

そんな最強の横綱はどんな横綱は誰なのかを調べてみました。

最強力士ランキング

数値別に横綱の現在までの実績を記載しました。

順位 力士名 幕内優勝回数
第1位: 第1位:白鵬 40回
第2位 大鵬 32回
・第3位 千代の富士 31回
・第4位 朝青龍 25回
第5位 北の湖

幕内勝利数
・第1位:白鵬 972

・第2位:魁皇 879

・第3位:千代の富士 807

・第4位:北の湖 804

・第5位:大鵬 746

通算勝利数
・第1位:白鵬 1066

・第2位:魁皇 1047

・第3位:千代の富士 1045

・第4位:大潮 964

・第5位:北の湖 951

連勝記録
・第1位:双葉山(1939年) 69

・第2位:白鵬(2010年) 63

・第3位:千代の富士(1988年) 53

・第4位:大鵬(1969年) 45

・第5位:白鵬(2013年) 43

数字で見る最強力士は、白鵬の記録が凄い記録ですね!

しかも白鵬はまだ現役であり、まだまだ記録は更新されるのです。

白鵬が現在持つ記録は、未来永久に破られることはないと

思いますが、確かに凄い記録です。

しかし、記録は何時の時代でも更新されていきますので

将来の記録も、楽しみですね

これ以上の記録はではないかとまで言われるほどすごい記録なのです。

強横綱力士ランキング形式

ここでは、記録とは別に

相撲ファンにとって印象に残った横綱について

横綱をランキング形式で紹介します。

第1位:千代の富士

端正なルックスと相撲の鋭さから「ウルフ」という相性で親しまれ、

また力士としては、小柄の体型で
横綱へ昇進したことから「小さな大横綱」と呼ばれた千代の富士ですが

20歳で初入幕を果たしましたが、度重なる脱臼に泣かされ

一時は幕下にまで落ちるなど、順風満帆な出世ではありませんでした。

千代の富士が強くなったのは30代になってからですが、

脱臼しやすいという弱点を克服するために、

独特のトレーニングで、肩に筋肉の鎧をまとったと言われています。

以前の投げ中心の取り口から左前みつを引き、

一気に前にでる相撲に切り替えたことが功を奏し、

関脇の地位で優勝したのは物凄い記録です。

大関3場所目で優勝し横綱へ昇進わ果たし、

「千代の富士時代」を築いたのです。

優勝回数は31回を誇り、歴代3位、

いわずと知れた昭和の大横綱です。

現役を引退する際のコメントで

「気力・体力の限界」という言葉が印象的でした。

自分にも、そして相手力士にも厳しかった

千代の富士が最強と呼ばれるのは、当然のような気がします。

第2位:大鵬

大鵬は兎に角大鵬は強く

「巨人・大鵬・卵焼き」という言葉が流行したくらい大人気だった

大鵬でした。

新入幕の翌年には横綱へ昇進するというスピード出世を果たし、

優勝回数32回は白鵬に抜かれるまで長くトップに君臨していました。

大鵬はどんな相手と組んでも柔軟に対応できる強さを持っていましたが、

逆に「型がない」とも言われたりしました。

確かに強いと兎角批判を受ける事も多々ありますが

また、「世紀の大誤審」と言われた事件の対しても

「ああいう相撲をとった自分が悪いんです」とだけ語り、

強さと品格のある横綱としてさらに評価を高めることとなりました。

第3位:北の湖

「憎たらしいほど強い」と言われるほど圧倒的に強かった北の湖ですが、

13歳で相撲部屋へ入門してから、18歳で幕内力士となり、

21歳で横綱へ昇進はスピード出世は見事です。

在位63場所は白鵬に抜かれるまでダントツ1位の記録でした。

同時期に大関・貴ノ花や横綱・千代の富士などの人気力士

おり、

横綱の激戦時代には

北の湖が負けると歓声が上がり、

勝つと座布団が舞うことも多々ありました。

然しながら、相撲一筋な真面目さを評価するファンも

多かった様な気がします。

第4位:白鵬

現在の白鵬は新しい記録を更新中ですが

実績ナンバーワンの平成の大横綱です。

異次元の数字を記録し、現在も更新中です。

白鵬の記録については、朝青龍の引退が早かったこと、

白鵬のライバルとなる力士がなかなか現れなかったからだ

などと言われもします。

それでもこれだけの記録を残すことは並大抵ではありません。

相撲界の不祥事が続き、

相撲人気が下落してしまった時、

1人横綱として角界をひっぱり、盛り上げるために

相撲の発展に真摯に取り組んでいました。

横綱の品格うんぬん言う輩もいますが、

相撲界があの苦境を乗り超えることができたのは、

白鵬が横綱だったからです。

それだけでも白鵬は最高の横綱だと言ってもいいと思っています。

第5位:貴乃花

数々の最年少記録を持つ貴乃花は、

兄・若乃花とともに、平成初期に「若貴ブーム」を起こした

名横綱です。

優勝回数は22回、

同時代に活躍した曙や武蔵丸といった体の大きな外国人力士と

互角に戦い、相撲を盛り上げて来た横綱です。

前頭筆頭の地位の時には横綱千代の富士と対戦、

金星を勝ち取って、あの強かった千代の富士を

引退に追い込んだことは有名です。

取り口としては、正面から当たって4つに組み、寄り切る、

いわゆる横綱相撲で勝利を積み重ねていきました。

まとめ

如何でしたか?

現在迄に歴史的に活躍してきた横綱の皆さんは

苦労を重ねながら活躍して来た横綱を紹介しました。

印象に残った横綱を思い出して、現在や

これから横綱に昇格知てこられる力士の皆さんと

比較してみると、大相撲が楽しくなるかもしれませんね

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク