大相撲の決まり手とは?一覧のランキングと歴史を解説!

そもそも、相撲の起源は神話の時代にまでさかのぼり、

大相撲の歴史は1500年以上なのです。

スポーツとしての醍醐味も魅力ですが、

その枠を越えた伝統文化だからこそ、

日本人は老若男女問わず、

相撲が大好きなのも理解できます。

そんな大相撲、時代とともに様式やルールが変化し、

現在の決まり手は全82手も存在します。

基本技、投げ手、掛け手、捻り手、特殊技などと、

技の種類も分類されていのです。

大相撲で勝敗が決まったときに

決まり手の技の名を表現します。

相撲を見ているだけで少しづつ

決まり手の技も理解出来るようになってきます。

今回は、大相撲の決まり手の説明と

大相撲の、一覧のランキングについて

最後に、大相撲の歴史について解説いたします。

アドセンス広告



大相撲の決まり手とは?

相撲の決まり手とは、

取り組みで勝負がついた時

勝った力士から見た時の

決まり技のことをいいます。

日本相撲協会が定めている

決まり手の種類は八十二手もの種類があります。

基本的には決まり手で勝敗が決まるのですが、

力士の落ち度によって勝負がついてしまうような

「非技」という勝負結果も5つあります。

また、反則行為として

8つの「禁じ手」と定められています。

反則行為を行った場合は即座に負けとなります。

決まり手の20手を紹介します。

1、寄り切り

四つに組んで相手にからだを密着させ、
にじり寄って土俵の外に押し出す技のことです。

2、押し出し

両手もしくは片手を相手のからだに押しあて、
土俵の外に押し出す技のことです。

3、はたき込み

からだを開き、片手か両手で相手の
肩などをはたいて土俵に手をつかせる技のことです。

4、突き落とし

片手を相手の脇にあて、
相手の重心を傾けさせ、斜め下に
押さえつける技のことです。

5、上手投げ

四つに組んで相手の腕の上から
廻しをつかみ、投げ倒す技のことです。

6、突き出し

相手の胸や肩を手で強く突っ張り、
土俵の外に出す技のことです。

7、押し倒し

両手もしくは片手で相手のからだを
押して倒す技のことです。

8、引き落とし

向かってきた相手の腕や肩を手前に引いて、
土俵に倒す技のことです。

9.寄り倒し

相手にからだを密着させてにじり寄り、
相手にからだを預けて倒す技のことです。

10.送り出し

相手の横や後から突いたり、
押したりして土俵の外に出す技のことです。

10、送り出し

相手の横や後から突いたり、
押したりして土俵の外に出す技のことです。

11、掬い投げ

廻しはとらずに相手の腕を返し、
下手からすくいあげるように
投げ倒す技のことです技のことです。

12、下手投げ

四つに組んで相手の腕の下から
廻しをつかみ、投げ倒す技のことです。

13、小手投げ

自分の脇の下に入れられた
相手の手を抱え込み、廻しを取らずに投げる技のことです。

14.肩透かし

相手の脇の下に入れた手で
相手の腕のつけ根を抱えるか、
脇に引っかけて前に引き、
もう一方の手で相手の肩などをたたいて
引き倒す技のことです。

15、上手出し投げ

上手から廻しをとり、からだを
開きながら相手を引きずるように倒す技のことです。

16、渡し込み

相手の膝か太ももを上手になった手で
抱え、もう一方の手で相手を押し倒す技のことです。

17、きめ出し

相手の腕を外側から回した自分の腕で
締めつけながら、にじり寄って土俵の外に出す。

18.首投げ

相手の首に自分の腕を巻きつけ、
相手を巻き込むようにして投げる技のことです。

19、とったり

両腕で相手の片腕を取り、
体を開いて手前に捻って倒す技のことです。
20、突き倒し
相手の顔や胸を突っ張り、倒す技のことです。

ここ迄が比較的使われている技を紹介しました。

尚、以上の技の説明で不足の場合には

こちらを御覧ください

日本相撲協会のはっけよいせきトリくんサイトはこちら

アドセンス広告



決まりてのランキング一覧

1位. 寄り切り 2040票

2位 上手投げ 1439票

3位 押し出し 1267票

4位 区別つかない 1176票

5位 突き出し 86票

6位 押し倒し 65票

7位 下手投げ 46票

8位 吊り出し 44票

9位 寄り倒し 42票

10位 小手投げ 39票

11位 叩き込み 36票

12位 突き落とし 32票

13位 掬い投げ 31票

14位 吊り落とし 25票

15位 送り出し 23票

16位 突き倒し 16票

17位 引き落とし 10票

18位 内掛け 9票

19位 外掛け 3票

20位 その他 103票

決まり手ランキングの中にある

4位 区別つかない 1176票の項目は

決まり手がはっきり識別出来ない項目です。

アドセンス広告



大相撲の歴史を解説

国技といわれ、日本の伝統文化である相撲。

その起源、源流をたどっていくと、

神話の時代にまでさかのぼらなければなりません。

日本の文化に深く根ざし、

いつも人々の生活とともにあった相撲。

ここでは1500年以上続く

相撲の歴史の一端を紹介します。

相撲の起源とは?

相撲は人間の闘争本能の発露である

力くらべや取っ組み合いから発生した

伝統あるスポーツである。

これによく似た形態のスポーツは

古来世界各地で行われていました。

我が国の相撲の起源としては、

古事記(712年)や日本書紀(720年)の中に

ある力くらべの神話や、

宿禰(すくね)・蹶速(けはや)の天覧勝負の伝説があげられる。

相撲はその年の農作物の

収穫を占う祭りの儀式として、

毎年行われてきた。
これが後に宮廷の行事となり300年続くことなる。

戦国の力自慢

鎌倉時代から戦国時代にかけては

武士の時代に突入。

武士の戦闘の訓練として盛んに

相撲が行われた。

織田信長は深く相撲を愛好し、

元亀・天正年間(1570~92年)に
近江の安土城などで各地から力士を集めて

上覧相撲を催し、

勝ち抜いた者を家臣として召し抱えたと

されていました。

江戸文化と相撲は

江戸時代に入ると浪人や力自慢の者の中から、

相撲を職業とする人たちが現れ、

全国で勧進相撲が行われるようになり、

江戸時代中期には定期的に

相撲が興行されるようになった。

やがて、その中から、

谷風、小野川、雷電の3大強豪力士が出現し、

将軍上覧相撲も行われ

相撲の人気は急速に高まり、

今日の大相撲の基礎が確立されるに至った。

相撲は歌舞伎と並んで

一般庶民の娯楽として

大きな要素をなすようになった。

江戸時代から変わらぬ姿

大相撲は、長い歴史の中で

次第にルール化され、洗練され、

様式化されてスポーツとしての形態を整え、

我が国固有の伝統文化となったのである。

日本の文化に深く根ざし、

いつも人々の生活とともにあった相撲。

相撲には歴史・文化・神事・競技など

様々な側面があり、

それぞれ奥深い要素を持っています。

テレビでは味わえない

~戦国時代より登場した行司、

江戸時代より続いている

土俵入り、化粧廻し~など、

長年続いてきた文化を、会場で是非ご体感ください!

まとめ

大相撲の決まり手とは

沢山の決まり手がありました。

そして、決まりての一覧では

決まりてのランキングを掲載しましたが

大相撲の歴史は古代から

農作物の豊穣を祝って

国を治めた藩主が行った祝い事を

開催するようになり

従って、一般の人達から、相撲の強い力士が

現れる様になり

現在の大相撲が大きな興行として

開催され、私達相撲ファンを楽しませてくれているので

楽しいですね!

相撲かっこいい技ランキング!決まり手が多いイケメンは誰?

相撲の取り組みの決め方は?誰が決めているの?
相撲の決まり手一覧!珍しい決まり手とは?

大相撲九州場所が始まります。

平成最後の九州場所になりますね!

相撲は国技なのに
たまに見るくらいしか私はないのですが、
実際どんな決まり手があるのだろうと
思ったので調べてみました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク