シェアする

大相撲の三役の意味や大相撲 三役の人数は? 三役そろい踏みについて

シェアする

愈々令和元年の名古屋場所が開幕されますね!
各場所で良く耳にする言葉の中に
「三役」とか
「三役そろい踏み」
という関連する言葉が存在します。

今回は、この「三役」という言葉の意味や、
人数制限があるのかについてご紹介します。

また、「三役揃い踏み」という、
関連する言葉についてもまとめてみました。

「三役」ってどういう意味?

「三役」の意味は、元来では
「大関」「関脇」「小結」といった
大相撲番付表の上位三つの役を指しています。

しかし最近では、
「大関」は特別な地位という理由で
関脇と小結の2つの地位を総称する意味で
使われることが多くなっています。

三役以下の力士が三役力士に勝利した時には、
放送の中で、インタビューが行われます。

その時に、インタビューするアナウンサーから
”おめでとうございます”と挨拶されるのが普通ですが

その後に”いよいよ目指すのは三役ですね”
質問を投げかけられます。

インタビューを受ける側の力士は戸惑いながらも
「一番一番がんばるのみです」と言う程、
「三役という言葉」はなかなか口に出来ないほど
重みがある言葉であるという印象があります。

この事から、
新入幕入した力士がまず目指す地位が、
この「三役」なのだと思うのです。

しかしながら、三役の地位を維持するのは大変です。

その一方で、
大相撲では番付が低いと、

対戦相手も番付が低い者同士組まれるので、

その分、勝ち星が取りやすい傾向にあるからです。

これとは逆に、三役にいる力士の対戦相手は、

横綱や大関、あるいは、自分と同じ地位か

それ以上の実力がある同じ三役力士となります。

更に上に上がろうと努力するのだが、

強い相手とあたる日が連続して、続く訳ですから、

それだけ連勝は難しくなってくるのです。

関脇や小結は、入れ替わりが激しいので、
見てる側からすれば、

これが大相撲の1つの魅力であり
目が離せなくなる1つの要因であると思います。

三役には人数制限があるの?

この「三役」と呼ばれる地位ですが、
何かしらの人数制限はあるのでしょうか。

結論から言うと、

三役の人数制限は基本的にはありません。

三役の人数制限は基本的には、

三役という言葉が指す
関脇と小結は東西に1名ずついる必要があります。

それでは、関脇や小結が2名以上いるのかと言うと、

基本的には東西に1名ずつであるケースが殆どです。

例外としては、その場所で関脇2人が勝ち越し、
且つ、角番大関が負け越して関脇に陥落する場合は、
関脇が3人になるケースも少なからず見られます。

また、鶴竜関が2011年の夏場所で小結で12勝した際に、
当時の関脇が2名ほど勝ち越したため、
関脇が3名になったというケースもありました。

ただ、現状では、
「東の関脇」「西の関脇」「東の小結」「西の小結」
三役はこの4名を指すことになっているため、
人数制限があると考えてもいいのかもしれません。

「三役揃い踏み」とは?実は関脇と小結が少ない?

千秋楽(本場所最終日)場所にて、

結びの取組みから三番の取り組みの前に

「これより三役」という言葉が館内にアナウンスされ、

三番取り組む力士が土俵上に上がって四股を踏む場面を

「三役揃い踏み」と呼ばれています。

けれども、三役と言いながらも、残り三番には

当然、横綱は残っている場合が殆どです。

そして勝ち星の多い大関。

関脇、小結の力士は、負け越す事も少なくないので、

この場に要ることは少ない傾向にあります。

その一方で、ここに入ってくるのが、

その場所で、成績が好評の平幕力士です。

若くして上がってきた平幕力士が、

凜々しく土俵に上がる姿を見ると、

「よくここまでがんばってきたね」

という感じでつい、感動してしまいます。

場内の方々もきっと同じ気持ちなのでしょう。

平幕力士が「これより三役」で土俵に上がると、

場内から歓声があがります。

平幕力士にとっては
夢の舞台ではないのでしょうか。

もうひとつ、三役がそろって
土俵にあがる場面があります。

それは場所初日の「協会挨拶」の時です。

日本大相撲協会理事長とともに、
横綱と三役以上が土俵にあがり
理事長とともにお辞儀をします。

この場面には、多くの相撲ファンには、大変人気があります。

初日は負傷者がいないわけですから、

横綱と三役が揃う所がほぼ必ず見られるという

単純な理由ですが、

四方にきちんとお辞儀をする

力士の立ち振る舞いには

多くの相撲ファンの皆さんが楽しみにしている美しい一場面です。

この記事のまとめ

三役とは、もともとは関脇と小結に加え、
大関を含めた3つの番付を指す言葉でしたが、

今日では前者2つを指すものとして使われています。

三役には人数制限はないものの、
実際には東西の関脇、小結の4名のことを指す
言葉として使われているのが現状です。

また、関連する「三役揃い踏み」の意味ですが、
千秋楽の結びで、大関、関脇、小結の力士が
土俵上で四股を踏むことを表しています。

大相撲の世界で一度でも三役に入ることは、
非常に名誉なことなのです。

実際に「三役経験者」という言葉は、
まるで役職の様にいつまでも付いてきます。

引退後に解説者としてマイクで喋る場合でも、
三役経験者は、元横綱、元大関と同じように
元三役経験者」と紹介されるのです。

それだけ大相撲協会での「三役」は
物凄い努力と根性の積み重ねで勝ち取った

非常に名誉ある役なのです。

最後までお付き合い有難う御座いました。

スポンサーリンク