シェアする

妙義龍出身地は何処!結婚式は何時したの?お嫁さんは美人!

シェアする

妙義龍は「花のロクイチ組」の1人として活躍している人気力士です。

今回は、妙義龍の出身地や結婚の情報等を調べてみたよ!

どうぞ今回の記事をご覧になって、妙義龍のファンになっては如何かな!
スポンサードリンク



妙義龍のプロフィール

妙義龍 泰成 (みょうぎりゅう やすなり)
生年月日 1986年10月22日 です。
略歴 兵庫県高砂市出身の境川部屋所属の現役大相撲力士。
本名 宮本 泰成(みやもと やすなり)。
身長 186cm、
体重 155kg、
血液型 A型、
最高位 東関脇(2012年9月場所 – 11月場所、
2013年7月場所 – 9月場所、
2014年9月場所)。

趣味は釣り。

妙義龍の人気 「なんで俺なん?」大相撲総選挙の結果

得意手は押し相撲だが、右を差して寄る相撲も見せている。

妙義龍の父親は、自動車の板金塗装を営む家庭に

生まれて、幼少期から運動神経が活発な少年でした。

そんな少年が現在では、角界において人気力士として

活躍をしており、近い将来には幕内の上位を目指して

頑張っています。

今回は妙義龍の生い立ちから、出身地は何処なのか

そして、最近結婚式されたのですが何時したのか

お嫁さんはどんな女性なのかについて

調べてみました。

妙義龍の略歴

今回は、妙義龍の略歴について、

年代別にまとめました。

小学校の略歴 相撲に興味をもった内容

兵庫県姫路市の広畑小学校のHP

妙義龍が相撲に出会ったのは小学2年生の時でした。

近所の神社で行われた祭りの相撲大会で優勝した際に、

そこで1対1の勝負に勝つという楽しさを知ったのです。

しかしながら、神社の相撲大会に出場した時に

この時は決勝で負けてしまい、

この悔しさから相撲に本格的に打ち込むようになり、

それ以来祭りなどの催し的なものではなく、

市大会や県大会のような公式戦に出場するようになった。

宮本 泰成は、本格的な相撲に対して、この頃から

角界を目指していたようです。

本当に相撲が好きだったのですね!

チームメイトには同県龍野市(現在のたつの市)出身で

中学卒業後に北の湖部屋へ入門した同級生の北磻磨がいました。

中学校時代の略歴

高砂市立荒井中学校時代には

3年生の時に兵庫県大会で2位の実績を挙げたことで

全国中学校体育大会(全中)への出場を果たした。

この頃は、陸上部に籍を置いて円盤投げや砲丸投げにも取り組んだ。

ただ、この頃は相撲教室には2ヶ月に1回しか通っておらず、

完全に相撲に対する興味が薄れており、

釣りを楽しんだりゲームセンターで遊んでいたりした。

また、この頃は不良グループに入っており、

髪を茶髪にしたり、深夜まで学生服を着て遊んだり、

時には喧嘩をしたりしたが、

問題になると決まって父から痛い仕置きを受けた。

中学時代はトラック運転手に憧れていたのだが、

将来の夢について

両親と真面目に話し合った時に、

サボっていた相撲を「もっと本気でやってみないか」と説教されました。

この説教が身に染みて相撲への意欲が芽生えたのかも

全国中学校体育大会に出場した際に、

埼玉栄高校の相撲部監督に見学を薦められ、

その縁で同校に入学したのです。

スポンサードリンク



高校時代から大学時代には、

高校2年生の時まで公式戦に出る機会がなく、

監督の山田道紀からは「鉄砲で日本一になれ」と

言われたことから、ひたすら鉄砲に精進したのです。

2004年には同級生の豪栄道と共に

全国高等学校総合体育大会(高校総体)に出場し、

団体戦では澤井が主将・宮本が副将として

チームを引っ張って行った。

個人戦では豪栄道が高校横綱、

妙義龍は準優勝に輝いています。

入門から十両昇進まで

2009年5月場所前に豪栄道が所属する境川部屋へ入門し、

5月場所で2007年3月場所の森以来となる

幕下15枚目格付出として初土俵を踏んだのである

入門に関しては、親方の人柄で決めたそうです。

初土俵となった2009年5月場所では、

デビュー戦では黒星を喫したものの、

その後4連勝して5勝2敗と勝ち越しを決めた。

その後、同年7月場所・9月場所・11月場所と3場所連続して

5勝2敗と勝ち越し、

同年11月場所後の番付編成会議で

2010年1月場所における新十両への昇進が決定。

兵庫県からの新十両は、2004年9月場所の若麒麟以来である。

新十両後

2010年1月場所では、新十両の場所となった。

しかしながら、初日に十文字を押し出しで破って

初勝利を挙げたのだが、

2日目の臥牙丸戦では

左膝前十字靭帯断裂という重傷を負ってしまい

3日目から休場することになった。

初日の成績は、この場所を1勝2敗12休で終えた。

以後は再出場することなく

さらに翌3月場所から3場所連続で休場してしまい、

9月場所で復帰した時には、

番付は西三段目94枚目まで落ちてしまった。

番付は西三段目94枚目復帰し

戦全勝の成績を収め、

優勝決定戦では大学の後輩である千代桜に敗れたものの、

翌11月場所にて幕下へと復帰した。

その11月場所では、

6勝1敗の成績を挙げ、

優勝決定戦も制して幕下優勝を果たした。

2011年1月場所では、一番相撲から6連勝としたが、

千秋楽に同じく全勝の松谷(現・松鳳山)に敗れて

優勝を逃してしまった。

その結果、翌5月技量審査場所では

東幕下8枚目の位置で4勝3敗という成績だったのだが、

大相撲八百長問題で関取から多数の引退者が出た影響もあり、

翌7月場所において再十両を果たした。

その7月場所では

11勝4敗の成績を挙げ優勝決定戦まで進出し、

優勝決定戦では舛ノ山を破って初の十両優勝を飾った。

翌9月場所でも圧倒的な強さを見せ、

13勝2敗の成績を挙げて2場所連続2回目となる

十両優勝を達成し、

翌11月場所において新入幕を果たした。

兵庫県からの新入幕は、2011年5月場所の栃乃若以来である。

新入幕後 新十両への昇進

新入幕となった2011年11月場所では

11日目に勝ち越しを決め、

自己最高位となる東前頭筆頭の位置で迎えた。

翌3月場所では、横綱・大関陣に対して1勝もできず、

早々と11日目に負け越しが決まってしまったものの、

結果的には7勝8敗と1点の負け越しに抑えて

この場所を終えた。

9勝6敗の成績を挙げて初の技能賞を受賞した。

自己最高位となる東前頭筆頭の位置で迎えた

翌3月場所では、

横綱・大関陣に対して1勝もできず、

早々と11日目に負け越しが決まってしまったものの、

結果的には7勝8敗と1点の負け越しに抑えてこの場所を終えた。

翌5月場所では4大関を破る活躍を見せて、

翌7月場所では新十両への昇進(東小結)した。

9勝6敗の成績を挙げて2回目の技能賞を受賞した。

翌7月場所では新三役へ昇進(東小結)した。

その場所は3日目に大関・鶴竜を破り、

8日目にそれまで全勝だった大関・把瑠都を破る活躍を見せて、

8勝7敗と勝ち越しを決めて3回目の技能賞を受賞した。

翌9月場所には新関脇へ昇進(東関脇)。

その場所は初日に大関・稀勢の里戦で敗れたが、
2日目から6連勝し、11日目に勝ち越しが決定。

最終的に10勝5敗の好成績を挙げて

4回目の技能賞を受賞した。

3場所連続しての技能賞受賞は、

1987年5月場所から同年9月場所にかけての旭富士以来25年ぶりのこととなった。

2013年の経過

翌2013年1月場所では3日目に

横綱・白鵬を破り自身初となる金星を獲得

3月場所は不戦勝も含め3大関から白星を挙げて8勝7敗。

同年5月場所では2日目に横綱・日馬富士を破り2個目の金星を獲得し、

11勝4敗の好成績を挙げて5回目の技能賞を受賞した。

翌7月場所で一気に東関脇に復帰したが、

9日目には横綱・日馬富士を2場所連続で破ったが、

千秋楽に8勝7敗とようやく勝ち越しにとどまった。

翌9月場所では新入幕場所以来となる初日

最終的には6勝9敗に終わった。

平幕に落ちた11月場所は8勝7敗で勝ち越し。

2014年の経過 怪我の影響について

2014年1月場所は再び三役に番付を戻したが、

初日の碧山に敗れた際に、一番で脇腹付近を痛めた上に

3日目に豪風に敗れた際に脇腹の負傷を悪化させ、

結局初日から3連敗を喫した末に

4日目から「右後腹膜血腫で約2週間の安静加療を要する」との

診断書を日本相撲協会に提出して休場した。

途中休場を喫した直後は食事を摂るだけで

青黒く腫れた患部に強い痛みが走ったというが、

患部の画像を携帯電話に残して見返すことでそのころの

辛さを忘れないようにしたと伝わっている。

復帰場所となった3月場所、

翌5月場所はいずれも8勝を挙げ、

9月場所は1年ぶりに東関脇の地位で迎えたが、

左目網膜剥離により全休。

9月11日に東京都内の病院で左目の手術を受け、

その後入院せず部屋での静養を行っている模様。

東前頭11枚目まで番付を下げた。

翌11月場所は、11日目に勝ち越しが決定し、

最終的に9勝6敗。

●2015年の経過 小結に復帰

東前頭8枚目だった2015年1月場所は、

13日目に勝ち越しが決定し、最終的に9勝6敗。

翌3月場所では番付運に恵まれて小結に復帰

この場所では、2日目に大関・稀勢の里を破った。

なお、大関との取組での勝利は、

14日目には、2013年7月場所(当時関脇)以来となる

三役での勝ち越しが決定し、最終的に8勝7敗。

翌5月場所では、関脇に復帰し、この場所は7勝8敗と負け越して

小結に落ちるも、7月場所で8勝7敗と勝ち越して

9月場所で関脇に復帰。

この場所は2013年7月場所以来2年ぶりに関脇で勝ち越した。

翌11月場所では、

足首の状態が良くなかったためか2勝13敗と自身初の

二桁黒星を喫したが、5日目に横綱・鶴竜を2場所連続で破った。

2016年の経過 苦労の多い時期について

1月場所は東前頭8枚目で迎え、8勝7敗と勝ち越し。

東前頭6枚目に番付を上げた3月場所は、

12日目終了時点で10勝2敗と優勝の争いの

一角に加わっていたが、

13日目以降は平幕力士相手に3連敗を喫して脱落。

それでも10勝5敗と大きく勝ち越した。

東前頭筆頭で迎えた5月場所は、初日から4連敗し、

その後も勝ち星を伸ばせず12日目に負け越しが決まり、

最終的には6勝9敗だった。

西前頭3枚目で迎えた7月場所は、

夏場所後に足首を手術した影響を残したのか

序盤から負けが込んで

10日目にして8敗を喫し負け越しが確定。

しかしそこからは5連勝で7勝8敗まで戻して面目を保った。

9月場所は東前頭4枚目で5勝10敗と自身2度目の2ケタ黒星。

11月場所は千秋楽で勝利して8勝と勝ち越し。

●2017年の経過 2週間の安静加療で初心に戻る!

靖国神社奉納大相撲 妙義龍関の相手は

東前頭7枚目に番付を再び上げた1月場所は

一度も連勝できず4勝11敗の大敗。

東前頭14枚目まで番付を落とした

3月場所も調子が上がらず、

序盤から黒星が先行した。

それでも12日目にそれまで10勝1敗と優勝争いをしていた

栃煌山を破り、場所中初めて星を五分に戻した。

しかし13日目に十両の阿武咲に敗れて後がなくなると、

14日目に千代翔馬に敗れてついに負け越しが決まる。

千秋楽も敗れ、この終盤の3連敗が響いて6勝9敗。

初土俵以来初めてとなる幕内二桁台での皆勤負け越し。

5月場所は十両陥落の可能性もあったが、

番付を一枚下げたのみの東前頭15枚目で迎えることになった。

5月場所は前半戦こそ黒星と白星の一進一退が続いたが、

8日目から4連敗で負け越しとなる8敗目を喫すると、

その後も星が伸びず4勝11敗と大敗した。

これにより34場所連続で在位した幕内から落ちることとなった。

7月場所は3日目終了時点で1勝2敗と黒星先行であったが、

12日目には勝ち越しを確定させた。

最終的に10勝5敗の好成績を残した。

9月場所も8勝7敗で勝ち越しを決めた。

13日目の取組で膝を負傷し、

14日目から左膝半月板損傷で

2週間の安静加療を要するという

診断書を提出し休場した。正代戦は不戦敗。

千秋楽翌日、松葉づえをつきながら1人で帰京し、

11月30日、患部の内視鏡手術を行い1週間入院。

退院後、ウォーキングからリハビリを始めた。

このような状態で2018年1月場所に

出場できるのかと不安になっていたが、

山田道紀の教えを思い出し、

初心に帰って鉄砲で体の動きを確かめた。

心境も「十両に落ちたくない」というものから

「落ちても関取」と余裕のあるものに変わった。

2018年 前頭筆頭に復帰

1月場所は東十両筆頭に番付を下げたが、

休場明けの序盤は黒星が先行する厳しい成績だった。

しかし、中盤以降は白星を積み重ねて10勝5敗とし、

英乃海との優勝決定戦を制して3度目の十両優勝を果たした。

ご当地の3月場所に向けての意気込みを語った。

2場所ぶりの幕内となる西前頭15枚目で臨んだ

3月場所は終盤の連敗もあって6勝9敗の負け越しに終わった。

番付が後ろに1枚半しかない状況で

十両陥落となる星勘定であったが、

幕内から十両へ落ちる力士の数が多く、

5月場所は僅か半枚減の東前頭16枚目に踏みとどまった。

この場所は10勝5敗の好成績で、

およそ2年ぶりに幕内で二桁勝利を果たした。

東前頭9枚目に番付を伸ばした7月場所も9勝を挙げた。

以降、9月場所まで勝ち越しを続け、

これによって3年半ぶりとなる3場所連続勝ち越し。

11月場所は前頭筆頭に復帰。

2日目にこの場所一人横綱の稀勢の里を破り、

5年半ぶりに金星を獲得した。

妙義龍の結婚に至るまでの過程

1987年5月の場所後に

妙義龍が現在の夫人を食事に誘い、

交際に発展したのだが

翌11月場所は序盤から苦戦して、

早々と10日目に負け越しが決まってしまい、

結果的にも6勝9敗に終わったものの、

11日目に大関・鶴竜、12日目には

新横綱の日馬富士、

13日目には大関・琴奨菊を破って意地を示したのである。

妙義龍の恋愛の過程は

結婚する女性とは高校1年生の時に出会っており、

隣の席だったのがその女性であり

「いろいろとしゃべっているうちに。

同じクラスメートで気になる存在だった」と意識するようになった。

しかし、当時の相撲部は恋愛禁止だったので、

交際には発展させられず。

高校卒業後は現在の妻とは別々の大学に進学しているが

こまめに連絡を取り合っていたのだが、

この時も交際には発展しなかった。

さらに、携帯電話の所持も禁止で寮生活だったため、

学校で会った時にだけ会話する日々が続いたのである。

妙義龍の結婚相手は

埼玉栄高時に同級生だった山根香奈さんです。

(旧姓山根=30)

6月1日に婚姻届を提出しました。

同17日に第1子となる長男泰吉(やすきち)くん

生まれたとことも、報告した。

2場所連続で十両優勝した11年秋場所後に、

妙義龍が食事に誘った。

相撲に関心が薄かった香奈さんだったが、

熱心に相撲の話をする妙義龍に

「夢を持って努力する姿をすてきだと思った」と

好印象を持ち、ついに交際に発展。

14年には左目網膜剥離の手術を受けるなど、

度重なるケガに苦しんだ時に支えてもらい

「一緒にいてこの人だと思った」と

妙義龍からプロポーズした。

家庭を持ったことで、向上心が増した。

妙義龍は「来場所は(幕内に)戻って、

まずは三役に戻りたいです」と力強く決意した。

四股名について

昇進と同時に、四股名を本名である「宮本」から、

「いろいろな技を出せるように」という意味を込めて、

埼玉栄高校時代の恩師らと考案した「妙義龍」へと変更した。

妙義龍関は2010年の初場所に

十両昇進を決めた際に、

四股名を「宮本」から
妙義龍」に改めています。

その由来は、

妙=きわめて巧みなこと
技=わざ

この2文字なのだとか。

この「妙技」の字を少し変えて、

現在の「妙義龍」という四股名に

なったと言われています。

「いろいろな技が出せるように」

このような意味を込めて、母校の恩師らと

相談して決めた様です。

まとめ

今回は、人気抜群の妙義龍の生い立ちから

現在に至るまでと結婚に至るまでの過程を

調べてみました。

如何でしたでしょうか?

妙義龍は高校1年生から現在の結婚相手の

山根香奈さんに惚れて最後には結婚されたのだが

この結婚を機会に将来に向かって相撲に精進しようとする

姿は素晴らしく思いました。

今後とも、頑張って少しでも早く上位昇進に期待しましょう!

スポンサーリンク