シェアする

明生(大相撲・立浪部屋)は奄美大島出身力士!相撲経歴を完全紹介!

シェアする


大相撲・立浪部屋に所属する明生(めいせい)は、
2018年7月名古屋場所で初入幕を果たした若手注目の力士です。

体型は力士地しては決して大柄では、無いのですが

身長180センチ、体重149キロの身体を充分発揮して

相撲ファンを喜ばせてくれる、最近の人気力士の一人です。

今回は、明星関の相撲経歴を完全紹介してまいります。

母親は貴景勝さんが相撲界に入る前までは、空手を習わせていたのですが、大会で判定に納得がいかずに、その後空手をやめて相撲界へ。

スポンサードリンク



明生の詳細プロフィール&相撲経歴紹介

明生 力
(めいせい ちから)
所属部屋 立浪
本名 川畑 明生
しこ名履歴 明生
番付 前頭七枚目
生年月日 平成7年7月24日
出身地 鹿児島県大島郡瀬戸内町
身長 180.0cm
体重 150.0kg
得意技 左四つ・寄り

明生関の相撲来歴

初土俵を踏んだのが2011年に、
元々、相撲経験のあった明生関は小学6年生時には

全日本小学生相撲優勝大会で優勝を果たしている実力者でした。

中学時代にも全国大会での活躍が期待されていたのだが、

明星は小学校の頃は、
全日本小学生相撲優勝大会では優勝をしていたが

中学校時代には、全国大会での活躍が期待されていたけれど、

個人タイトルには縁がなく3年間を経過して、しまってしまいました。

この頃になると、相撲が好きな明星にとっては

相撲が強くなりたい気持ちが現れ、辛い思い出が

明星の気持ちに目覚めたのではないかと思います。

そんな折に、父親の言葉によって、大相撲の道へ決断した様です。

その後、明生は自力を付けて

2014年7月場所からは幕下にも定着するまでに成長しました。

しかし、幕下では、大きく勝ち越すことが出来ずに

番付を上げたり下げたりを繰り返していましたが、

2016年11月場所に初めて十両に昇進し念願の関取へ昇進したのです。

併し乍ら大相撲の世界は、そんなに甘い世界ではありませんでした。

結果的には、その場所では、5勝10敗と大きく負け越してしまい

幕下へ降格しましたが、

2場所経験後の2017年5月場所から十両に再昇進し、

そこからは、幕下に下がることなく着実に番付を上げていきます。

sponsordlink



その後、努力の結果が功を奏し

2018年5月場所で十両4枚目にして、

10勝5敗と勝ち越しの成績で、悲願とも言える新入幕を果たしました!

実力的には十両上位から前頭下位といったところですが、

若いのでメキメキと地力を付けつつあるので

幕内定着してからは、、更には三役などへの

昇進も十分に期待できる力士です。

明生は、腰ヘルニアになり思うような相撲を取れなくなった

時期がありました。

その時期には、引退を決意したという明生ですが、

中学時代に角界入を諦めそうになったときに

一喝された父親に再び叱責されることに目覚めたのです。

目が覚めた明生は、ヘルニアに負けることなく

相撲人生を邁進し幕内力士になるまで成長しました。

明星の過去の六場所の星取表

令和元年五月場所 西前頭七枚目 10勝5敗
平成三十一年三月場所 西前頭十一枚目 9勝6敗
平成三十一年一月場所 西前頭十二枚目 8勝7敗
平成三十年十一月場所 西前頭十五枚目 9勝6敗
平成三十年九月場所 東十両二枚目 9勝6敗

初土俵平成二十三年五月技量審査場所では新十両に昇進

平成二十八年十一月場所新入幕平成三十年七月場所では新入幕

最高位前頭七枚目

番付推移
前頭十六枚目七月場所
両二枚目 九月場所
前頭十五枚目 十一月場所
前頭十二枚目 一月場所
前頭十一枚目 三月場所
前頭七枚目 五月場所

●まとめ

今回は、明星関の来歴や経歴と

現在までの戦歴について掲載しました。

明星関は鹿児島県大島郡瀬戸内町からの出身力士です。

最近では、益々力量を発揮して大相撲ファンの皆さんの人気になっている

将来有望な力士ですので、紹介を致しました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク