シェアする

大相撲の幕下力士の年収や人数や取組数は?わかり易く解説!

シェアする


大相撲の番付の中には「前頭(平幕)」という
位(くらい)が存在します。

この番付の位は力士の勝率が高く且つ強い順に
区別されているのです。

今回は、前頭(平幕)に位置している力士の
情報についてわかり易く解説します。

果たして幕下とはどのような番付で、
どういった力士のことを指しているのかも解説します。

大相撲の番付「幕下」について

幕下とは、正式名称を幕下二段目と言います。

スポンサードリンク




これは、番付において十両と同様に
上から2段目に表記されることから付きました。

・横綱
・大関
・関脇
・小結
・前頭(平幕)
・十両

・幕下
・三段目
・序二段
・序ノ口

ちなみに、相撲取りの総称として、
「関取」という言葉が存在しますが、

これは十両以上の「番付の力士」を指しています。

幕下以下は「力士要請員」と呼ばれています。

今回紹介する「前頭」に所属している力士は

本番において前頭以下の力士や
前頭より上位の関取と対戦する事になります。

この組み合わせで、勝ち進んでいった場合には

さらに上位に昇進出来る可能性がありますが

実際には、中々思うような成績を収められずに

降格する可能性も大きいのです。

ですから、前頭の位置は夢も大きいが

滑落の可能性が多く秘められているので

大変な重要な位置と考えられます。

幕下力士の人数や取組数は決まってる?

それでは、幕下力士の人数や
取組の数は決まっているのでしょうか?

幕下の力士は東西で60名ずつ居り、

総計で120人の幕下力士が居ることになります。

三段目から昇進してきた人や十両から陥落した人など、

環境の入れ替わりが激しい位置とも言われ、

力士同士の競争も激しい番付です。

スポンサードリンク




なお、人数が固定なので
取組数も30と決まっています。

幕下力士の場合、取組は12日目までは隔日で、
13日目から千秋楽までの3日間は
このいずれかの日に行うため、
1人の力士が毎日取組を行うことはないのです。

次の組み合わせも、
2日分まとめて発表される仕組みになっています。

ただし千秋楽は直前の2日分と同時に発表されるため、
最後のみ3日分の発表となります。

スポンサードリンク

幕下力士の月収や年収はどれ位なのか

幕下力士の月給は
給料システムは存在しません。

代わりに場所手当や力士報奨金や幕下以下奨励金、
取組の勝ち数や本場所での優勝等の
様々なボーナスで収入を得ていかねばなりません。

これらの金額は、数万円に上るものから
数百円程度のものまで様々です。

基本的に決まっているのは、
1回7万円の場所手当が6場所分、計42万円で
それ以外は、取組での勝利が必要となります。

ちなみに、
幕下力士の年収は180万円程と言われていますから、
場所手当を除く140万円程を
これらのボーナスで担っていることになります。

参照:前頭の意味や給料と枚数とは?小結昇進の基準について詳しく解説!

まとめ:大相撲の幕下力士について

番付が幕下の力士の人数は120名で、
東西それぞれで60名の力士が
この番付の位置にいることになります。

幕下力士の取り組みは隔日に実施されるため、
取組数は原則、1日30と決まっています。

また、幕下力士は関取になっていないので、
一般企業のサラリーマンが貰う「月収」にあたる
給料といったものはありません。

ただし、全く何ももらえない訳ではなく、
年に6回の場所手当や幕下以下奨励金などを
踏まえると、およそ180万円の年収を
手にしていると考えられます。

幕下力士の皆さんは、現実は厳しいのですね!

頑張って早く力士に昇格されるよう願っています。!!

スポンサーリンク