シェアする

大相撲 決まり手! イラストと動画で紹介

シェアする


大相撲観戦が大好き人間です!
大相撲の勝負を決めた時には、果たしてどの様な
きまり手で決まったのか気になると思います。

又、勝負が決まった瞬間に今の勝負はどの様な
決め技で決まったのか?
自分で判断して見るのも楽しいものです。

併し乍ら、単純には、判断できない場合も有るかも?

今回は、決まり手の種類は八二手とその他に非技も

存在しますが、全てイラスト及び参考動画で

確認できる様に解説しました。




基本技とは

しかけた力士によって勝かちが決きまったときの技を
「決きまり手て」と呼よびます。

現在では全部で八十二手と決きめられていますが、

他にも非技という 五いつつの勝負結果があります。

大相撲を観戦した後に決まり手を自分で判断出来るようになると

大相撲観戦が楽しくなりますよ!

突き出し(基本技)

相手の胸や肩などを手のひらで強く突っ張って
土俵の外へ出して勝つ技のことを言います。

相手を突き出すには、手の力だけではなく
同時に鋭い出足が大切です。

最近では、人気力士の「貴景勝」関が多く使用しています。


突き出しの動画

突き倒し(基本技)

土俵の内外に関係なく相手の体を
手のひらで強く突っ張って倒して勝つ技の事を言います。

相手が倒れないで土俵の外に出た場合の決まり手は

突き出し」になります。

この辺の一瞬の判断が結構微妙です。

突き出しの動画

押し出し (基本技)

両手または片手を筈(親指と他の4本の指をY字に
開く事)にして、相手の脇の下や胸に当てて
土俵の外に出して勝つことを言います。

この技は相撲の中でも全ての基本となる技です。

押し出しの動画

押し倒し(基本技)

土俵の内外に関係なく両手または、片手を筈にして相手の
体を押し倒して勝つ技のことを言います。

その場合、相手が倒れないで土俵の外に出た場合の
決まり手は「押し出し」になります。

押し倒しの動画

寄り切り (基本技)

相手に体を密着させて前か横に進んで
土俵の外に出して勝つ技のことを言います。

寄り切りの動画

寄り倒し (基本技)

相手の体を密着させて、前に寄って出ます。

そして、体を密着させたまま、相手に体を預け
倒して勝つ技のことを言います。

押し倒しの動画

浴びせ倒し (基本技)

相手の体が弓なりにそらしたり
腰がくだけて体制が低くなった時に

自分の全体重を相手にのしかかるように
体を預け、つぶすように倒して
勝つ技のことを言います。

浴びせ倒しの動画

投げ手

ここからは、基本技種類のの各決め手の詳細を説明しています。
「投げ手」の中には、合計18種類の「決め手」がありますので
各々の「決め手」について解説しています。

上手投げ (投げ手)

四つに組んだ時に相手の指し手の
上(上手)から廻しを取って投げて勝つ技です。

右上手から投げれば、
「右からの上手投げ」と言います。

相手が倒れなっくてもその投げによって
相手が土俵の外に出れば、
決まり手は、「上手投げ」になります。

上手投げの動画

下手投げ(投げ手)

四つに組んだ時に、相手の廻しを
差し手に下(下手)でとって投げて
勝つ技のことを言います。

右下手から投げれば
「右からの下手投げ」と言います。

相手が倒れなくても、その投げによって
相手が土俵の外に出れば
その場合の決まり手は、
「下手投げ」となります。

下手投げの動画

小手投げ (投げ手)

相手の指し手を外側から抱え込み、
上から押さえつけるようにして
相手を投げて勝つ技のことを言います。

相手に差されて寄られた時に逆転する技であり、
回しを取らずに強引に投げる技なので
相手から反撃に遭うことの多い技です。




小手投げの動画

掬い投げ(すくいなげ) (投げ手)

下手を差したら廻しを取らずに腕を
返して相手の脇の下から上へすくい上げるようにして
投げを打って倒して勝つ技を言います。

掬い投げの動画

下手出し投げ (投げ手)

相手の廻しを下手に取った肘を自分の脇腹につけ、
下手の反対の足を引いて、体を開き相手の体を前に
押し出すように投げて勝つ技を言います。

相手は、引きずられるようになり土俵に這うように倒れます。

下手投げの動画

腰投げ (投げ手)

深く腰を入れて相手を自分の腰の上に乗せて
投げて勝つ技の事を言います。

上手でも下手でも、また廻しをとらなくても
腰に乗せて投げて勝てば「腰投げ」となります。

腰投げの動画

首投げ (投げ手)

相手の首に自分の左右いずれかの腕を巻きつけ、
腰を入れて体をひねりながらあいてを巻き込むように
投げて勝つ技です。

相手に両差しを許して廻しをとれないまま、
土俵際に追いつめられた時に
逆転を狙う捨身の技でもあります。

この技は、豪栄道関が時々使用しています。


首投げの動画

一本背負い (投げ手)

前に出てくる相手の片手を両手でつかみ
体を背負い前方へ投げて勝つ技の事です。

体重差があると相手に潰されてしまう場合があるので
あまり見る事が出来ない大技です。


一本背負いの動画

二丁投げ (投げ手)

相手の左(右)足の膝に外側から左(右)足をかけて
吊っておいて払い上げるように投げて勝つ技を言います。

「二丁」とは「日本足」のことで
うまく決まれば相手の両足をまとめて
払われるので、相手の体が宙で一回転する大技です。

二丁掛の動画

「櫓投げ」 (投げ手)

両手で廻しを取って相手の体を十分に引き付け
膝を相手の内股にいれて、

太ももに相手の体を乗せ
吊り気味に持ち上げてから、振るようにして
投げ落として勝つ技を言います。

両力士の力の差がないとみられない技です。

2009年の名古屋場所で1975年以来34年ぶりに
朝青龍がこの技を決めました。

櫓投げの動画

「掛け投げ」 (投げ手)

上手投げ・下手投げなどの投げ技を仕掛けたときに、
内股の様に相手の内股に足を入れて

掛けその足を跳ね上げるようにして勝つ技です。

返し技として相手の外掛けを内側から跳ね上げて
投げる場合もあります。

掛け投げの動画

「つかみ投げ」 (投げ手)

上手で相手の後ろ廻しをつかみ
相手の体を宙に浮かせて放り投げて勝つ技です。

よほど、腕力のある力士でないと出来ない大技です。

1975年以降52年間一度も出ていない珍しい技です。

追加身投げの動画

相撲決め技まとめ「四十八手+一手動画

内掛け (掛け手)

自分の右(左)足を相手の左(右)足に
内側から掛けます。

その足を自分の方に引き寄せて
相手の重心を失わせ相手を仰向けに倒す技です。

内掛けの動画

外掛け (掛け手)

自分の右(左)足を相手の左(右)足に外側から
掛けてその足を引き、後ろに倒して勝つ技です。

相手が吊ろうとしたり投げを打とうとして
膝にのびた瞬間にできるだけ足首に近い位置に
掛けると綺麗に決まります。

外掛けの動画

ちょん掛け (掛け手)

左四つに組んだ場合、相手の差し手を右上手より引きつけ、
自分の右足のつま先を

相手の右足のかかとに内側から掛けて手前に引き、
上体をそらして、相手を横からひねりながら

倒して勝つ技の事を言います。

足を掛ける形が材木の荒削りに使う手斧(ちょうな)に
似ているところかが、名前の由来になっています。

切り返し (掛け手)

相手の右(左)膝の外側に自分の左(右)の膝の
内側を当てて、そこを支点にして相手を後ろに
ひねるようにして倒して勝つ技です。

「外掛け」と違い相手の膝に足を掛けず
また、自分の足は土俵につけたままのが
切り返しの技です。


切り返しの動画

河津掛け (掛け手)

自分の左(右)足を相手の左(右)足の内側に掛け、
足の親指をくるぶしにからませ、足を跳ね上げながら同時に
掛けた足と同じ側の腕で相手の首を抱え込み、体を反らせて相手を
横から後ろに倒して勝つ技です。

同時に倒れても、必ず相手の体の方が下になる必殺技です。

河津掛けの動画

蹴返し(ケカエシ)(掛け手)

四つ身になった時に、相手の右(左)足首を自分の
右(左)足の裏で内側から外に払うように蹴りながら

同時に外から払うように蹴りながら、
同時に体を開いて相手の肩を叩いて
手前に引き落とすように倒す技です。

蹴繰り(けたぐり)

蹴繰りの動画

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク