弓取り式をする力士・春日龍の所属している部屋と番付を紹介!

弓取引式は、大相撲が終了した時に

土俵上で勝利の舞を演じる大役なので、

一種の花形?かもしれない行事です。

今回は、弓取り式のしきたりや

弓取り式を演じる力士「春日龍」と所属部屋の内容について

調べてみました。




弓取引式とは

弓取式は、大相撲の本場所で結びの一番の勝者に

代わり作法を心得た力士が

土俵上で弓を受け、

勝者の舞を演ずることである。

全取組終了後、打ち出し前に行われるのです。

そして、土俵上で勝利の舞を演じる行事です。

弓取引式の力士の選定方法は

弓取り式の歴史

平安時代に行われた相撲節会で

左近衛府と、右近衛府に分かれ相撲を取り、

勝った方の立会役が矢を背負って勝者の舞を演じたことが

始まりといわれている。

今日の原型は1791年7月11日(寛政3年6月11日)に

横綱である2代谷風梶之助が徳川家斉の上覧相撲で、

土俵上で弓を受け「敬い奉げて四方に振り回した」時に

出来上がったとされています。

本来は三役揃い踏みに大関として登場した2人のうちの

勝者が行っていたのだが、

後に千秋楽に幕内の取組がなくなったことから

幕下力士が行うようになったとされています。

なお、明治以降に幕内力士が弓取を行った記録も数例存在しています。

元々は千秋楽にのみ行われたのだが、

この場所最後の勝者を称えてのものでした。

そのため千秋楽結びの一番が
引分や痛み分けの場合は中止された。

1952年5月場所からは、毎日行われるようになったのです。

千秋楽で幕内の優勝決定戦が行われるときは

決定戦を行う前に弓取式を行う場合があります。

春日龍のプロフィール

最高位 幕下二十九枚目

本名 日高 賢太

生年月日 昭和59年6月3日(34歳)

出身地 神奈川県

身長 体重 168.0センチ 110.0キロ

所属部屋 中川

改名歴 平成14年三月 春日龍 賢太
平成13年九月 日高 賢太

初土俵 平成13年九月

春日龍の対戦成績です。




対戦相手 取組数 勝ち 負け
高盛 7 2 5
大翔鶴 6 2 4

喜ノ国 6 1 5

香富士 6 4 2

東里 5 2 3

桜花 5 2 3

前乃富士 5 3 2

一心龍 5 3 2

駿馬 5 2 3

大翔龍 4 3 1

春日龍の所属している部屋の内容

中川部屋の公式サイトはこちら

中川部屋
所在地 〒212-0055
神奈川県川崎市幸区南加瀬5-7-2

しこ名 旭里 (あさひさと)
本名 増田 憲治
生年月日 昭和40年11月9日
出身地 大阪府
生涯戦歴 553勝543敗3休
受賞歴 優勝0回/殊勲賞0回/敢闘賞0回/技能賞0回

●まとめ

スポンサーリンク