シェアする

角力とは?言葉の意味や由来と読み方を解説!

シェアする

「角力」という言葉が最近ニュースやワイドショー等で
よく使われるようになってきましたね
でも、この二つの単語は結構正確に読める人は
相撲を知っている人以外にはあまり興味がないかもしれませんね

今回は、角力の読み方や意味と角力の言葉の由来について
詳しく解説したいと思います。




「角力」の読み方の解説

角力の読み方は、」三省堂の大辞林によると
「かく りょく」と読まれています。

角力に似た言葉は
大相撲・ 角技・ ・相撲 ・相撲取り ・力士等があります。

果たして、その他の辞書で調べてみると
難読語辞典でも「読み方はカクリョク(kakuryoku)」と書かれています。
また、読み方をスモウ(sumou)とも書かれています。

この様なことで読み方としては
「かく りょく」あるいは、「スモウ」と読むのです。

相撲の世界の事を「相撲界」と呼ぶ場合と
「角界」と呼ぶ場合があるのですね!

「すもう」の漢字を検索してみると「相撲」と次に「角力」という漢字が
現れます。

そもそも、「角界」と書く場合の角は「「角力」の「角」から、来ているのです。
「角」には、「比べる」という意味があるのですが

この意味を理解した上で「角力」の意味を考えてみると
「力を比べうるという意味が出来ますね

もともと「角力」を「すもう」と読むのは難しく
あくまでも、当て字でしかありませんでした。

そこでいつしか音の響きがよく似ている
「相撲」の字を使いようになったのです。

さらに、単なる地方興行としてではなく
プロの興行として庶民に親しまれるようになったのは
大正時代からです。

相撲界を角界と呼ぶようになった理由は

最も、相撲は以前には、神事として行われていたばかりではなく
一般には、庶民の娯楽として定着するようになったのは
江戸時代からの事なのです。

その他には、神事として行われるだけではなしに
訓練のためでもあったのです。

この段階では、いくら庶民に浸透させようとしても、
勝負をつける事を前提として、いないわけですから
その時点では面白みなどはありませんでした。

そこで、「力士同士の力比べ=勝負をつける」というスタイルに
変化してきたのです。

こうなってくると、相撲を良く知らない庶民たちにとっても
力比べであれば、分かり易く盛り上がってきました。

要するに、「神事」や「訓練」として行われた時代には
無かったものが興行として庶民に定着していく過程で
力士同士の力比べの場となり
「力比べ=角力となったのです。




相撲界とは?

相撲に関する歴史などは、よく知られていませんので
相撲界とは、なんなのだかについて
掘り下げて解説します。

そもそも、相撲の起源となったのは
今から約2000年も前に行われた
大麻け蹴速(たいまのけはや)と野見宿祢(のみのすくね)
対決にあったと言われたいます。

大麻け蹴速は現在の奈良県に住んでいた怪力の持主である。
名前からもわかるように、蹴りの技の名手でした。

大麻け蹴速は日頃から「自分よりも強い人物と力比べがしてみたい
と豪語していたらしいです。

その噂を聞きつけたのが、当時の垂仁天皇でした。

そこで、大麻け蹴速の対戦相手として名前が挙がってきたのが
出雲の国に住む野見宿祢でした。

垂仁天皇の前で神事でも鍛錬でもない、力比べが行われたのです。

これが、日本の国技となった(力比べ)の起源とされています。

★この戦いについては日本で最も古い歴史書である日本書紀に記されています。

相撲が興行として定着したのは、江戸時代、
現在の国技館や相撲協会の本部に置かれているのです。

相撲界と角界の違いは?

角界はとは、あくまでも相撲界の通称であるというのが
正しいのですが
一般的には、その逆が正しいようです。

これには、江戸時代の庶民のある事情に関係しているのです。

江戸時代は、文字を読めない庶民の方が圧倒的に多かった時代でした。

そんな時代に庶民の間でブームになったのに「相撲」があったのです。

文字を読めない庶民にとっては、漢字で「相撲」と書かれていても
何とことかサッパリわかりません。

そこで、文字の画数を少なく、文字が読めない庶民にも
分かり易い文字として使われたのが「角力」でした。

故に、文字の画数が少なくて庶民に分かり易い文字として
つかわれたのが「角力」でいた。

角力の角をとった「角界」の方が庶民に定着し、
現在においても、その影響が残っていると言われたいます。

まとめ:角力とは?言葉の意味や由来と読み方を解説!

角界とは、知っている様でよくわからないのが日本の国技である相撲
相撲の世界を相撲界や角界と呼び以外にも
サムライ時代と同じように髷をゆったり、昔ながらの用語が使われていたり
何となく不思議でもあり、判らないことが多いのが角界ですね
今回は、角界の事について解説するとともに
言葉の意味や昔からの由来について解説しました。
これを参考にして、大相撲を楽しんでいただけたら幸甚です。

最後までお付き合いありがとうございました!!

スポンサーリンク