シェアする

白鵬の相撲部屋はどこ?日本人なの?家族と結婚の詳細も解説!

シェアする

白鵬関は、現在大相撲の横綱として歴史は勿論最強の横綱と
呼べれているが、如何にして今日まで成長して来たのか
そして、これからどの様に成長して行くか?
大変興味深々です。
今回は、白鵬関の経歴や国籍の経緯や家族の内容や
これから、どの様にして大相撲に献身されていくのかについて
解説したいと思います。

スポンサードリンク



白鵬の相撲部屋

白鵬の在籍しているのは「宮城野部屋」です。

宮城野部屋は
師匠宮城野 誠志 (みやぎの)<委員>
しこ名 前頭十三枚目 竹葉山 (ちくばやま)
本名 田崎 誠
生年月日 昭和32年8月21日生
出身地 福岡県
生涯戦歴 442勝402敗21休
受賞歴 優勝0回/殊勲賞0回/敢闘賞0回/技能賞0回

宮城野部屋の歴史

2000年に大相撲入門を目的に

来日した白鵬でしたが、小柄な体格の彼を

受け入れてくれる部屋は当初ありませんでした。

彼を哀れんだ旭鷲山が、
自らの師匠である大島親方(元大関・旭國)に
相談し、その後、大島は友人であった
10代宮城野親方(元幕内・竹葉山)に
宮城野部屋での受け入れを申し入れ、
了承されたという経緯があります。

当時の宮城野部屋は、
いわゆる弱小部屋だったのですが、

逆に厳しいしきたりも少なく、
白鵬にとっては自由に伸び伸びと
相撲に打ち込めるという

素晴らしい環境だったようです。

白鵬が順調に出世し、
大横綱になる間も勿論
彼は宮城野部屋に所属し続けて
今日に至っています。

スポンサードリンク



1916年5月、鳳が二枚鑑札で7代宮城野を襲名。

1960年に名跡変更を行い8代宮城野を襲名、

部屋名が宮城野部屋に改称されました。

同年12月に部屋付き親方である10代東関(元小結・廣川)が
9代宮城野を襲名、部屋を継承した。

1989年6月に9代が急逝し、
部屋付き親方である10代中川(元幕内・竹葉山)が
10代宮城野を襲名、部屋を継承したのです。

竹葉山は先代の弟子から幕内・光法や十両・若隼人を、

自身の直弟子からはモンゴル出身の白鵬を関取として育て上げた。

2004年8月26日に北の湖部屋(出羽海一門)の金親が、
9代宮城野未亡人と養子縁組を行った後にその次女と結婚し、
11代宮城野を襲名して部屋を継承、

それまで師匠を務めていた10代は
15代熊ヶ谷を襲名して再び部屋付き親方となった。

11代宮城野を襲名が師匠に就任していた時期には、
白鵬が横綱へと昇進しているほか、
先代からの弟子であるモンゴル出身の龍皇が関取へ昇進したのです。

11代宮城野は勧告を受け入れ、
12月27日に15代熊ヶ谷が12代宮城野として再び師匠に就任し、
11代宮城野は入れ違いに16代熊ヶ谷を襲名して
部屋付き親方となった。

2012年9月場所には大喜鵬(のち山口)が新十両へ昇進し、
12代が師匠に再就任して以降では初となる関取が誕生している。

2016年12月13日には、12代と
初土俵が同期だった13代高島(元関脇・高望山)が
追手風部屋より転属して部屋付き親方になった。

白鵬の家族は


父親の名前は、ジグジドゥ・ムンフバトさん。

1941年6月1日生まれなので、今年(2019年)で77歳になります。

父・ムンフバトさんは
モンゴル相撲で、5年連続6度の優勝経験を持つ人物です。

日本の横綱に当たる「アヴァルガ」の地位にいました。

さらに、モンゴル代表として東京五輪とメキシコ五輪の
レスリング重量級に出場し、メキシコ五輪では銀メダルを獲得していました。

モンゴル初の五輪メダリストとして、モンゴルの国民的英雄なのです。

現役引退後は、体育大学を設立し、柔道を含む格闘技を教えています。

母親の名前は、ウルジーウタス・タミルさん。

母・タミルさんは元外科医であり、
なんとあのチンギス・ハーンの流れを汲む家系だそうです。

お兄さんの名前は、「バットホヤッグ」さん。

年齢は今年で49歳なので、白鵬関より17歳年上になります。

お兄さんはモンゴルで柔道の教師を務めているそうです。

白鵬関には三人のお姉さんがいます。

その内の一人がバドゲレルさん。

白鵬関のお子さんは

第1子(長女)は2007年5月10日生まれで、

愛美羽(あみう)ちゃん。

第2子(長男)は2008年9月3日生まれで、

真羽人(まはと)くん。

第3子(次女)は2011年1月23日生まれの、

美羽紗(みうしゃ)ちゃん。

第4子(三女)は2016年12月14日生まれの

真結羽(まゆは)ちゃん。

以上が白鵬関のお子さんです。

白鵬の結婚について

白鵬関が結婚するまでの動画が公表されていましたので

参考にして下さい!

横綱白鵬と妻の紗代子さんは初恋同士!?の動画

白鵬関は2007年に結婚しています。

和田紗代子さんは

学習院大学に在学中であった和田紗代子さん。

和田は旧姓で、徳島県徳島市出身です。

中学生時代にフィギュアスケートの選手として活躍し、

3年生の時の1999年にはパシフィック国際選手権で

日本人として初めての銀メダルを取っています。

婚姻から3年後の2010年2月21日に

結婚披露宴を行ったのは、

紗代子さんの卒業を待ったのでしょう。

白鵬関の結婚式の披露宴は

紗代子夫人の出身地である徳島県鳴門市にある

大塚国際美術館でも結婚披露宴を行っています。

紗代子のお父さんは

徳島市内で、和田林業を経営していて、

その他にも福祉施設や自動車教習所等
多数の会社を経営していて、

徳島市の経済に大きな影響力を持っている方です。

更に、日本林業経営者協会理事など、

徳島の経済界では、重鎮として知られています。

そしてスポーツ界でも、プロレス団体

「ビッグマウスランドBML」の顧問を務めていて、

和田紗代子も以前この団体の

マスコットガールを務めた事があります。

格闘技にも造詣が深く、

朝青龍全国後援会会長を務めています。

白鵬のプロフィール

四股名     白鵬 翔
ニックネーム  ダワー 平成の大横綱
生年月日    1985年3月11日(33歳)身長      192㎝
体重      156㎏

所属部屋    宮城野部屋
得意技     右四つ 寄り 上手投げ

まとめ

相撲部屋へ入門を希望しながらも、白鵬関は

小柄だったために、受け入れ先のなかったので

白鵬を受け入れてくれた宮城野部屋でしたが

当時の、宮城野部屋は、かなりの弱小部屋でした。

そして今は立派な部屋の様に見えますが、
現実は内部事情に問題がゴタゴタ続きで
順調な部屋ではありません。

その白鵬を育て上げたのは、
ゴタゴタがありつつも一貫して
元幕内・竹葉山真邦こと
現・12代宮城野親方です。

また、11代宮城野こと元十両・金親和憲は
所属部屋の宮城野部屋と白鵬に迷惑を掛け、
スキャンダルを経てついには解雇された経過もありました。

そして、苦難を2人で乗り越えてきた筈の
白鵬と12代宮城野親方ですが、
モンゴル人力士の受け入れに付いて
関係が悪化し、今に至ってると言われています。

現在の白鵬関は横綱として優勝回数を重ねて驀進中ですが
年齢による体力低下も、考えられるので
今後の活躍に期待したいと思います。

最後までお付き合い有難う御座いました。

頑張れ!白鵬!!

スポンサーリンク