シェアする

行司のなり方やランキングとは?給料や年収はどれ位なの?

シェアする

行司は相撲の取組において土俵の取組の進行役であり

勝者を判定する重要な役割を担っているのですが
今回は、行司のなり方や行司の階級とランキング及び
行司の給料の細について調べてみました。

相撲ファンの皆さんは大体ご存知かも知れませんが
相撲を楽しく観戦する際の参考にして頂けたら幸甚です。

行司のなり方について

相撲を観戦していると行司は簡単になれるかと
早合点してしまいそうですが、
実際には、各課程を経て入門する必要が有るのです。




第一に健康面でのチェックなどで適格者と認められなければ
入門出来ないのです。

その他に、中卒以上の満19歳未満の男性という
年齢制限が設けられています。

志願手順としては、まず、相撲部屋に所属しなければなりません。

その為には、相撲部屋から行司会と相撲協会に
推薦してもらう必要が有るのです。

相撲協会に推薦して貰っても
行司の枠が定められていますので

相撲部屋の運営や収入源及び部屋の収入源と廃業した場合は?

定員に空きがなければ、審査を受け付けて貰えるのですが
ここで初めて、審査を申告して通過出来れば、
晴れて行司となれるのですが、

仮に相撲協会から行司として認められても、
初めの3年間は養成期間となり行事としての精進を
しなければ成らないのが現状です。

この間に、相撲部屋での雑用を熟しながら、
相撲の歴史や勝敗の見極め方を学び、

行司独特の発声や相撲文字などの修行に
励むことになります。

なかなか厳しい条件だなと思いませんか?

この様に初めて行事としての勉強と意気込みを
習得させられるのです。

行司の階級、ランクについて

行司にも階級やランク付けがあるのでしょうか?
行司には、力士と同じようなランクが存在します。

・序ノ口格
・序二段格
・三段目格
・幕下格
・十枚目格
・幕内格
・三役格
・立行司格式守伊之助
・立行司格木村庄之助

「立行司」格は2名と決まっているのですが、
各々の格の行司数には特に規定はありません。




(ただし、立行司格が空席の場合もあります)

しかし、行司は65歳定年制で定員が45名以内に、
かつ、十両格以上の定員が22名以内と決まっていますので、

いつでも誰でもなれるという訳にはいかないのです。

行司の給料について

行司って、どのくらいの給料を貰えるのでしょうか?

行司の給料は、月給制として決まっています。

その内容は

「本俸」と
「衣装代」
「手当」の3つが
支給されるシステムに定められています。

まず、本俸の基準額は以下の通りです。

詳細は、各人の能力・成績・勤務状況に応じて、

日本相撲協会の理事長が決定すると言われています。

それぞれの行司格の基準額は以下のようになっています。

・序ノ口格行司(14,000~20,000円未満)
・序二段格行司(20,000~29,000円未満)
・三段目格行司(29,000~42,000円未満)
・幕下格行司 (42,000~100,000円未満)
・十枚目格行司(100,000~200,000円未満)
・幕内格行司 (200,000~360,000円未満)
・三役格行司 (360,000~400,000円未満)
・立行司   (400,000~500,000円未満)

上記金額を見ていると

序の口格行司の基準額が1万4千円というのが、
気になりました!

基準額が1万4千円とは厳しい数字に感じました。
やはり高額をゲットするには上位を目指さないと
厳しいですね!

もっとも、行司は相撲部屋に所属していますので、
衣食住に関して困ることはないのですが、

プライベートで使える給料は1万4千円ですので
ほぼ無いと言っても過言ではない様な気がします。

また、行司格に応じて衣装代も支給されます。

・幕下以下行司(20,000)
・十枚目格行司(25,000)
・幕内格行司(30,000)
・三役格行司(40,000)
・立行司(50,000)

具体的にはこのような給料システムになっています。

行司が着ている艶やかな衣装の裏には
このような階級の違いによる
衣装代の上下が存在している訳ですね。

なお、行司各によって着用できるものに差があるそうです。

この他に手当が支給されるそうですが、
こちらも相撲協会の理事長の判断によるので、
金額ははっきりしていません。

行司の衣装について

土俵上の行司の衣装は序の口格から

立行司迄各々違った衣装が違っています。

その理由は上位行司の衣装によって

取組の重要性を表しているのです。

特に上位格の行司の衣装は冠から足の先まで

華やかな衣装に成っている事に気が付かれると思いますが

これらの衣装を個人で負担して揃えたのでは、当然負担が多くなり

とても賄割れません。

では、どうして揃えるかについてい話ししたいと思います。

実は、これらの衣装や装束は

タニマチの皆さんや後援会の皆さんから寄贈される場合が殆どです。

特に化粧まわし等を見ているとその中のどこかに寄贈された先の記述が

存在しますので、かっく人してみてっください。

編集後記

今回は、行司さんのランキング及び行司のなり方や給料などについて

調べてみました。

行司さんは力士と比べてみると、どちらかと言うと隠れた役者みたいな

感じがしました。

行司になる為の苦労やしたずみの生活を地道に積み重ねて上位の行司になるまでには

大変な苦労の生活が待っています。

長い積み重ねの結果、楽しい行司生活を謳歌して頂いて、相撲ファンの

皆さんを楽しませて頂きたいと思います。

スポンサーリンク