シェアする

行司のなるには階級や、ランクについて。給料や年収に分かり易く解説

シェアする

大相撲を観戦していると、行司さんは大変華やかに見えますが

皆さんもご存知の通り、行司さんのお仕事というと

土俵上での取組の進行役と

勝敗の行方を見届け、勝者を判定する役目を担っているんでいるのですが

今回は、相撲ファンの方々に分かり易く解説します。

そこで、この記事では、

・行司のなり方について
・行司の階級、ランクについて
・行司の給料について

この3つについて解説していきます。



行司になるには?

行司へなるには、
健康面でのチェックなどで適格者と認められて、

かつ、中卒以上の満19歳未満の男性でなければなりません。

この様に、年齢制限が設けられているのです。

そして、志願手順としては、

まず、相撲部屋に所属する必要が有ります。

部屋に入門して、基本的な修行を学び

部屋から行司会と相撲協会に貰わなければ

成らないのです。

この様な経路を進むのですが

行司さんの

定員に空きがあって、審査を通過出来れば、

晴れて行司となれるのですが、

仮に相撲協会から行司として認められても、

初めの3年間は養成期間を経過する必要が有るのです。

この、養成機関の間に

相撲部屋の若い力士たちと雑用をこなしながら、

相撲の歴史や勝敗の見極め、発声、

相撲字の筆遣いなどを勉強します。

相撲部屋での各種の雑用を熟しながら、

相撲の歴史や勝敗の見極め方等を学び、

行司独特の発声や相撲文字などの修行に

励まなければならないのです。

行司の階級、ランクについて

相撲と言えば、序の口から横綱までの番付を

イメージされる方も多いと思いますが

こうした階級を1つずつ上がっていき、

自身のランクを上げる事が重要なのです。

実は、行司さんにも、力士と同様に

階級、ランク付けというものがあります。

上から

1.立行司格木村庄之助

2.立行司格式守伊之助

3.三役格

4.幕内格

5.十枚目格

6.幕下格

7.三段目格

8.序二段格

9.序ノ口格

このような階級制度があるのです。

この様なランクの定員ですが、

立行司格木村庄之助と

.立行司格式守伊之助の二つのランクには、

定員が2名と定められています。

その他の格にはっ行司さんの数は特に規定はありません。

但し、立行司格が空席の場合もあります)

しかし、行司は65歳定年制で定員が45名以内、

かつ、十両格以上の定員が22名以内と決まっていますので、

いつでも誰でもなれるという訳にはいかないのです。

行司の給料について

行司さんは、どのくらいの給料をもらえるのかについて解説します。

行司の給料は、月給制になっています。

本俸の基準額は以下の通りで、

詳細は、各人の能力・成績・勤務状況に応じて、

日本相撲協会の理事長が決定する規則になっています。

・序ノ口格行司(14,000~20,000円未満)
・序二段格行司(20,000~29,000円未満)
・三段目格行司(29,000~42,000円未満)
・幕下格行司 (42,000~100,000円未満)
・十枚目格行司(100,000~200,000円未満)
・幕内格行司 (200,000~360,000円未満)
・三役格行司 (360,000~400,000円未満)
・立行司   (400,000~500,000円未満)

この規定を見てみると
序ノ口格行司(14,000~20,000円未満)となっていますが

一寸少ないような気がしますが

もっとも、この格の行司さんは、

各相撲部屋に所属していますので、

衣食住に関して困ることはないのです。

プライベートで使える給料はほぼ無いと言っても

過言ではない気がします。

また、行司格に応じて衣装代も支給されます。

・幕下以下行司(20,000)
・十枚目格行司(25,000)
・幕内格行司(30,000)
・三役格行司(40,000)
・立行司(50,000)

具体的にはこのような給料システムになっています。

行司が着ている艶やかな衣装の裏には

このような階級の違いによる

衣装代の上下が存在している訳です。

なお、行司各によって着用できるものに差があるそうです。

この他に手当が支給されるそうですが、

こちらも相撲協会の理事長の判断によるので、

金額ははっきりしていないのが現状です。

行司の軍配や衣装について解説!

行司の中で最も階級が高いのは

「立行司
(たてぎょうじ)」と言われる階級です。

立行司には式守伊之助と木村庄之助の二人が務めています。

この行司階級によって、

軍配や衣装が変わってくるのですが

基本的には、「軍配」「烏帽子(えぼうし)」「直垂(ひたたれ)」を着用し、

階級によって他の衣装は持ち物が変わってきます。

<立行司の場合>

立行司は式守伊之助と木村庄之助では、

それぞれ衣装や軍配が違ってきますが、

最も華やかである点は変わりありません。

軍配も代々受け継がれてきたものを使用したり、

印籠の他に「短刀」を携えています。

違いは房の色で、式守伊之助が「紫と白」で

木村庄之助が「総紫」となっています。

短刀を携えている意味は、

もしも行司軍配お差し違いがあったら切腹する覚悟があるという

意味を持っています。

それくらいの気持ちで行司を務めているという意味なのです。

もちろん、人間ですから差し違えもありますし切腹もしませんが

あくまでも覚悟の現れで、短刀を持っているのです。

<三役格>

三役格は、立行司とほとんど同じですが

短刀は携えていません。

房の色は「赤色(朱色)」となっています。

<幕内格・十両格>

この階級は草履は履けませんが、

足袋の着用が出来ます。

幕内格の房の色が「紅白」で、

十両格では「青と白」になっています。

<幕下格・三段目格・序二段格・序ノ口格の場合>
基本的な衣装や軍配の他には、

この階級らは草履や足袋を着用することが出来ません。

素足で土俵に上がって行司を務めています。

房の色は「黒色」または「青色」に限定されています。

行司の仕事内容は

相撲における、勝敗ではなく取り組みの有利、
不利を判定するのが仕事です。

結果として勝敗を決めることになりますが、

見間違い(差し違い)が起きた場合は、

取り組みの是非は物言いなどで

審判が最終的に決定権を持っています。

ですから、行司さんの仕事としては

勝敗の判断をするだけです。

結局最終の勝敗を決定するのは

審判が最終的に決定権を持っているのです。

相撲の初期の頃は、行司刺し違えの時は、

切腹を命ぜられていました。

現在では、この様な判断は採用されていませんが

現実的には、

行司に向いている人・適性について

行司に向いているのは、大相撲が好きで、

その伝統を受け継ぎたいという気持ちの強い人に適しています。

相撲部屋は大家族のような雰囲気で、

行司も幕下格になるまでには

若い力士たちとも大部屋で一緒に生活するのです。

部屋の雑用をこなしながら相撲の歴史などの勉強をしますので、

自由な時間がほとんどないのが現状なのです。

階級の差に厳しく、自分より年齢が低くても

階級が上の行司や力士には従うことが求められます。

こうした大相撲の伝統を担っていくには、

大相撲の世界そのものが好きでなければ長続きしないのです。

行司も出世すると、熱心な相撲ファンから所作や態度を

厳しい目で見られる様になります。

行司は裏方ですので、謙虚で控えめな態度が

求められると同時に、所作の美しさも求められるのです。

行司に興味があり、その在り方について研究熱心な人が

適正と考えられます。




●行司の現状と将来性・今後の見通しについて

大相撲は、日本古来の奉納相撲を起源とし、日本の国技とされています。

現在のような興行は、江戸時代初期から続いていますが、

現在の大相撲界は外国人力士の活躍が目立ち、

若い人たちの相撲離れが進んでいる傾向にあります。

新弟子検査の応募者も年々減少しているように、

行司になりたい人も減っている傾向にあります。

将来の人気が不安視される中で、

大相撲の伝統を守っていくには、

力士はもちろん、行司などの裏方にも使命感に燃えた

人材が必要になっています。

現在の感覚からいえば、

反発を招きそうな慣習やしきたりも多々あるのですが、

それも含めて大相撲が大好きという人たちが

相撲界を盛り上げてくれる事を期待します。

スポンサーリンク