シェアする

炎鵬ってどんな力士?出身や白鵬との関係について

シェアする

横綱白鵬とどの様な関係があるのか
気になったので調べてみました。

今回は、
今回は、炎鵬関がどんな力士なのかを、
出身地や横綱・白鵬関との関係も調べてみました。




炎鵬関ってどんな力士?

炎鵬関は1994年10月生まれの24歳です。

小兵力士である事も大きな特徴です。

身長168cm, 体重はなんと97kgと、

力士としてはかなり小柄な部類の力士です。

大学卒業後の2017年に角界入りして、

翌年には関取昇進を果たしています。

この6場所での関取昇進は、

幕下付け出しの力士を除けば史上最速の記録だそうです。

十両でも順調に勝ち越しを重ねており、

何時、新入幕入りを果たしてもおかしくはない、

現在、注目したい若手力士の1人です。

師匠の宮城野親方や兄弟子の白鵬関からは

「もっと体重を増やせ、さないと幕内は狙えない」と

忠告されており、

体重を3桁にすべく食事回数を増やすなど

奮闘されているの最中かも?

ですが、現状では、十分な技量を発揮して

順調に勝ち星を重ねています。

小兵力士として、以前の元舞の海関を凌ぐ相撲は

大人気になっていますね

土俵に上がると大勢のファンの皆さんから沢山の応援があるのだが

残念ながら賞金がついていないので淋しい気がします。

炎鵬のプロフィール

四股名:炎鵬 晃(えんほう あきら)
生年月日:1994年10月18日
出身:石川県金沢市
身長:167センチ
体重:94kg(2017年10月現在)
所属部屋:宮城野部屋

炎鵬の本名は、中村友哉(なかむら ゆうや)さん。

相撲は5歳のときから始めています。
きっかけは、お兄ちゃんの影響だったかも?

中学生の時に輝(かがやき)と石川県代表で

全国中学生相撲選手権に出場して団体優勝をしています。

金沢東高校へ入学して、3年生のときに

世界ジュニア相撲選手権大会で優勝!

金沢学院大学では、

1年のときに西日本学生相撲新人選手権で優勝、

2年3年生の時には世界相撲選手権大会を2連覇!

学生時代は、相撲で脅威の成績を残しています!

大学卒業後は、宮城野部屋へ入門して白鵬の内弟子となります。

炎鵬をスカウトしたのは白鵬!

期待の新人となった炎鵬は、

初土俵からしっかりと成績を残しています。

番付がついた2017年5月場所から2017年の9月場所まで

3場所連続で全勝優勝!

2017年5月場所 序ノ口優勝(7勝0敗)
2017年7月場所 序二段優勝(7勝0敗)
2017年9月場所 三段目優勝(7勝0敗)
初土俵から21連勝は、歴代第5位の記録!

炎鵬関の出身地と出身小学校、中学、高校、大学も紹介

炎鵬関の出身は石川県金沢市です。

お父様は石川県および富山県内で事業を営んでいる

北國新聞社に勤務しています。

同じ金沢市出身の力士としては、

元大関の出島(年寄・大鳴門)がいます。

1994年にこの地で生まれた炎鵬関は、

金沢市内にある

大徳小学校、

西南部中学校、

金沢学院東高校、

金沢学院大学をそれぞれ卒業されています。

金沢学院大学を卒業されたって凄いですね

炎鵬関が相撲を始められたのは、

小学校入学前の5歳からの様です。

西南部中学校時代は幕内力士である「輝関」と同期で、

3年生の頃は全国都道府県中学生相撲選手権大会で

県の代表として共に出場し、

なんと優勝という記録を残しています。

また、大徳小学校時代には、水球でキーパーを

行っていた時期もあった様です。

金沢学院東高校時代は、

3年次、世界ジュニア相撲選手権の軽量級で優勝しています。

ちなみにこの高校は相撲部が強い事で知られており、

これまで「遠藤関」や「大翔丸関」、「豊山関」を輩出しています。

大学時代でも合計10個のタイトルを獲得されており、

卒業後の進路として教員を検討された事もあったようですが、

4年次の全日本選手権で1回戦で敗退した事から

悔しい想いが芽生え、角界入りを決断されています。

炎鵬って普段はどんな人?

稽古に熱心で真面目な性格だということが判ります

白鵬から期待を受けて稽古に励む姿は、

どの力士にも負けない気迫をもっています。

四股名の「炎鵬 晃」という名前の思い入れからも

情のあるいい人なんだろうなという印象が強いです。

5歳から相撲の厳しい世界で稽古をしているだけあって、

礼儀もしっかりとしています。

力士の面々は、風貌から落ち着いている感じがに

じみ出ているのですが、

炎鵬はまた違った雰囲気を持っている気がします。

大相撲の世界に入って1年にも満たないですが、

炎鵬は魅力あふれる才能ある力士ですね!

そしてファンへの対応もきちんとしてくれる好青年です。

イケメンと言われる甘いマスクに会った人は

「爽やかだなぁ^^」という感想(笑)

これは直接会って確かめてみたい気がします

機会があれば炎鵬の爽やかな雰囲気を近くで感じたいです!




炎鵬関の兄弟や家族は?

お父様は石川県および富山県内で事業を営んでいる

北國新聞社に勤務中

炎鵬関のにはお兄さんがいます。

お兄さんの名前は、中村文哉さん(26)です。

炎鵬が角界に入門したのは、お兄さんの影響があった様です。

そんなお兄さんも、金沢学院大学出身で、

相撲はかなり強かったらしいですが

お兄さんの文哉さんが4年、炎鵬関が2年の頃には、

全国学生相撲個人体重別選手権で、

それぞれ115キロ級で初優勝、85キロ級で2連覇し、

大会史上初の兄弟同時優勝をするくらい強い選手だったようです。

お父さんと同じ北國新聞社に入社されたのだとか。

炎鵬関と白鵬関の関係とは?

炎鵬関が入門したのは宮城野部屋でした。

大横綱・白鵬関との関わりについて

炎鵬関と白鵬関はどのような関係にあるのでしょうか。

その理由は

炎鵬関、白鵬関の「内弟子」と言われています。

内弟子とは、現役の力士や部屋付き親方が

将来新しく部屋を持つ際に、弟子として連れて行く予定の力士に対して

用いられる言葉です。

つまり白鵬関が宮城野部屋から独立した場合に

炎鵬関は、宮城野部屋から白鵬関が立ち上げる新しい部屋へ

移籍する予定という事になっている様です。

なお、白鵬関の内弟子としては、

幕内の石浦関や十両の山口関が有名です。

大学4年次、炎鵬関が角界入りを決意したのは、

2017年の初場所後に白鵬関と対面した事が決め手の様です。

また、「炎鵬」という四股名の名付け親も白鵬関でした。

小兵力士の炎鵬関が勝ち上がっていくには、

”常に燃えていくことが重要”という意味が込められているそうです。

2018年の8月には、

炎鵬関は白鵬関から、横綱土俵入りの際の

「将来の太刀持ち候補」として期待されている事も報じられています。

土俵入りの太刀持ちと露払いは幕内力士でないと出来ないので、

ファンとしては炎鵬関の今後の奮起に期待したいですね。

また白鵬関としては、この2つを炎鵬関と石浦関といった、

自らの内弟子で固めたいといった思惑もあるようです。

編集後記

炎鵬関は小型力士として

大型力士と対等に戦える力量と技術を駆使して

好成績を上げているのは

横綱のは白鵬関の所属している宮城の部屋に

入門して、徹底的な訓練を消化して来た結果だと

考えられます。

大相撲は格闘技ですが、やはり勝たなくては

ファンも付いてきて呉れないので

負けず嫌いの根性と思考能力を発揮して

これからも強くなって行くのでは無いかと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク