大相撲 遠藤聖大の父親がイケメンで母親は美人?子育ての逸話を解説!

昨今の大相撲はブームになっていますね!

今回は、大相撲の立役者になってる遠藤関の
入門してから現在の人気の原因について解説したいと思います。

そして、遠藤関を大相撲に入門させた父親の両親や兄妹についても
どんな方なのかについても解説しています。

大相撲 遠藤聖大のプロフィールをご紹介!

大相撲で活躍中の遠藤関は

地元の後援会の皆さんに絶大な応援を頂いています。

遠藤関の勝負の場面では、懸賞金も多く

人気が高いのは皆さんもご存知かと思います。

その他には、だっこちゃんのイベントでも

イケメン力士として人気があります。



スポンサードリンク




遠藤関の【プロフィール】

四股名:遠藤(えんどう)
本 名:遠藤 聖大(えんどう しょうた)
生年月日:平成2年10月19日(28才)
出身地:石川県鳳珠郡穴水町
身 長:184㎝
体 重:152㎏
出身校:金沢学院東高校→日本大学
所属部屋:追手風部屋

(平成30年10月現在)

遠藤聖大の両親(父・母)はどんな人?兄弟は?

遠藤は石川県鳳珠郡穴水町の出身で、

現在もご両親はこちらに在住しています。

お父さんは、遠藤吉樹さん(50才)ですが、

建設会社に勤務されています。

お父さんの写真を拝見して見ると

若々しく、遠藤関に少し似ている気がします。


スポンサードリンク




このお父さんが遠藤が子供の頃

相撲を習い始めさせたかったのです。

お父さんは、遠藤関に

何か武道をさせたいと思っていたそうなのですが、

現在は遠藤関の人気が沸騰して来ましたので

お父さんに感謝したい気持ちの様です。

お母さんは、玲子さん(47才)で、

会社で事務のお仕事をされています。

お母さんも写真を拝見して見ると

綺麗な方ですね!

この様な美男美女の両親から生まれた遠藤関は

当然イケメンなのは理解出来ます!

遠藤には妹さんが1人いて、亜美さん(24才)です。

亜美さんも小顔で細面のスラリとした美人さんです。!

当然、ご両親と、妹さんの、亜美さん達は

遠藤関の大きな相撲大会などに応援に出掛けていたそうです。

遠藤関は小さい頃から、下宿生活のために

家を離れてしまったので、妹さんとしても、

頑張る兄を応援したい気持ちがきっと

大きいのは当たり前だと思います!

遠藤関はイケメン力士でありながら、

浮ついたところがなく真面目に

相撲道に打ち込んでいる姿勢が、

ますますファンからの好感を呼んでいるのは、確かです

普通ならば、チヤホヤされると足元を

見失ってしまうような人もいると思うのですが、

遠藤にはそういうところがありません。

【相撲界での主な履歴】

平成25年3月 初土俵(幕下10枚目付け出し)

平成25年7月 新十両

平成25年9月 新入幕

平成30年5月 新三役(小結)

(平成30年10月現在)

遠藤関の相撲入門までの経緯

遠藤は子供の頃は、

身長はまわりの子たちより少し大きめの体格でしたが、

体格はどちらかというと細身の体格でした。

そんな遠藤関がどうやって

相撲と出会うことになったのでしょうか?

調べてみました

小学1年のある日の出来事です。

ドライブ好きの遠藤関こと聖大少年は、

父からドライブに誘われて、

喜んで車に乗って出かけました。

車はどんどん山の方に上って行って、

到着したところには、

なんと、大きな屋根のついた土俵がある建物でした。

お父さんの気持ちとしては

お父さんは息子が小学生に上がったことをきっかけに、

心と体を鍛えさせたかった様なので、

何か武道をやらせたいと思ったのです。

お父さんは、穴水少年相撲教室で指導していた

監督と知り合いだった関係で、

聖大少年に相撲をやらせようと考えた様です。

聖大少年に、ストレートに「相撲をやろう」と言っても

嫌がるだろうと考え、

先述のドライブ作戦を、決行された様です。

しかしながら、聖大少年は初めて

土俵を見て「何だこりゃ?」と思った様ですが、

監督の「相撲取ってみるか?」の誘いから

逃げまくったそうです。

2日目も父にまたもや、ドライブに誘われて、

「2日連続で相撲はないだろうな」と思って、

車に乗ったところ、再び同じ場所へ連れて行かれました。

お父さんの気持ちは、どうしても、

聖大少年に相撲をやらせたかったのでしょう!

聖大少年はまたもや、

相撲を取ることからは、逃げ続けたそうです。

しかし、お父さんも負けてはいません。

3日目はお母さんが車に乗せて再び相撲場へ

聖大少年を連れて行き、

今度は土俵に聖大少年を置いて帰って来てしまいました。

後でお父さんが迎えに行くと、

聖大少年はまわしを締めて土俵に上がっていました。

ご両親の執念が勝ったのですね!

小学5年までは、この様に話していました。

「いつでも相撲はやめてやる~」と思いながら、

どうやって稽古をさぼるか、

休むことばかり考えていたそうなんです。

相撲に魅力が感じられたのは、

相撲に一気に相撲に魅力を感じ始めたのだそうです。

それは、当時大相撲では

ちょうど朝青龍が大関、横綱へと駆け上がっていた頃でした。

朝青龍が色んな技を使っているのを見て、

こんな相撲を取る人もいるんだ!」と驚いたのだそうです。

確かに朝青龍は体格も大きい方ではなかったので、

そういった部分でも聖大少年には

共感できるところがあったのかもしれませ。

これを機に、聖大少年は相撲への道を歩み始めたのです!

中・高校と親元を離れ相撲留学~日大相撲部~角界入門へ

中学は金沢市の西南部中学へ進学しています。

地元の中学に相撲部が無かったので、

12才で早くも親元を離れ監督の家に下宿しながら、

相撲漬けの日々を送りました。

高校から親元を離れたという力士は、結構多くいますが、

中学から相撲留学の道を選んだという事は、

ご両親も遠藤も本当に、相撲に対する執着があったのかと

思います。凄いですね!

高校は相撲の名門、金沢学院東高校に進学して、

相撲部では団体戦、個人戦共に大活躍しました。

高校3年の時には、

高校相撲金沢大会と高校相撲十和田大会で、

それぞれ優勝を果たして、

高校の相撲選手として、有名に成って来ました。

その後、大学は、日本大学の相撲部へ入門。

4年間で個人タイトル11個を獲得する充実ぶりでしたが、

常に順風満帆だったわけではありませんでした。

3年の時には怪我で半年以上も

相撲が取れない時期があったりと、

苦労も重ねました。

4年時には主将も務め、

全日本選手権優勝によりアマチュア横綱に輝き、

国体成年男子優勝と合わせて、

幕下10枚目付け出し資格を獲得しました。

その後、小学4年の頃から知り合いであった

同じ地元の追手風親方(元幕内・大翔山)に

可愛がってもらっていました。

そのことが原因で

追手風親方(元幕内・大翔山)のもとへ入門し、

晴れて力士となったのです。

平成25年3月初土俵から、

わずか2場所で9月には新十両に昇進し、

翌9月には入幕も果たすという、

猛烈なスピード出世でした!

入幕から早5年で、

平成30年5月には新小結にも昇進しましたが、

膝や足首の怪我などに悩まされる場所が多く、

思うような成績を残せていません。

それでも、痛いところに

テーピングやサポーターなどを施すことなく、

綺麗な体で土俵を淡々と務める姿は、

ファンの共感を呼び、人気は衰えることを知りません。

館内の声援はいつも横綱、大関をしのぐほどです。

相撲の巧さはピカイチですが、

その巧者ぶりがかえって幕内上位での馬力に及ばず、

なかなか芽が出ないという土俵が続いています。

遠藤関は、馬力で圧倒できるようなパワーを

身につけていけば、三役定着、さらに上も

目指せる力士であることは間違いありません!

遠藤関の四股名の由来は?

四股名「遠藤聖大」を現在使用していますね!

他の力士の皆さんの四股名は○○山とか

そういうお相撲さんらしい四股名を、付けるが普通ですが

では、どうして遠藤関の四股名を使用しているのか?

気になりましたので、調べてみました。

客観的に見て不自然にも見える遠藤関の四股名ですが、

実は過去の横綱にも本名のままだった人が数人います。

遠藤と同じ石川県出身の

第54代横綱の輪島もその一人です。

若しかすると、遠藤関は

同じ石川出身の輪島に憧れや尊敬の念を抱いているのが

原因かもしれません。

もう一つ考えられるのは

出世が早すぎたので四股名をつけるタイミングがなかったのでは?

元々、遠藤聖大さんには「清水川」という四股名が用意されていた

時期がありましたが、

既に「遠藤」という名前が浸透してしまっているので、

改めて改名する必要があるのかどうか、

インターネット掲示板(2ch)上でもたびたび

議論されているのが現状です。

それなら、遠藤関も本名のままでもいいと

思っているのかもしれませんね。


遠藤(力士)の名前は!四股名を変更しない理由は?

そもそも、スピード出世だった遠藤関は、

髪が伸びて「まげ」が結えるようになる前に優勝して、

「ざんばら髪」での関取としても有名になりましたから、

とにかく想定外の強さで、

四股名もまげも追いつかない、というのが

ある意味で、かっこいいという考え方もありますよね!

2015年9月場所6日目に、

対前頭8枚目豪風戦勝利の折、

解説の北の富士が遠藤の四股名について

「三役昇進を果たした際には

(かねて襲名の予定である)追手風部屋ゆかりの

『清水川(元大関)』という素晴らしい四股名を

ぜひ名乗ってもらいたいね」と願望した。

周りの思惑は色々あるようですが・・・。

今後の遠藤関の四股名がどうなっていくのか、

これからの彼にも注目しましょう!

まとめ

今回は、遠藤関の父親は遠藤吉樹さん(50才)、でした。

そして、お母さんの名前は玲子さん(47才)でした。

いずれの方も美男美女のお二人の間に生まれたのは
遠藤聖大さんでした。

その他には妹さんが居られました。

名前は、亜美さん(24才)と言います。

この様な家族の中で遠藤関は

お父さんの相撲に誘った経緯や逸話について

詳しく解説致しました。

イケメン力士として人気のある遠藤関ですので

今後の活躍に期待しましょう!

最後までお付き合い有難う御座いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク